二人から逐一仲人に交際報告!内々のお見合いは成婚までが早い

須賀道夫さん(仮名)の成婚ストーリー【後編】

仲人おばさんの婚活ノウハウとコーチングスキル

 

結婚相談所に入会した当日、お見合いをすることになった40代男性。紹介したお相手の30代女性も彼を気に入った様子だったので「駅前の喫茶店に移動して、もう少しお話してみたら?」と二人を送り出した。そしてその日の夜、二人から衝撃的な内容の電話があった。

 

前篇≫≫ 結婚相談所に入会した当日にお見合いを成立させる仲人の大作戦 の続き

 

【須賀道夫(仮名)一橋大学商学部卒・41歳・一流商社会社員・166cm70kg・川口市在住・父70歳・大卒・元会社員・母65歳・大卒・妹39歳・大卒・既婚・会社員】

 

須賀さんのお見合い相手

 

【田川千佳(仮名)慶応義塾大学経済学部卒・35歳・証券会社勤務・159cm50kg・浦和市(現さいたま市)在住・父69歳・大卒・元会社員・母65歳・大卒・妹33歳・大卒・既婚・会社員】

 

今は息子の嫁にあとを継がせていますが、少し時間ができましたので、私の仲人おばさんとしての、成婚エピソードを書き留めた備忘録としてのノートを取り出して、人生の集大成のつもりで書きます。時代はとびとびですが、思い出すままブログに書きます。

 

この世界にのめり込んだきっかけは、25歳の時(すでに結婚していました)私の大学時代の同級生と職場の同僚の男性を結び付けたことが始まりでした。

 

目次
 

 

《彼と今夜結ばれたらいけませんか?》

 

時代が前後しますが、仲人業(結婚相談所)を始めて20年くらいたった頃の成婚ストーリーです。

 

うちうちでお見合いさせたカップルを外へ出したが、夜前後して、二人から衝撃的な電話が入ったのだ。まず田川千佳さんから、公衆電話である。

 

公衆電話から相談室に電話する女性会員

 

「私、須賀さんと結婚したいと思います!」

 

何か声を張り上げているように思える。周りが騒々しいせいかと思った。

 

「あなた今どこにいるの?」

 

2件目の喫茶店です」

 

「えっまだ彼と一緒なの?」

 

「そうなんです」

 

「そんなに大きい声で、誰かに聞こえない?」

 

「大丈夫です、彼とはかなり離れていますから」

 

とそれから、彼女はとんでもないことを言った。

 

「あのう、とてもはしたないことだとわかっていますが、彼と今夜むすばれたらいけませんか?」

 

「えっ!!」

 

私は絶句した。そのあと気を落ちつけて、

 

「千佳さん、それはいけません。今夜なんてダメ!ぜったいダメよ」

 

彼女は声を出して笑った。

 

「分かっています。今夜はやめます。だいいち彼がいいというかどうかも確認していませんし‥」

 

「確認できても今夜はダメ」

 

「そうですよね」

 

「そうですよ、今夜はこのくらいにしてお帰りなさい…」

 

「わかりました。ご心配おかけしました」

 

「ほんとよ、なにを言うかと思ったら!」

 

と私は笑った。彼女も声を出して笑った。

 

しばらくして、今度は須賀道夫さんの番だ。

 

「あのう、こんなこと言うのは何なんですが、僕はもうこの人を逃したら結婚できないと思います」

 

「あら、そうなんですか?それは彼女におっしゃったの?」

 

「言ったんです」

 

「彼女、なんて?」

 

「うれしいです、とか何とか…、それってOKということでしょうか」

 

《彼女にとって彼は癒し系の男性なのだ》

 

私はふだんの交際初日の男女には「…だと思うわ」などと合わせるかもしれないが、今夜は危険だと思った。田川千佳さんが、きょうお見合いの最中、須賀さんがトイレに言っているとき「私、ああいうもっさりしている人がタイプなんです」と言ったのを思い出す。

 

一橋大学は出ているが、背もそれほど高くなくおまけに太い黒縁のメガネで、それが鼻にかかって、それで上目遣いに人を見る。けっして「ハンサム」(今のようにイケメンという言葉はなかった)とは言えない。

 

