30代の婚活 進め方

30代の婚活する男女

将来設計を総まとめする年代

 

30代の男性は、職場においては20代の時より仕事もおぼえ、社会から期待され始めます。それだけに失敗は許されなくなるし、部下もできてきたりして、徐々に責任の重い立場になります。

だからこそ早めに「将来の設計」の総まとめをする必要があります。いつまでも独身というわけにもいかなくなります。自分の家庭を作り、奥さまと二人で子供を育てていくという段階に入るのでしょうか。

30代男性は自分に備わった特徴をウリに女性を選ぼう

30代も半ば過ぎの方に多いのですが「自分の好みはコレコレ」ということはできますが、じっさい女性を選んでみると、10歳も若い女性を選んでみたり、女優さんみたいな人ばかり選んだり、と現実的でないことが多いものです。アドバイスをするとしたら「身の丈に合った女性」を選ぶことだと思います。

 

カウンセラー目線では判断していませんが、総じてオトコはどっしり構えているほうがうまくいくことが多いと思います。いい例が「僕はすごくスレンダーな女性でないと好きになれそうにない」と言っていた人が、成婚の挨拶に来てくれたとき隣に並んだ婚約者の女性はスレンダーとはいいがたい人、ということが多いものです。

 

でも男性はそのくらいでいいと思います。自分を好いてくれて自分も好きになった人と結婚できれば、幸せこの上ないこと思います。

女性は30代の前半と後半では結婚の意識が違う

婚活をしておられる30歳代の男女の比率からいいますと、女性が若干多いのが相場です。これは東日本大震災以降、女性の婚活希望者が増加したということです。

 

女性の場合、30代は前半の年齢と、後半近い年齢とでは考え方が違います。出産という条件が頭をもたげてくるからでしょう。しかし出産という観点では、相談所のカウンセラーは40歳前半まで考えています。とうぜん赤ちゃんは授かりものという考えです。

 

30代の女性は、後半にいくにしたがって同年齢か、年下の男性をターゲットにしがちです。ところが男性はそこから逃れようとしているのが現状です。

 

気をつけなければいけないのは、みずから結婚をむずかしくして歳を重ねてしまう、というのは得策ではないということです。自分が選んでいる分、相手も選んでいるということを知るべきです。

 

お見合いはいわば「条件の結婚」ですから、選べば「医者」、「裁判官」、「大学教授」でも、年収1,000万円以上の男性もおりますから、もちろん申し込むのは自由です。しかし、よい返事が来る確率が低くなることは否めません。

30代の婚活女性

30代の婚活はやはり時間との戦いと言ってもいいかもしれません。入会するときは、けっきょくのところ、確率を考えざるをえません。

 

1組織にしか加盟していない結婚相談所より3組織に加盟している所を選んだほうがよい、とおすすめするのは言うまでもありません。人数が圧倒的に多いほうがいいに決まっています。

30代になったら男女とも結婚を急いだほうがいい

Everything must have a beginning(何事も、まず始めなければならない)

 

あせる必要はありませんが、早く着手すれば早く結婚できます。30代は男女とも、特に会社などでは仕事の面で頼りにされることが多いのですが、逆に会社は、こと個人の人生設計を考えてくれません。こればかりはぜんぶ自分でやらなくてはなりません。

再婚の30代男女は勇気をもって進むべき

当節は離婚率が高くなっているようですが、不幸な結婚生活を余儀なくされているのなら思い切って離婚して、再出発したほうがいいと思います。お相手は星の数ほどいるからです。ただいろいろな支障がある場合、簡単にはいかない面はあると思います。

 

30代の再婚の男女の場合、やはり子供の存在が重要な要素です。子供がまだ幼い場合が多いからです。誰が育てる?となりますとむずかしい問題です。

 

特に女性の場合すぐすぐ社会復帰も困難で、経済的な面が足かせになって離婚できません。やむを得ない場合、生活に困窮してでも、子供は女性のほうが引き取っていることが多いものです。加えてご主人の親が孫を放さない、という例もあります。結婚している女性から相談がありました。

 

「子供二人います。主人とはもうなにもかも元には戻らないことは分かっています。社会復帰もできそうにありません。また孫は主人の両親が絶対放しませんでしょう。自分の親は年老いて収入がなく、どうすればいいでしょう」

 

結婚相談所としてもまだ籍が抜けていない人は入会させられません。

 

「私一人で出る分には離婚させてもらえますから、3カ月後に必ずこちらにお世話になりますから取っておいてください」

 

と言って、入会金の半分を押し付けて立ち去りました。

 

その3カ月しないうちに、「離婚できました」と言って入会金の残りと「戸籍謄本」を持ってきて入会しました。こちらも、すぐに手配してお見合いさせたら、2カ月しないうちに結婚しました。入籍は除籍後6カ月が必要でしたから、彼らが入籍したのは同居してから4カ月経ってからでした。

結婚相談所の婚活進め方!仲人のサポートが強み

「婚活サイト」「婚活アプリ」「恋活マッチングアプリ」と呼ばれるインターネット上で結婚相手を探せるタイプや、気軽に申し込める「婚活パーティー」「街コン」に参加して出会いを見つけるなど、お手軽に始められる婚活サービスの利用者が増えているようです。

 

しかし、「婚活サイト」や「婚活アプリ」だと希望する異性となかなか出会えなかったり、「婚活パーティー」や「街コン」では、出会いはあっても交際までなかなか進めなかったりすることが多いと聞きます。

このような悩みを解決するには、結婚相談所の「仲人婚活」を利用する方法が結婚への早道です。

 

一つ一つの結婚相談所としての規模は、いわゆる街の相談所ですから小さいのですが、それが全国でネットワークを組んでいますから、一つの連盟組織で1,000カ所~2,000カ所前後の「お仲人さん」で情報が行き交っているからすごいのです。

 

一人ひとりの仲人(以後カウンセラー)は自分の会員さんを結婚させるために、出会いのセッティングから、交際の管理まで一貫して「成婚」を目指して婚活を進めていきます。

 

男女交際を苦手にしている人も、得意な人も等しくお相手の気持ちをストレートにわかる、ということはまずむずかしいものです。そこで正しいアドバイスで婚活方法を伝えられるカウンセラーの存在が重要になってくるのです。

 

結婚相談所が真剣に結婚したい人、早い結婚を望んでいる人に向いているのは「仲人の婚活サポート」があるからなのです。

年代別婚活 進め方

≫≫ 年代別の婚活 進め方 へ戻る

お問い合わせはこちらから

営業時間:10:00〜18:00 定休日:年中無休

お問い合わせはこちらへ