婚活の問題点を指摘してくれる人を探していた!僕の婚活体験記

お見合いのセッティングやお返事など、すべて仲人におまかせいただくことで、お相手に気兼ねが生じる出会いはありません。埼玉県さいたま市浦和の結婚相談所 株式会社KMAです。

 

前号・第2回の記事≫≫ 婚活のお相手選び!家族のバランスを考えよ|僕の婚活体験記 の続き

 

【井上善太(仮名)38歳・埼玉大院修了・研究所勤務・171cm・65kg・上尾市在住、両親同居、妹、弟各1名】

 

3回

入会した結婚相談所の仲人カウンセラーに婚活体験記を書いたらと言われ、書いてみるつもりになった。思索が深められると思ったし、この先この結婚相談所で結婚できたら記録になるかな、という軽い気持ちもあって承諾した。

 

《以前モウレツに婚活をした!!》

 

自分と10歳も違わない仲人さんから、「相談所での相手選び8カ条」なるものを教わったのだが、やっぱり結婚相談所へ入会してよかったと思った。まだ活動前なのにそう思った。

 

30歳半ば前に結婚を含めて「人生」を強く考えたことがあった。結婚を意識したのはその時分であった。そして一年半ほど猛烈に婚活をした。

 

婚活パーティーヘの参加、

婚活サイト、

知人の紹介、

合コン

 

考えられることはすべてやった。婚活パーティーでは「あたしサクラなんです」という二十になったばかりの女の子がいたこともあった。時給で雇われたのだという。女性の参加者が極端に少なく員数あわせで来ていた。主催者のモラルを考える前に「可愛い子だからいいか」くらいに思っていた。

 

婚活サイトでは真面目な女性もいて、何人かと会ったり、食事をしたり、電話をしたりした。「あなたに決めた」と言ってくれれば、こちらも結婚していい、と思える女性が一人いたが、お互い何もなかったかのようにフェードアウトしてしまった。

 

それは、最初から相手にそなわっている条件を知らずに会っていたからだと思い、宣伝に露出度の高い「結婚情報サービス」の結婚相談所に入会した。そこではこちらが望む条件と、相手が望む条件とがマッチしている者同士が出会うことができる点でベストだと思った。

 

しかし僕はものぐさだし、自分で相手の女性にコンタクトを取らなければいけないので、変な話、なんだか悪いことしている感覚に陥った。

 

そしてそこでは女性から先に電話はまず入らなかった。こちらの電話をひたすら待っているという感じだった。だから忙しさにかまけていると「マッチング」の連絡を受けてひと月近くたってから会ったこともあった。なかにはお互いコンタクトを取らずに流れたこともあった。

 

《仲人型の結婚相談所で結婚のスペシャリストと出会う!》

 

スーツを着てお見合いをする男性

 

けっきょくそこも1年くらいで退会していた。そんな体験をしている最中では「自分を好きになってくれる女性なら誰でもいい、手を打つ」と思ったことが何度もあった。

 

しかし、いま思うと、そんな主体性もキララな感性もない男を、どんな女性が好きになってくれるのだろう、というものだ。

どんな女でもいいなどと言っても、それでは結婚するかとなるとそうはならないに違いない。でもそれくらい「目的意識(結婚に対する)」が強いということだ。

 

「油断しちゃだめ!問題は交際なんですから」

 

という結婚相談所の仲人カウンセラーが言った言葉は、僕には「珠玉の言葉」に思えた。結婚のスペシャリストだということが僕にはわかった。僕が思わず「はい!」と返事をしていたのだ。

 

仲人カウンセラーの女史(と言いたい)は、入会から成婚に至るプロセス(特殊なものでない)を語ってくれた。

 

ここの結婚相談所が加盟している3大組織の大勢の中からまず選び、選ばれしする。会員同士「承諾」すれば、お見合いが成立する。

 

相談室(結婚相談所)が取り持ってくれて、互いの希望日を決めて「会う会場(お見合いの)」を決めてくれる。場所はホテルのラウンジであったり、駅近くの瀟洒な喫茶店であったりする。僕はその指定されたところへ行けばいい。

 

男性はお見合いの日は「スーツかジャケットを着て行ってね」(※夏はクールビズ)と仲人カウンセラー。

 

1時間(2時間でもいい)くらい話して、お見合いを切り上げる。その日か、翌日の午前中までに「交際」の意志の諾否を相談室へ連絡する。「否」の場合も相談室が処理するので、二人が顔を合わせて「断ります」なんて言わなくていい。

 

交際となったら、その日中に男性が女性に「今度会う日(デートの日)」の打ち合わせのため電話する。女性の在宅時間も教えてくれるからお互いリラックスできてよいのかな、と思う。

 

話を聞いているうちに、こんな結婚相談所ならもっと早く来ればよかった、遠回りした、と軽い後悔をした。問題点を指摘してくれる人がここにいた、と思った。

 

次号・第4回の記事≫≫ 婚活は、この結婚相談所を最後の砦にする!僕の婚活体験記 につづく

 

 

全国結婚情報サービス協会 結婚相談 KMA本部

TEL 048-824-4756
アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F
営業時間 10:00~18:00
定休日 年中無休

facebookページはこちら
http://bit.ly/2d2iWLZ