40年前週刊誌で見つけた仲人募集!加盟金を払い結婚相談所開業

第1回 ご成婚された人の喜びを喜びとして【実践!仲人の婚活コーチング ノート】

 

昭和から平成の時代にわたり、仲人おばさんとしての私の実体験を備忘録としてノートに書き留めてきました。時代はとびとびですが、思い出すままに人生の集大成のつもりで書いいます。

 

この世界にのめり込んだきっかけは、25歳の時(すでに結婚していました)私の大学時代の同級生と、職場の同僚の男性を結び付けたことが始まりでした。

 

幸せそうにしている2人を見るにつけ「いいことをした」と心から思い、自然の流れとして「人の喜びを喜びとして」感じられる職業として「仲人業」と選んだのでした。

 

仲人おばさんの婚活コーチングノート

 

《入会第1号はお医者さん、成婚第1号もその医師》

 

【高島竜彦(仮名)31歳・富山医科薬科大卒・医師・171cm68kg・さいたま市在住・父60歳・大卒・会社員・母55歳・高卒・兄33歳・大卒・会社員】

 

この仕事(仲人業)を始める時に考えたのは「1人を入会させても相手の異性を見つけるのが大変」と思いました。

「お相手が見つかるまで待って」というようでは仕事になりません。

探したらありました。

 

要するに結婚相談所の集合体を見つけたのです。

週刊誌で「仲人募集」とあってさっそく本部事務所へお邪魔すると、「加盟金」が必要だと言います。

40年近く前のことですけれども、冬のボーナスを全部はたいて契約したことを覚えています。それだけの価値はあると思いました。

 

仲人1人の手持ちの情報では、お相手を紹介もできません。

その集合体の特徴は、なにしろ首都圏、あるいは全国の結婚相談室5001,000カ所がかかえている会員を、ひとつの相談室が共有できるのですから、「1人から入会させられる」わけです。

 

「これは仕事になる」と思いました。それは現在の結婚相談所連盟の原型を成していたわけです。

 

思い立ったら会社を即やめて、個人事業主になったのです。さすがに亭主は心配しました。

何しろ相談室の事務所をかまえるほど余裕はなかったので、マンションの応接間を事務所代わりにしました。

 

創業時は会員さん集めがたいへんでした。見よう見まねで住所・電話番号を書いた「チラシ」を配りました。

下りの駅を中心に配ったのは、東京都内に通勤で通う人が途中下車しやすいと考えたからです。暑い盛りは脱水症状をきたしました。

 

会員第1号は男性医師でした。同時に成婚第1号もその医者です。

これがすったもんだで、成婚まではけわしい道のりでした。

最初、入会の説明を聞きに来たその医者の母親が大変でした。

 

次号・第2回の記事 ≫≫ 初めてのお客様を前にして不安!医者を息子に持つ母親が結婚相談 につづく

 

 

全国結婚情報サービス協会 結婚相談 KMA本部

TEL 048-824-4756
アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F
営業時間 10:00~18:00
定休日 年中無休

Facebookページはこちら
http://bit.ly/2d2iWLZ