30代後半婚活女性に求めた理想と現実のギャップを埋める努力

【婚活お役立ち情報】

30代後半になる大企業勤めのキャリア女性というのは、高い理想のもと仕事やプライベートで努力をしているためか、結婚相手の男性に求めるものも厳しくなってしまうようです。

 

婚活しても、自分が希望する条件の相手との出会いがないと悩んでいるキャリア女性が多いのも事実。経済力があり、自立心もあることから、男性を見る目が厳しくて、婚期を逃しているのです。

 

今回は、4年前に『成婚退会』されましたが、相手を条件で選ぶ結婚相談所において、自分の身の丈に合った相手かどうかの見極め方が分からず、理想と現実とのギャップを埋めることに苦しんだ、婚活条件高望み女性の婚活エピソードを紹介します。

 

埼玉県さいたま市浦和の結婚相談所KMA本部の仲人カウンセラー清水小百里のブログです。

 

オフィスにいるキャリア女性

 

目 次
  1. お見合いはできるけど…婚活女性の高望み
  2. お見合い後初デートお断りの報告うんざり
  3. 本音で話すと嫌われる?信頼関係の大切さ
  4. まとめ|結果を出すには現実を受け入れる

 

お見合いはできるけど…婚活女性の高望み

 

30代後半の年齢で、大企業勤めのキャリア女性が入会されました。結婚したい相手を聞くと、高学歴で教養があり高収入の男性がご希望の「婚活条件高望み」な女性した。同年代のハイスペックな男性にお申込みをしますが、なかなかお見合いOKの返事がもらえません。

 

30代後半の「エリート男性」は、幅広い年齢層の婚活女性からモテるので、ライバルも多いのです。20代や30代前半の女性からのお見合い申込みを優先してしまいます。

 

それでも彼女は、多くのお申込みを受けるので、何人もの男性とお見合いをセッティングするのですが、結果は全てお断りを選択してしまいます。

 

それなのに『お見合いがうまくいかない…』と悩んでいました。もちろん、フィーリングが合わない男性もいるし、写真と実物が全くの別人もたまにはいるけど(苦笑)…。

 

「一緒にいて落ち着けたり、話が合ったりして、波長が合う男性なら、もう一度くらい会ってみれば?」と促してみてもやっぱりお断り。何度も『婚活作戦会議』をして、やっと「お見合い+初デート」をセットで考えて活動してみようという結論に納得してもらいました。

 

お見合い後初デートお断りの報告うんざり

 

初デートで食事をするカップル

 

すぐには彼女に変化がないと分かってはいたものの、初デートが終わると毎回、お断りのLINEが入りました。

 

【デート報告その1】

  • 女性:食事のマナーが悪かったです
  • 仲人:緊張していたのかもしれないですよ
  • 女性:でも私、それだけは許せないんですよね
  • 仲人:そうですか、ではお断りしておきます

 

【デート報告その2】

  • 女性:第一声が「こんにちは」じゃなくて「あっどーも」って言うんです
  • 仲人:お見合いの時と雰囲気が違ったからドキッとして、とっさに言葉が出なかったのでは?
  • 女性:でも私、あいさつができない人って許せないんです
  • 仲人:そうですか、ではお断りしておきますね

 

【デート報告その3】

  • 女性:「どこ行きたいですか?」「何食べたいですか?」って、デートの場所やお店を丸投げされました。私、そういう人許せないんですよね
  • 仲人:それって、〇〇さんの行きたい所を聞いているだけではないですか?自分で決めて予約してというわけではないでしょ?
  • 女性:だったら案をいくつか出して選んでくださいというのが一般的だと思いますが
  • 仲人:そうですか、では価値観が合わなかったということでお断りしておきます

 

【デート報告その4】

  • 女性:仕事が忙しくて大変だとか、会社の人間関係が複雑だとか、愚痴が多かったです。私、マイナス思考の人って許せないんです
  • 仲人:承知しました。お断りしておきます

 

彼女が言うことには、デートする男性の許せない行動ばかりだそうです。

 

毎回こんな感じのお返事が続くので、この会員様からのLINEが来ると「またか…」と正直うんざりとしていました。

 

でも、何とかしなければいけない!

この会員様は、このままでは結婚相手も見つけられないし、婚活も辞めてしまうだろう。

そう思ったので、意を決して面談を受けてもらうことにして、彼女を呼び出しました。

 

本音で話すと嫌われる?信頼関係の大切さ

 

まずは、今までお断りした男性の何がどのように気に入らなかったのか?について、あえて毒を吐いてもらうことから始めました。

 

  • 男性に対しての悪口や嫌味などに、同調できることもありましたが、ほとんどがただのワガママ
  • 自分に都合が良いように正当化している、お相手男性の批判ばかり
  • 彼女から聞いた、お見合い報告の半分くらいは話を盛っていたと思います

 

傾聴を心掛けるつもりでいましたが、小1時間に及び、お相手男性を「悪しざまに言う」話ばかり聞かされていると、言っている内容に「同意できない」気持ちや、「反発心」を我慢できず、今度は私から話をすることに。

