外見を磨くことで婚活モテる女性に変身したおしゃれ興味ない会員

お見合い婚体験談

 
【あらすじ】

身なりを気にしないので、お洒落に興味がないと思われる20代女性が、結婚相談所に入会した。彼女に話を聞くと「恋愛経験」があるというが、世間一般的な恋愛とは明らかに違っている。子供のころのトラウマがあって、恋愛に臆病になっていることが原因と思われる。

 

身なりに気を使わない彼女は、「お見合い」しても男性からは「物足りない女」「大人の女性の魅力を感じない」と仮交際お断りされてしまう。

 

そんな彼女に仲人が「お見合い作戦」と銘打った、モテるための自分磨きのスキルを提案したことから、魅力的で大人っぽい女性に変身。その効果は、自分の「内面を磨く」メリットにもつながりました。

 

外見を磨くことで、恋愛にも自信が持てるようになり、結婚相手に巡り会えた「婚活体験談」を紹介する、埼玉県さいたま市浦和区の結婚相談所 株式会社KMAのブログです。

 

《成婚者 プロフィール》

【川野美紀(仮名)上尾市在住・27歳・東洋大学文学部卒・会社員・初婚】

 

目 次

 

【妻は仲人名人】

 

昭和から平成の時代にわたり、“仲人おばさん”としての経験を備忘録としてノートに書き留めていました。今は息子の嫁が仲人を継いでいますが、少し時間ができましたので、時代はとびとびになりますが、創業者が当時を思い出すままブログに書きます。

 

仲人名人の埼玉新聞記事

 
 

お見合いブログ 一覧に戻る

 

身なりを気にしない恋愛経験ない女性

 

時代が前後しますが、仲人業を始めて15年くらいたった頃のお話しです。

 

きょうの午後は、一週間くらい前に予約があった川野美紀(仮名)さんが面談のソファーに座っています。メガネをかけているが、フレームのふちが黒っぽいのを見ると、ファッションやおしゃれなど、身なりに気を使わない女性のようだ。

 

髪を後ろの方へひっつめ、ピンクの布で束ねている。どうやら最初輪ゴムで束ねてから、ピンクの布で結んであるようだ。それはそれでワンポイントのおしゃれになっていると思うが、幼い雰囲気に感じられる。これから結婚相手を探す、大人の女性としては何とかならないものかと思う。彼女はしゃべり始めた。

 

恋愛経験がない身なりに気を使わない女性

 

「妹は私のことを愚図だって言うんです。たしかにこれまでも、いいなあと思う人が他の女性に取られるということはありました。妹には“いいと思う人がいる”といつもしゃべっていましたから…」

 

「いいなあと思って、恋愛関係に入るのですか?」

 

私はたずねてみた。

 

「いいえ、遠くから見ているだけです…」

 

「恋愛のご経験は?」

 

「あります」

 

「どんな?」

 

と聞いてみた。恋愛経験があると答える人の中には、テレビの中のアイドルを見ていて“いいなあ”と思うのも“恋愛”と考える人もいる。

 

「まあ、好きになった人はこれまで3人ほどいます、ただこちらが一方的ですけれど…」

 

やっぱり!と思った。“そんなの恋愛とは思わないで!”とは本人には言えない。彼女は続けた。

 

「そういう人からお茶を誘われるんですけれど、ついていったことがないんです」

 

恋愛に自信がない男女が陥る状況は?

 

それでは恋愛にならない。黙っていると、彼女は「男は…」と言ってから、

 

「あのう、あればかり求めるでしょう?男性は」

 

という。“あれって?”「あああれか、確かに…」とは思う。たぶん体をすぐ求めるということのようだ。

 

「でも、好きになってからの期間にもよりますが、あなたも求めないのですか?」

 

思いきって切り出した。こういう話は微妙である。

 

「求めません」

 

「応じもしない…」

 

「しない、です」

 

「まあ限度問題ですからね」

 

と私。

 

女とみれば野獣のようになる男もいる。それも程度問題ではある。しかし男女が恋愛関係になれば互いに寄り添うのがしぜんである。そこまで二人の間が成熟しないと許しあえるものではない。

 

男と女の温度差、時間差みたいなものはあるし、生理的にも違うのだから、嫌いにならない限りそのミゾを埋める努力はしたらいい。ただ、私が思うには、恋愛に自信がない(自信ある人っているのだろうか)男女が陥りやすいのは、軽い拒絶を理解できなくて、拒絶されたほうは、いとも簡単に交際を放棄する。

 

これは自信のない男性の特徴に多いような気がする。諦めが早いというより、性急な自分を棚に上げて、かってに“絶望”してしまうらしい。

 

「私も恋愛関係の大家ではありませんが、あなたの場合、男性との間に許しあえるという関係が構築されないまま自然消滅することが多かったのでは?」

 

「そうなのです。私、そういうものに少し臆病なんです。男性がそういう雰囲気になると逃げ出しちゃうんです。からだが前へ進まない…」

 

「失礼ですが、なにかトラウマをかかえていますか?」

 

「わかりません。おぼえはありません」

 

単なる経験不足か、とも思える。

 

幼い頃の恥ずかしい体験がトラウマに?

