父の勧めで結婚相談所に入会!結婚が差し迫ってきた|婚活体験記

お見合いを成立させるシステムの向上で、会員様はご自分で多くのお相手会員を検索・閲覧できるため、条件の良い方はお申し込みが殺到する、埼玉(浦和・大宮)を中心に事業展開する結婚相談所、株式会社KMAです。

 

【山内京華=仮名=33歳 大卒 会社員 156cm 48kg さいたま市在住、両親、弟1名】

 

2

婚活体験記を書けといわれた。いろいろな意味で自分が分かるし、婚活にホントに役立つと言われ、そうかもしれないと思って引き受けてしまったけれどどうなることやら。やってみるしかない。

 

《その子は結婚できたけど、私はできるの?》

 

私はけっきょく、北浦和にある親子二代続いているという結婚相談所に入会してしまったので、いやおうなしに「結婚」するという前提に立ってしまったのか?いやそれもそうだが「結婚するのだ」

という差し迫ったことになったことに気づいた。

 

それも父の勤める大学の教え子の女の子が、同じ結婚相談所で結婚したことが判明したからだ。

父はふだん何も言わない人なのに、私が結婚していないのを気にしていたのかと思った。ここぞとばかりに入会を勧めたからだ。

同じ結婚相談所で、その子が結婚できて私ができないという現象は起きないのだろうか、という考えが胸をよぎった。

 

入会説明の帰りがけに、仲人カウンセラーは、

 

「今日を含めて2日以内に会員サイトのID・パスワードが届きますから気を付けて見ていて。それから活動が開始できます、がんばってね!」

 

ということであった。こういうのを「まな板の鯉」というのか。静かにするしかない。

 

パソコンを触る女性

 

3日後にインターネットで会員サイトを開けてみたらびっくり。聞きしにまさるとはこういうことかと思った。

数えたら私に30人ほどの男性から申し込みが入っていた。珍しくて一人ひとりを丹念に見た。

 

「あなたは4大卒で有名大学ですから、あまり申し込みは入らないと思いますので、ご自分から積極的に申し込んでね」

 

と仲人カウンセラーから言われたのを思い出した。

 

「でもプロフィールに大学名はのりませんね?」

 

と聞いてみた。

 

「そうなの。そうですが、お相手の仲人さんから大学名をあらかじめ聞いてくる場合があるの。その時は言わざるを得ないのよ。あなたの大学名は応えていいでしょ?」

 

私は「はい」と答えた。でも私で初日に30名ちかくの異性から、いわばお見合いの申し込みが入るのだから、仲人カウンセラーの考えによれば、短大卒、高卒の人たちは「殺到」しているのか、と思った。

 

結婚相談所だからと言ってしまえばそれまでだが、私はこれまでの人生のなかで、30名ちかくの異性からお見合いの申し込みが入るなんて、これを「殺到」と言わずしてなんというのだろうと思った。それだけうれしかった。

 

私は勤務中、仲人カウンセラーに報告した。仲人カウンセラーは、

 

「あなた、お申し込みが殺到していますね。相談室専用のサイトからも見えていますので、わかるんですよ」

 

と言った。彼女は、

 

「で、どうします?」

 

「えっ!」

 

「けっきよく誰にも【承諾】しないの?」

 

それを言われて、「そうかこれはお見合いのシステムなのだから、返事をすれば出会うことになるのか」とあらためて思った。白分が動転していることに気づいたのであった。

 

「ああ、そうでしたね」

 

「京華さん?大丈夫ですか」

 

彼女は初めて私の下の名前で言って「くすっ」と笑った。

 

「はい、今夜もう一度じっくりみて見ます」

 

「そうしてくださいね。それとあなたのほうからも、お会いしたい方かおられたら選んでいいのよ、もちろん」

 

「はい、そうですよね。なんだか、私、環境が急変すると、ついていけないところがあって、ごめんなさい、もう少し慣れるようにします」

 

「大丈夫!みんな目的は一つ(結婚)ですし、愛すべき優しい人たちばかりよ」

 

と仲人カウンセラーが言った言葉で、なにか【うるっ】としていた。

 

次号・第2回の記事≫≫ 男性から殺到するお見合い申し込みに驚く!私の結婚相談所体験記

 

前号・第一回の記事≫≫ 「結婚!しなければいけないの?」私の婚活体験記・33歳女性

 

 

全国結婚情報サービス協会 結婚相談 KMA本部

TEL 048-824-4756
アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F
営業時間 10:00~18:00
定休日 年中無休

Facebookページはこちら
http://bit.ly/2d2iWLZ