 

入会の面談で彼女との信頼関係を構築していましたが、これを言って嫌われても仕方がないと腹を決め、私の本音を伝えました。

 

「話を聞かせてもらったけど、この話を男性100人に聞かせたら100人全員に『おまえ何様だよ!』って言われるよ。今の〇〇さんは自分が見えていないよ」

 

「以前もらったLINE『マイナス思考の人が許せない』って言ってたよね?今、〇〇さんが思いっきりマイナス思考だよ。人がやっていて許せないことを自分がやっているんだよ」

 

「自分を信じることは大切だけど、自分は間違っていないと信じ込むのは危険なんだよ。もしかしたら〇〇さんが常識だと思っていることが、お相手にとっては非常識だと感じることがあるかもよ」

 

「今の〇〇さんは、私は何も悪くない!お相手が、ああだったからこうだったからと、相手が悪いと決めつけてるから悪い所探ししかしていないじゃん。良い所を見ようともしてないでしょ。今までお断りしてきた男性達にも良い所はあったと思うよ。でも思い出せないでしょう」

 

「人と人とのつながりって『お互いさま』の精神がないと、うまくいかないんだよ。100%自分が我慢してもダメだし、100%自分が言いたい放題やりたい放題でもダメなんだよ。お互いの長所と短所をひっくるめて向き合わないと、うまくいかないんだよ。特に婚活は!これから人生一緒に歩んでいくんだから」

 

などと、言い方には細心の注意を払いましたが、内容的にはかなりキツイことを言わせてもらいました。

 

確かに婚活を始める時は、夢も希望もあって、理想は高く!となってしまいます。

 

「自分はこういう結婚をしたいから」「自分はこうありたいから」いう希望を叶えるために、お相手に求めることが多くなってしまいます。

 

しかし、理想と現実とのギャップは必ずあります!

 

そのギャップを認めて埋めようとしない人は、そのうちに、理想がさらにに強くなって「こうでなきゃいけない」に変わって『ここだけは許せない』「婚活譲れない条件」が増えていき、活動の身動きが取れなくなってしまいます。

 

一度フラットな気持ちに心を整えれば、「なんであの時、あんなことにこだわっていたんだろう…?」となることが多いのですがねぇ…。

 

まとめ|結果を出すには現実を受け入れる

 

プロポーズされる女性

 

一方、現実を受け入れて活動できる会員様は、結果を出すのも早いです。

したがって、再婚の人は『成婚退会』が早いですね。

 

決して妥協して結婚しているのではなく「身の丈に合ったお相手」を探すことができるのです。

 

「身の丈」というのは悪い意味じゃなくて、自身が自然体で居られるという意味です。

 

  • 〇〇だけど、優しいから
  • 〇〇だけど、一緒にいて居心地がいいから
  • 〇〇だけど、本音で話せるから

 

誰にでも〇〇はあるのです。

でもそれ以上に良い所があり、それを尊重し合えることがとても大切なのです。

 

関連記事

 

会員様には、セミナーでお話ししていますが、

『自分の理想の条件は、自分に都合の良い条件であって、決して幸せになる条件ではないのです』

と、いうことです。

 

今回ブログで紹介した、この女性は、その後も何だかんだと文句を言いながら(笑)、1年間くらい活動をして、5つ年上の優しい男性と結婚されました。

 

あの時の「婚活作戦会議」の話し合いも、笑い話になるくらい何かが吹っ切れたようで(笑)。

 

仮交際後半は、愚痴も少なくなってきたし「優しい」「嬉しい」などの言葉も増えてきたし、成婚退会のお手続きにお越しいただいた時には、優しい表情になっていたので、すごく安心したのを覚えています。

 

あの時、本音で話すと嫌われるかも?と本気で思いましたが、彼女のために勝負に出て良かったです。

 

 

この記事を書いた人

埼玉県さいたま市で生まれ育った仲人カウンセラー清水 小百里です。男のしくじりをおせっかいオバチャンがビシッと指摘!婚活がうまくいかない男性のための本結婚したければ選ばれる男になりなさいを出版。お見合い・交際に役立つ婚活情報をブログに公開しています。

 

結婚相談所 成婚ブログ

 

 

結婚相談所KMA

お相手探しは仲人選びから

 

埼玉県さいたま市の結婚相談所

創業43年の婚活ノウハウで成婚まで親身で着実なサポート

 

営業時間:10001800(年中無休)

お電話フリーアクセス:0120-978-679

メール:info@kma-h.co.jp

 

《結婚・婚活に関する「無料相談」を随時受付しています》(要予約)

 

 

 

 

ご相談方法は「対面相談・オンライン面談」いずれも可能です

 

【ホームページ】

 

【ご案内】

 

≫≫ページトップへ戻る

 

 

関東婚活支援協会 結婚相談 KMA本部
登録商標第6203560号
Kanto Marriage support Association

アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F

Facebookページはこちら
http://bit.ly/2d2iWLZ