理想の結婚相手ってお見合いで見つかるの?私の婚活体験談31歳

ご入会いただいた会員様には、理想の結婚相手を見つけていただくために、ご自宅で24時間お好きな時間にご利用いただける「お見合いシステム」をインターネット・ウェブサイトで提供する、1979年の創業より、埼玉(浦和・大宮)を中心に婚活支援サービスを事業展開してきた結婚相談所 株式会社KMAです。

 

前号・第2回の記事≫≫ 仲人型 結婚相談所で入会手続き!私の婚活体験談・31歳女性 の続き

 

第3回

「婚活体験談」を書いて、と担任の仲人カウンセラーさんに言われた時は少しためらいましたが、ちょうど会社もやめたばかりで、何もすることもないので引き受けました。

 

【鈴木ゆう子(仮名)31歳女性短大卒、元会社員、埼玉・さいたま市在住、157cm、47kg】

 

初めてのお見合いが決まる!

 

1月10日に入会手続をしたばかりでしたが、もう翌日メールでID・パスワードが届いて「お見合いシステム」のウェブサイトにアクセスしてみましたが、まさに案内書のとおりで、毎月毎月数千名を越える男女会員が登録しているという事実には本当に驚きました。

 

さらに驚いたのは、この日相談室の仲人カウンセラーが私の代わりにお見合いのお申し込みをやっていただいたのですが、わたしが入会の日に選んでおいた男性からお見合い承諾のご返事がきたということです。

 

パソコンを使ってインターネットでお見合いの申込み

 

わたしは理想の結婚相手をえらそうに『28~34歳、大卒以上、会社員・公務員、168cm以上、埼玉・東京在住の方』とお願いして、インターネットを使った「お見合いシステム」のウェブサイトで会員検索してもらって、検索条件にマッチしたお相手のなかから選んでお見合いの申し込みをお願いしておいたのです。

 

それが1週間もたたないうちにお見合いができるというのです。しかも明後日の日曜日はどうかというご連絡なのです。

私は思わず相談室に電話をして「すごく急なのでお見合いの日は少し先にしたいんです…」などと口走っていました。

 

電話に出られた事務の方とそんなやりとりをしていると、担当の仲人カウンセラーが出られてやさしく「あなた、何おっしゃっていますか、先に伸ばしてもおんなじです。
お話があった時にすぐご了解してお会いしてこそご縁を逃がさないコツです。お会いなさい」
「そうなんだ‥」わたしには1も2もありませんでした。

 

お見合いの日は、明後日の日曜日午後2時に決まりました。この日さっそく美容室へいき、おしゃれをしました。

 

着ていく洋服は何にすればいいのかを相談したら「ジーパン以外なら何でもよろしいです、できればスカートで」とのことでしたのでフレアー気味のスカートに胸元あたりがひらひらの白いブラウスを選んでいました。

 

理想の結婚相手と本当に出会えるか?!

 

お見合いの会場はふつう女性の住まいの近くのシティホテルのラウンジか、〇〇会館の喫茶コーナーで男女が「写真を頼りに」二人だけで会うことが多いとのことでしたが、この日は相談室に来なさいということでした。

 

お見合い室でコートとマフラーをとって、ソファーに腰かけて待っていると、2時ちょうどに男性があらわれました。「〇〇さんです」と仲人カウンセラーから紹介されて挨拶すると、眼のすんだ人でした。大卒で商社にお勤めの男性です。

 

特別ハンサムとも思えないのですが、ステキな雰囲気を感じました。東京に住んでおられる32歳の方です。

 

ところが彼は席につくなり、お口を半開きにしてわたしをじっと見つめたままなのです。
「どうかなさいましたか?」という目でわたし。
「いや実は‥、こんなにきれいな方がこの世のなかにいるのか‥と‥」彼は耳まで真っ赤にして、すごくまじめにいうのです。
わたしは「またぁ~・・」と思いました。

 

最初は向こうの仲人さんの指導どおりのゴマスリなのかナ、と思いましたが、「ありがとうございます」とわたしは妙に素直になっていました。

 

「やったあ」美容室のお兄様にメイクの指導を受けた効果があったと思いました。
いまだかつてわたしのことをポカーンと見つめてくれた人などいないのですから…。
わたしも何だかポーとしていて、「ほんとう?‥」とつぶやきそうになりました。

 

お見合い室から出て、向かいの公園を散歩しました。お見合い室の時から気になっていたのですが、彼はまるでわたしの眼をいぬくようにして見つめてお話するのです。

 

埼玉県営北浦和公園のベンチ

 

二人が肩を並べて歩いている時も見つめたままで、彼は一度足もとのベンチにすねをぶつけてしまったくらいです。
なんだか最初からそんなに見つめられると気持ち悪くなりました。

 

急な出会いということもありましたが、理想の結婚相手かどうかを判断できなかったのに曖昧な気持ちのまま、結局、その一人目の彼をお断りして、2人目のお見合いを待つことにしました。相談室を通してお断りする時「わたしってなんてヤツなんだ!」と内心思いました。断る理由が明確でなかったのです。

 

仲人カウンセラーにもどうして?って言われました。なのにこの女ごころ自分でもわかりません。ちなみにお相手はたいそう気に入って下さったそうです。

 

次号・第4回の記事≫≫ お見合いのお茶代って普通は男性が払うでしょ?私の婚活体験談 につづく

 

 

関東婚活支援協会 結婚相談 KMA本部
Kanto Marriage support Association
登録商標第6203560号
TEL 048-824-4756

アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分

埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい

住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F

営業時間 10:00~18:00

定休日 年中無休

Facebookページはこちら

http://bit.ly/2d2iWLZ