お見合い相手の兄さんが何ていうか‥?僕の婚活体験記40代男性

JR北浦和駅西口より徒歩3分、埼大通りに面したサロンの、さいたま市浦和区の結婚相談所 株式会社KMAです。

 

7回

結婚相談所の仲人カウンセラーさんに婚活体験記を書いてみたら?と言われ、引き受けてしまったが、作文は正直得意でない。でも貴重な体験になるし、それを記録として残すことに意義があると思ったので引き受けた。

 

【石田修(仮名)43歳・大卒・会社員・168cm・67kg・埼玉県草加市在住】

 

相手の奥田さんは、熊谷市在住で、僕が選んだ女性のうち、年齢が真ん中辺りのひとで、38歳、高卒後専門学校卒で、159cm、体重49kgとあった。

 

《結婚相談所に電話が掛けにくい、どう言えば‥》

 

僕ははからずも、大学の同級生の妹とお見合いをしてしまった。翌日、交際するかしないかを結婚相談所に連絡しなければいけなかった。午後までしないでいたら、夕方、相談所の仲人カウンセラーからメールが入った。

「迷っててもご連絡を、ね!」仲人カウンセラーとのメールのやり取りになった。

 

「あちらが交際を希望したらお会いしても‥」

「その程度のこと?」

「いえ、女性として申し分がない人だと思います」

「だったらなぜ?自信ないのですか?」

「そういうわけでは…」

「あとでお電話を!6時まではいますから‥」

 

結婚相談所に電話をする

 

僕は6時前に電話を入れた。開口一番彼女は、

「何か引っかかることでもありますか?」

 

《「同級生の妹と結婚!それってアリよね!世間では」》

 

「いやあ、実は彼女の兄さんが僕の同級生なんですよ」

「ええっ!大学の?」

という会話があって、

 

「実はあちらからも(先方様さえよければもう一度はお会いしても‥)と言っておられるようなの。もう一度お会いして交際が少し続いて成婚、ということになればいいんだけれどね、それってアリよね?世間では」

「それは考えにくいかもしれませんね」

僕はそう言っていた。

 

「そうなんだ…、そんなドラマみたいなことってあるのねえ」

 

仲人カウンセラーはしみじみ、自分に言い聞かせるように言った。

 

「では、その奥田幸さんもあなたと同じ考えね?たぶん」

「たぶん…」

と僕も言っていた。

 

「彼女が昨日の夜、お兄さんとどんな会話をなさったのかしらねえ…?」

 

《今回のお見合いは、このまま自然消滅が一番いいのか?》

 

仲人カウンセラーは、まるで僕が考えていることを口にした。僕は声を出さずにうなずいていた。

 

「でも、これからお会いしていけばどうなるとも限りませんよ。結婚の可能性も出てきますよ、きっと!」

 

彼女は、あくまで成婚を目指す。

「どうですかねえ」

と僕。

 

「じゃあどうしますか?」

と言われて戸惑った。はっきり断る、というわけにもいかない気がした。理想はこのまま自然消滅がいいのか?それとも、幸さん本人のことは女性として素晴らしいのだから、まっすぐ突き進むか?

 

おそらく二人のうち、どちらか意志の強いほうの気持ちにそって、交際になる可能性が高いと思った。だから僕が「交際したい!」と言えば、幸さんは応じてくれるに違いないと思った。

 

でも同級生の奥田擢(かい)の考え(ものを言わなくても)が左右しそうな気がした。

僕はそこまで考えると、違う人がいいのかという気になった。仲人カウンセラーはそれを察してか、

「では2、3日このままにしておきます。たぶんあちらもこのままにすると思います。二人のお気持ちを考えたら、ルール、ルールとばかり言えませんからね」

 

「ところで、さいたま市の女性からお申し込みがきてるでしょ?申し込まれて14日たつと自然消滅よ。もう10日たってる。たしか39歳の方ね。今夜よく見ておいてくださいね」

僕は「はい」と言っていた。

 

 

次号・第8回の記事→ お見合い相手の女性とのことは縁がなかった?僕の婚活体験記

 

←前号・第6回の記事 熊谷高校(埼玉県)卒業の大学の同級生と兄弟か?僕の婚活体験記

 

 

全国結婚情報サービス協会 結婚相談 KMA本部

TEL 048-824-4756

アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分

住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F

営業時間 10:00~18:00

定休日 年中無休

facebookページはこちら

http://bit.ly/2d2iWLZ