お見合いのあとにすぐデートするの?私の婚活体験記・30代女性

相談室の向かいにある「埼玉県営北浦和公園」は、「埼玉大学」や「旧制浦和高等学校」の跡地。教育意識が高い文教の街、さいたま市浦和区常盤にある結婚相談所 株式会社KMAです。

 

【池田彩乃(仮名)34歳 千葉大学卒 会社員 168cm 65kg さいたま市在住 両親同居 妹1名】

 

6回

入会した結婚相談所の仲人カウンセラーに婚活体験記を書いてと言われ、文章は不得意というわけではありませんが、「こと自分のことになると書けるかどうか‥」というと「書くことで白分を顧みるチャンスよ」といわれ、承諾しました。 どうなることやら。

 

《「これからどうします?」と彼》

 

【お見合い相手:岩野サン 35歳 大卒(どこかわからない)会社員 170cm 75kg さいたま市在住 両親と妹と同居】

 

浦和ロイヤルパインズホテルのコーヒーラウンジで、岩野サンとお見合いをし、お勘定を済ませて、レジを出たとき、「これからどうします?」と彼。どうしますって、もうめいめい帰るのではないのだろうか。私は思わず「えっ」と声を出した。お見合いって1時間か2時間お話しして別れるのではないか。これからデート?

 

「もしよかったら、この先の別所沼公園のほうへ行ってみたいと思ったのですが」

 

と彼。別所沼には子供のころ以来行ったことがなかった。沼には鯉や鮒、最近では外来魚などが元からの沼の生態系を壊しているそうである。浦和駅から速く歩いても20分はゆうにかかるだろう。

 

さいたま市別所沼公園

 

そのとき私はなぜか彼の体形を考えた。お相撲さんほどではないが、けっこう体重がある。私も人のことを言えないが、彼はあまりにも太り過ぎだ。申告は75kgとあるけれども、明らかに85kgはかたい。変な話だが、歩かせたほうがいいかもしれないととっさに思った。それで、

 

「別所沼までけっこう歩きでがありますよ」

 

と言ってみた。

 

「私もかまいませんが、岩野サン時間は大丈夫ですか?」

 

「僕はかまいません。歩くのは」

 

「ぜんぜん大丈夫です、行きましょう」

 

《お見合い相手の彼と小学校がいっしょ!!》

 

彼はもう決めて歩き始めている。私はあとについた。私たちは国道17号線に出て、埼玉県庁の通りを右に折れて少し歩いた。次第に交通量も少なくなって、喧騒から解放され始めた。葉桜の時期なのに気温は高いが、真夏でもないからとくに暑くはない。

 

それでも彼は手にした上着からハンカチを出して顔の汗をぬぐっていた。

「小学校のころ、クラスで遠足に来たことがあります」と岩野サン。私も思い出していた。

 

めいめいの親が作ってくれたお弁当を持って、担任の教師がクラスごと引率して連れて行ってくれた。話しているうちに、彼は、私が通った常盤小学校の1学年先輩であることが分かった。彼もその偶然に破顔一笑して、

 

「いやあ、1年下にこんなかわいい子がいたとは思わなかったなあ」

 

などと、べんちゃらを言った。私は小学生の頃は人の陰に隠れるような子であったと思う。逆に岩野サンは悪ガキの印象がなんとなくある。女の子を泣かせていたのではないか、と思ったが、

 

「僕は内気であんまり外で遊ぶということはなかったと思いますね」

 

などと期待をはずした。自分も同じだったというと、

 

「池田さんはそうだったかもしれませんね」

 

中学から二人は違った。

 

「すると、トキ(常盤)中から浦和一女へ行ったんですか?」

 

「いいえ浦和西高です」

 

「大学はどちらへ行ったんですか?」

 

ずけずけ聞いてくる。先輩だから仕方がないか。

 

「千葉大へ行ったんです」

 

「埼玉(サイ)大じゃなくて?」

 

「浦和から離れてみたくて」

 

「すげ~なあ国立ですか」

 

次号・第7回の記事→ 仲人からのお見合いアドバイスをふと思い出す!私の婚活体験記

 

前号・第5回の記事→ 結婚相談所の入会後、初めて成立したお見合い!私の婚活体験記

 

 

全国結婚情報サービス協会 結婚相談 KMA本部

TEL 048-824-4756
アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F
営業時間 10:00~18:00
定休日 年中無休

facebookページはこちら
http://bit.ly/2d2iWLZ