しかし、わかるような気もする。彼女のように証券会社の男性のあいだでアナリストなどやっていると、須賀道夫さんみると「癒される」のかもしれなかった。彼は彼女にとって癒し系の男性なのだ。

 

彼にとっては、もちろんこのほど好ましい女性はいない、と確信したに違いない。なので、今夜彼が誘ったら、どこにでも行きそうな予感がした。だから返事はいつもとは逆でなければならない、と思った。

 

「いいえわかりません、そこのニュアンスは分からないわ。いずれにしましても、きょうのところはこの辺にして、お開きにして…」

 

私のロ調は懇願に変わっていたような気がする。

 

《許しあえるのは品性あってこそ、である》

 

私には、二人ともどちらかと言えば表情が乏しいはずなのに、意気投合するとああなるのか、人間の出会いとは恐ろしいとさえ思えた。ただ、どこかで誰かがタガを締めないと、人間はどこまでも品性をなくすると思った。許しあえるのは品性あってこそ、である。

 

でもしかし、あの二人にはあのくらいの、まるで情熱がほとばしるような高揚感を味わってもらってよかった、と正直思った。仕事ながら、胸が高鳴るのをおぼえた。

 

翌日、二人からめいめい私に確認のため「交際希望」という連絡が入った。この二人にはこちらからは、あえてあおるようなことは言わなかった。須賀道夫さんには、「ではよくよく慎重に行動して、いろいろ確認しあってくださいね」

 

と言った。

 

「あのう、おもに何を確認すればいいんでしょうか」

 

と来た。

 

「それはあなたにとってうまくやれる女性なのか、何があっても許しあえるかどうか、とか、あなたのご家族と、あちらのご家族との、ある程度の意思の疎通がしやすいと推量できるかどうか、いろいろありますね」

 

と言った。

 

《私、男性を知らないんです》

 

田川千佳さんとの場合は、

 

「千佳さん、いろいろお話の中で確認し合ってから行動してね」

 

と言った。ところが、「先生」と私のことを言うのだが、

 

「先生、私、男性を知らないんです」

 

と切り出した。私は少し驚いたが、そういうそぶりも見せず、

 

「それはよかったわ」

 

「いいんですか?何ですか、今どき、という気がしまして」

 

「千佳さん、今どきも何も、あなたが男性を知らずに結婚するということは尊いことですよ、とても」

 

と言ってから、

 

「最近は、私は、男女の交際について一般的には乱れすぎていると思っているの。マスコミなどもいけないんだわ。不倫礼賛のよろめきドラマとか、週刊誌などでは今の女子高校生の半数はバージンじゃないだのってあおってるでしょ?あれって男に迎合した興味本位のいけない報道よ。結婚まで女性がバージンであることのほうが、よほど素晴らしいことですよ」

 

「私も、頭ではそうは思っているのですが…」

 

千佳さんはあきらかに電話の向こうで、顔を赤らめていた。

 

「あなた、それではきのうは私に何ておっしゃったか覚えていますか?今夜結ばれてもいいですか何て‥」

 

「そうなんです。でもあれは本当にそう思ったんです」

 

「えっそうなの?」

 

「あの、あんなに私のことを正視して、眼で私以外考えられないという思いが伝わってきて…、私そんな人初めてだったんです。既婚者とかが、興味本位でいろいろ近づいてきたり、チャラい人はいっぱいいましたけれど、結婚したいと思ったのはきのうの須賀さんが初めてだったんです」

 

私はそれを聞いて、むしろ何か感動していた。

 

「よかったわ。いまあなたと結婚する男性は幸せよ」

 

「そうですかよかった!先生に言って…」

 

「お馬鹿さんね!千佳さん」

 

「先生ありがとうございます、白然の流れにまかせます」

 

「そうよ、頑張って!何か心配事が出てきたら何でも相談してね」

 

と言って電話を切った。

 

《彼のたばこ、私がやめさせます!》

 

二人は交際期間中、けっこう細かいことで、相談にきた。ある日、まず、彼女から、

 

「彼って、たばこ吸っていませんか?」

 

女性会員から彼の禁煙の相談を受ける

 

私は須賀道夫さんの【身上書】をあらためて見てみた。たばこ=「・吸う・少し吸う・吸わない」の欄に“・吸わない”に〇をしてあった。

 

「吸わないって書いてあるわよ」

 

「彼は二人で会っていると、ときどき抜け出すんです、なにか用があるとかいって」

 

