結婚したら嫁姑関係は上手くやっていけるかな?私の婚活体験談

仲人カウンセラーが出会いから成婚まで責任をもってお世話するシステムと成功報酬をいただく料金設定により高い成婚率を保つ、1979年の創業より、埼玉(浦和・大宮)を中心に婚活支援サポートを事業展開してきた結婚相談所 株式会社KMAです。

 

前号第7号の記事≫≫ 交際中のデートで彼の家へ!お母様とご対面|私の婚活体験談 の続き

 

第8回

「婚活体験記」を書いて、と担任カウンセラーさんに言われた時は少しためらいましたが、ちょうど会社もやめたばかりで、何もすることもないので引き受けました。

 

【鈴木ゆう子(仮名)31歳女性、短大卒、元会社員、埼玉・さいたま市在住、157cm、47kg】

 

この家族と上手くやっていけるのかしら?

 

けがで入院した病院のベッドで天井のひもで右足を吊っている「タケシ君」のそばで彼の弟が、何故か大口を開けて笑っていました。
弟はお兄ちゃんより二歳下といっていましたから当時小学2年でした。二人とも可愛いといえば可愛いのですが。その弟さんのことを、お母様は「ヒロシ」と言って、兄の「タケシ君」よりも優秀そうな言い方でした。

 

お兄さんのほうはその大怪我で2か月近く学校を休んだせいか、学力が追い付かなくなり勉強が面白くなくなり、成績も下がっていったとのこと。
それを聞いて私は何かムキになって、それでもそこそこの大学へ入れたのだから「いいんじゃありませんか?」と言うのを我慢しました。私はあきらかにタケシさんをかばっていました。

 

私はそうこうしている間中、この家族とやっていけるのかどうかを考えていました。お父様と弟さんともお会いしていないけれど、よく「嫁・しゅうとめ」が問題視されているようだから、お母様だけを重視すればよいのかな?と思ってみました。
見るところこのお母様なら、気も置けないし、子煩悩だし、特になぞめいたところもないし「良いか」と思いました。

 

ただ、何回かのデート中、彼の会話の中に「母」とか「おふくろ」という言葉がけっこう入ってきていたのを思いだします。一瞬「この人マザコン?」と思ったりしました。でも今日お二人を見ていると、それほどべったりしている様子もないようです。

 

そのあと彼の部屋に連れて行かれました。お母様は少しだけ「?」とした様子でしたが、すぐには私は気づきませんでした。男の「個室」へ女が入るということを、です。

 

かれは今聴いているというCDを聞かせてくれました。荘厳な感じの「バッハ」です。バロック音楽の巨匠のようですが、私は漠然とどうしてモーツアルトなりヴィヴァルディではいけないの?と前にも思ったことを思い出していました。同時に、しかも毎晩バッハを聞きながら「眠るんだ」という彼の言葉も思い浮かべていました。

 

彼の部屋のCDラック

 

私はその音楽をBGMがわりに楽しい語らいをと思ったのですが、なかなか話が次々出てくるというわけにはいきませんでした。

 

少し沈黙があると、8畳聞くらいの部屋ですが、彼が私の目の前を動くたびに何か変な気分(襲われるという気配とは違う)になりました。
私は椅子に腰掛けさせられていて、彼は自分のベッドです。掛け布団もシーツも無い裸のベッドでした。

 

その時になって、お母様の「?」が思い出されました。そのとき私は自分でも気づいたほどに顔を赤らめた感じでした。
彼はというとなんの感情も示していませんでした。何故かこの人が私をどう考えているんだろう、と思いました。

 

小一時間いて二人が部屋を出ようとして、ドアを閉めるときに特に先を争ったわけではなかったのですが、身体が交差しました。そこで手の甲同士が少し触れました。
後で思うと、触れないようにすればできたと思うのに、触れたのは、私の強い意志ではないのに、何か自分でない自分がそうさせたような妙な気分にとらわれました。

 

次号第9回の記事≫≫ 結婚相談所で交際中!今日は上野でデート~私の婚活体験 につづく

 

 

関東婚活支援協会 結婚相談 KMA本部
Kanto Marriage support Association
登録商標第6203560号
TEL 048-824-4756

アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分

埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい

住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F

営業時間 10:00~18:00

定休日 年中無休

Facebookページはこちら

http://bit.ly/2d2iWLZ