 

「幼稚園、小学生のころ男の子と手をつないだりしましたよね」

 

「したと思います」

 

「いつ頃から男の子にふれたりしなくなりました?」

 

「さあ、中学生の頃でしょうか。でも小学生って男だの女だのってことありますか?」

 

「あります、幼稚園児だって芽生えていますよ。よく初恋は小さい頃っていうじゃありませんか」

 

「そっかあ」

 

彼女は「そういえば」と言って、

 

「トラウマかどうかわかりませんが、小学生の時、男の子たちにスカートの中のパンツを下げられたりして、恥ずかしい思いをした経験があります、毎日のように…」

 

彼女は顔を曇らせた。

 

恥ずかしい体験をした女性

 

「毎日泣いて帰りました」

 

「ご両親にそのこと訴えましたか?」

 

「いいえ、言うと父などは大げさに学校に怒鳴り込んだりするものですから、それも恥ずかしくて言えませんでした」

 

「ふうん、それかな」

 

と私。人間はいろいろな経験のなかから自分に適応するものを見つけ、約束事のように心の奥で納得させ、知識というバネに換えていくことが多いと思うのだが、川野美紀さんには“恐れ”だけを残したということか。

 

仲人のカウンセリングが心の不安取り除く

 

こちらにとって小さい、過ぎたこととして片づけてしまうことも、本人にとっては心に残してしまうのかもしれない。なんだか私は彼女の一生懸命さが可愛い、とさえ思えてきた。

 

「いろいろですね。私などはあなたよりもっと恥ずかしいことを経験して、でも克服してきたつもりです」

 

と言った。当時40歳で、男の子を二人育て、主人もいるし、自信に満ちていて何も怖いものがなかった。また恥ずかしい経験などしてもいなかった。すると、

 

「どんなことですか?」

 

ストレートにきいてきた。彼女にとっては興味津々なのか。

 

「いろいろね…」

 

と言うにとどめた。この仕事をしていると、私自身が経験しない、人に言えないことをいや応なしに疑似体験してしまうことを、入会した会員さんたちは教えてくれる。楽しく素晴らしいことならよいのだが、過半数が哀しく引きずっていることが多い。

 

そういう体験談を聞いているうち、あたかも自分が経験したかのように、男と女の世界を“俯瞰的”に見られるようになる。まるで読書量が増えるように“再体験”させられている感じである。

 

「とにかく、あなたにとって今のことは、ひょっとしてトラウマなのかもしれません。ですが、恥ずかしい経験というのは、人間だれしもあることとしてとらえるしかありませんよ。犬猫ではそれはないはずでしょ?その男の子たちも、何か決まりきった日常から、面白い変化をすごく望んだ結果、あなたのパンツに行きついたのですよ。そんなのこちらから忘れてやることです。事実、あなたのパンツを下げた当時の男の子たちは、今はもう忘れているでしょ?」

 

「・・・・・・・・」

 

少し沈黙があった。

 

「そうではありませんか…」

 

「そうかもしれませんね!」

 

心なしか彼女の顔から不安が消えたような気がした。

 

そのあと、川野美紀さんはすっかり打ち解けて、私のいうことにいちいち頷(うなず)いて入会のためのガイダンスを聞いていた。

 

お見合い後お断りの理由を解決する道は…

 

ひと月後、彼女の写真付のプロフィール紙面が結婚相談所連盟に加盟する各相談室に行きついたころ(当時はインターネットでの閲覧はできなかった)男性からお見合いの申し込みが入り始めた。

 

入会時に彼女が選んでいた男性からの承諾の返事も入り、忙しくなった。45日間くらいで4人ほどの男性とお見合いをして、こちらから断ったり、あちらから断わられたりした。

 

お見合いをした4人のうち、彼女がいいと思って交際を希望したのは2人だが、やはり草食系(この言葉は当時ほとんど使われない時代であったが、ニュアンスとしては存在していた)の男性であった。そのころ私は、そういう男性を人畜無害などと表現していたように思う。

 

しかし彼女が希望しても相手は断ってくる。あちらの相談室の仲人さんは、そんな時の断り文句は決まって“フィーリングが合わないようです”と言ってくる。

 

私は断る男性の気持ちを、もっとざっくばらんに聞きたかった。そこで男性が所属している相談室に深く尋ねるようにしている。

 

ひとりは、「何か彼女は物足りない感じ、っていうんですよねえ、まったく自分のことを棚にあげてね」

 

と自分のほうの男性を卑下した。

 