という。

 

「それで帰ってきたときは、いつもたばこの煙臭いんです」

 

「隠れて吸っているのかしら?でも隠れて吸う必要はないのにね」

 

「いいえ私の職場では、最近はたばこを吸う人は敬遠されるんです」

 

今はもちろん喫煙者は肩身が狭いが、私は、当時そういう傾向があるのは知らなかった。

 

「じゃあ須賀さんは【身上書】にうその記載をしてるってことになるわ、私それって許せないのよね」

 

というと、

 

「先生、それ私にまかせていただけませんか?」

 

と提案してきた。

 

「たぶん間違いなく須賀ちゃん、たばこ吸っていると思います。でも私かならずやめさせます。私、父の禁煙にも成功したんです。ですから私が言いますから、先生待っていて」

 

彼女はいつの間にか「須賀ちゃん」などと言っている。いじらしいと思った。

 

「はいはい、お任せしますから、期待に応えてくださいな。でも手に余ったら無理しないでね」

 

と言っておいた。

 

《彼女にプロポーズなさい》

 

しばらくして今度は須賀さんからである。電話で「先生」彼までそう言う。

 

「あの可愛い千佳ちゃんですが…」

 

可愛い…、ジョークのつもりであるにしても、彼がこれほど意表を突いた会話ができるとは驚くばかりである。彼が言うのはこうである。

 

「千佳ちゃん、お酒飲むって書いてあります?」

 

私は【身上書】を調べた。酒=「飲む・少し飲む・飲まない」の項目に彼女は“・少し飲む”に〇をつけてある。女性が“・飲む”に〇をつける人はほとんどいない。

 

「どうしたの?」

 

「いやあー酒豪なんですよ!」

 

「ええっ」

 

と驚くばかりだ。

 

「で、どんなふうなの?酔っぱらったらどうなるの?」

 

「あのう…、とにかくすごいピッチで飲むんです。おもに焼酎ですね」

 

「たとえば、酒乱だったりとか、からんだりとか?」

 

「あの、酒乱ではないですね。お酒は強いですが、可愛いですからいいんですが」

 

「可愛いのね、あなた千佳さんのこと、のろけていない」

 

と言ってみた。

 

「へっへっへ、のろけですかね、これって」

 

「わざわざ可愛いって言いたくて電話よこしたんでしょ?」

 

「あ、あのそれだけじゃなく、あまり飲み過ぎると体に良くないし、それが心配…」

 

「わかったわ、折を見てそれとなく私が言っておくわ」

 

「あの、それとは別ですが、彼女酔っぱらうとわざとのように体をすり寄せてきて、どうにかしなさい、みたいに言うときがあるんです」

 

ピンときた。

 

「須賀さん、あなた千佳さんにプロポーズなさい。そして彼女の家へご挨拶に行きなさい。そしてあなたのご家族、特にご両親にご紹介なさい」

 

「えっ、いよいよですか、それ、もういいんですか?こんな事初めてだなあ」

 

電話の向こうで、須賀道夫さんは何か興奮している。

 

「たぶん、千佳さんはとっくにあなたの言葉を待っているわ、それを私は分かっていました。でもなんだか最初から出来上がっているみたいで、性急すぎて、ダメになったら、お二人とも傷つくと思うと勧められなかったわ。でももう大丈夫、プロポーズなさったらいいわ」

 

けっきょく2カ月ほどかかって、二人はプロポーズも無事こなし、それぞれの家に顔見せをして、私が音頭を取って“ご両家紹介”などの会席を設定したり(私は出席しませんが)した。

 

交際2カ月で成婚したカップル

当時、相談室で撮影した成婚カップル

 

その3カ月後に、私どもの結婚相談所と提携している結婚式場を紹介し、安いので、結納も披露宴もそこでやり、二人はめでたく結ばれた。

 

後日のことになるが、小さい子供(男の子と女の子)に囲まれた二人の絵葉書が送られてきて、私の目を楽しませてくれた。

 

千佳さんは律儀にも、23年は年賀状を送ってくれた。

 

(この項、了)

 

 

全国結婚情報サービス協会 KMA本部
TEL 048-824-4756
アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F
営業時間 10:00~18:00
定休日 年中無休

Facebookページはこちら
http://bit.ly/2d2iWLZ