理解できない… 結婚相談所の交際は『結婚前提のお付き合い』!

こんにちは、さいたま市浦和区の結婚相談所、KMA本部の清水小百里です。

 

週末はお天気崩れそうですね。
今日、シーツを洗濯すれば良かったと後悔しています。

 

交際中の会員さんや、無料相談に来られる方から聞いたお話の中で、『これはちょっとオカシイ!』と思った出来事をお話しします。

 

夢かなう青いバラ

 

お見合い後、お互いに『また会いたい』となり、交際がスタートしました。
交際中に3回デートをしたのですが、デートの費用がすべて割り勘 えっ?学生でもないし、友達同士でもないし…。
40代半ばのいい大人なのになぜ?

 

ましてや、結婚相談所で言う「交際」って、「結婚前提でお付き合いをしていこう」というもので、巷の若いカップルとは違うんですよ。年収だっていいのに…。

何を考えているのでしょうか。

 

これが、俗に言う『ケチ』なんです。
『ケチ』はダメだよ~。ダメダメ
過去にもそれが原因で交際がダメになったケースがた~くさん報告されているんですよ。
ここでは、お話しできないですけど…。
入会の時に『結婚相談所の会員心得』としてオフレコでお話しさせて頂きます。

 

そして、逆バージョンも。3回デートして、当たり前の様にすべて男性がお金を出したのですが、その30代女性は一度も『ありがとう』・『ごちそうさまでした』と言わなかったらしいです。

 

「えっ?そんな事ってあるの?」と聞き返してしまいました。
1回目は、「緊張しているんだろうな…」2回目は、「忘れちゃったのかな?」と言い聞かせ、3回目に何もなければお断りにしようと思っていたら…。

 

何も無し。
そして、交際お断り。

 

正解社会人として、大人として、「人との繋がり」のルールをもう一度、確認してもらいたいです。

 

では、また~

 

 

全国結婚情報サービス協会 結婚相談 KMA本部

TEL 048-824-4756
アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F
営業時間 10:00~18:00
定休日 年中無休