もう一人は、「大人の女性の魅力を感じないって、まあうちの坊やもどんなお殿様なのか、ねえ」

 

仲人たちは、当該の会員の付き合いだけではなく、仲人同士は今後も永く付き合うので、これからもよろしく、という趣もある。

 

いずれにしても、二人の仲人(というより男性の)の感想を聞いて、自分が感じていたことと一致したことが、今後彼女が婚活をしていく上での収穫であった。

 

外見を磨く方法と内面磨きの大切さを説く

 

私は川野美紀さんを相談室に呼んだ。作戦を企てようとした。

 

「あなたはもうじゅうぶん大人な女です」

 

というと、彼女は目を白黒させて私を見た。そして、次の言葉を待っているようであった。

 

「ねえ、二人で“恋愛作戦”を立ててみない?」

 

ここは“お見合い作戦”と言ってもよかったのだが、少ししゃれて言ってみた。

最初、なにを言っているのかわからなかったようであるが、「外見を磨くメリット」を、彼女は理解したらしく首を縦に何回も振った。次第に顔を紅潮させて、なにか感激した面持ちであった。

 

私はまず、彼女に美容室に行くことをすすめてお店を紹介した。眉毛もあまり(というよりほとんど)いじっていないと思われる。いわゆるお化粧の仕方をおぼえてほしいと思ったからである。視力があまり良くないようであったが、黒縁のメガネフレームも替えるようにアドバイスした。

 

彼女は太ってはいないし、パンツルックも似合うが、いつも同じ服装であったし、それももう少し体の線が出るくらいにフィットさせたほうがいい。そしてドレスアップするなりして、おしゃれを楽しむことを提案した。

 

ヘアメイク化粧を学ぶ女性

 

しかし、私は彼女に言ったのは「心、面(おも)ににあらわる」ということであった。

 

心の内面は必ず顔に出るものであるから、心持ちを明るく、健やかでないと人には好かれるどころか疎(うと)んじられるという「内面磨き」の大切さについて話した。

 

外見を磨くメリット婚活モテる女性に変身

 

2週間ほどして川野美紀さんは相談室の玄関に立った。別人かと思うほど変身した。まずメガネは掛けていない。コンタクトにしている。眉が修正されてすっきりしている。つけまつげが程よく目元が涼やかである。

 

髪はパーマが適当にウェーブしてきれいだ。服装も花柄のワンピースで、腰のくびれをそれとなく印象づけて、彼女の小さくない胸元も強調させている。ロ紅もつけていないみたいにナチュラルである。

 

「給料の半分、はたきました…」

 

彼女は誇らしそうに私を見て言った。

 

「思いきりましたね」

 

私は彼女の努力に敬意を表した。女の磨き方次第ではどこまでも美しくなる、という実感であった。これほど変わるものかと驚いた。同性からみても、27歳ということもあるが、可愛く、ちょっと触れてみたくなったほどである。

 

参考記事

 

川野美紀さんは、心なしか、これまでの何かを拒絶するかのような、不安な面持ちなどはみじんも感じられない。自信に満ちている。

 

「私、先生のお話しを聞いて、力をいただいたのです」

 

私を先生と言った。

 

「いままでこだわっていたものが自分でも、いまだにはっきりしませんが、そんなことどうでもいいじゃないか、自分の考えを受け入れてくださる人間と交わっていければいいじゃないかって、思えてきたんです。ありがとうございます」

 

言い終わるころには、彼女の頬に涙がこぼれ始めた。私ももらい泣きしながら、

 

「まあ、二人とも馬鹿ですね…」

 

と言って笑った。彼女も笑顔に変わって、

 

「先生、こころ面(おも)にあらわる、ですね!」

 

というと、少し真顔になって、

 

「肝に銘じます!」

 

と、いきいきとして末来を見つめるように言った表情は、ひとりの大人な女性としての魅力をたたえていた。

 

和装で結婚式を挙げる夫婦

 

その後、川野美紀さんがお見合いをして、交際を重ね、ついに結婚式を挙げたのは言うまでもない。

 

(この項、了)

 

≫≫ページトップへ戻る

 

 

関連記事

 

 

《結婚・婚活に関する「無料相談」を随時受付しています》(要予約)

 

まずは、あなたと仲人カウンセラーとの恋愛感や、結婚感、相性が合うかどうかを確認してみてはいかがでしょうか。

ぜひ、結婚相談所の「無料相談」を体験してみてください。ご来店お待ちしております。

 

【ご相談】はこちら≫ お問い合わせ(WEB来店予約・資料請求)

 

【お電話フリーアクセス】≫ 0120-978-679

 

【会社案内】≫ 会社概要・アクセス

 

 

関東婚活支援協会 結婚相談所 KMA本部
アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F
TEL 048-824-4756
営業時間 10:00~18:00
定休日 年中無休

Facebookページはこちら
http://bit.ly/2d2iWLZ