親の婚活相談:現実と合わない結婚相手の条件と親御様のNG行動

2021年5月13日

【婚活お役立ち情報】
こんにちは、埼玉県さいたま市浦和の結婚相談所KMAの婚活カウンセラー清水 小百里です。

大型連休が間近になると、親御様からの「婚活無料相談」の問い合わせや資料請求が増えてきます。非婚化・晩婚化が進む現在、実家に帰ってくる「結婚しない子供」に婚活を勧めるのが親御様の目的です。

結婚相談所に来る親御様は、子供たちの結婚を心から願っているのでしょうが、その願いが現実と合わないことが多いです。親御様は、自分たちが結婚した頃の常識や価値観を持っていますが、今の若い世代は、結婚に対する考え方や条件が大きく変わっています。

親御様が思っているような理想的なお相手は、今時の婚活市場ではほとんど見つからないかもしれません。

親の婚活相談に乗る

さらに、「子供に結婚してほしい」からと婚活に親が口出しして、結婚プレッシャーをかけすぎたりすると、自分の思い通りに活動ができないと嫌気がさして退会してしまう人もいます。

今回は、50歳になる結婚する気がない長男を、「孫の顔が見たいので何とか結婚させたい。お力をお貸しいただけないでしょうか」と私を訪ねてきてくれた、80歳になるお父様の相談に乗ることがあったので、その事例を紹介しながら解説いたします。

親の思いと結婚しない子供の現実

結婚しない子供たちを持つ親御様は、どんな気持ちでいらっしゃるでしょうか? 子供が幸せになってほしいという願いは誰もが持っていますが、その幸せの形は人それぞれです。

親世代からすると、結婚は人生の大きな節目であり、孫の顔を見ることは最高の喜びです。しかし、子供世代からすると、結婚は自分の選択であり、孫を作る義務はないと考えます。

この価値観の違いが、親子間のコミュニケーションを難しくしています。そこで、私は結婚相談所の仲人として、親御様と子供たちの婚活に関する悩みや対策をお伝えしたいと思います。

結婚しない子供を持つ母親

結婚しない子供たちを持つ親御様の悩みと対策

非婚化・晩婚化が進む現在、毎年大型連休が始まる前には、結婚しない子供たちを持つ親御様からの問い合わせが多くなります。

「子供が帰省した時に、子どもに婚活をすすめようと思って…」という、子供が結婚しない親の気持ちからです。

逆に、大型連休が終わった後には、親の勧めで結婚相談所の利用を考えている人からの問い合わせが多くなります。

「実家に帰った時に『早く結婚しろ』と親に言われて…」と、親に結婚を急かされる人たちです。

今年もゴールデンウィークが始まる前に、親御様から「婚活無料相談」の問い合わせが複数件あり、ご来店いただきました。

親御様からの入会者も!ゴールデンウィーク中に始まった婚活ストーリー

ご相談される親御様の中には、

「私の人生なんだから!と娘から怒られてしまいました」

「せっかくご説明していただいたのに、息子に話を聞いたら恋人がいるみたいで…」

と、入会できない理由を、わざわざご丁寧にご連絡いただくこともあります。

しかし、今年はゴールデンウィーク中に、親御様からのお問い合わせで2名の方が入会されて活動を始め、既に複数のお相手とお見合いが組めています。

お二人の親世代の感覚からすると、結婚しない「35歳を過ぎた娘」と「40代の息子」は、悩みの種なのでしょうかねぇ…。そんなことないのにねぇ。

婚活に親が口出しすると失敗しやすい?

婚活に親が口出しすると、子供たちの恋愛や結婚に悪影響を及ぼすことがあります。親は子供の幸せを願っているのでしょうが、時には自分の価値観や期待を押し付けてしまうことがあります。

そうすると、子供たちは親のプレッシャーや干渉に苦しみ、婚活に対するモチベーションや自信を失ってしまうことがあります。

また、親が選んだお相手との相性や気持ちを無視して、結婚を強要したり、別れさせたりすることもあります。

これは、子供たちの人生の選択を尊重しない行為であり、親子関係や夫婦関係にも悪影響を及ぼします。以下の3つの見出しでは、それぞれ具体的な事例やアドバイスをご紹介します。

婚活に干渉し過ぎる親御様のNG行動とは?

親御様(特にお母様)が婚活を後押しした際、気をつけていただきたいのが「婚活に干渉し過ぎる」こと。

  • 「今週はお見合いないの?」
  • 「デートは行かないの?」
  • 「まだ相手が見つからないの?」

と心配で声を掛けているのでしょうが、それが思いっきり親からの結婚プレッシャーになるのです。

親御様の口出しで退会した女性会員様の悲劇

以前入会していた女性会員様のお母様は、「お相手探し」を一緒にしながら「あの人ダメ! この人ダメ!」と、ご本人の希望条件を無視して突っ走ってしまいました。

お見合いしても、交際になっても、お母様の意にそぐわないことがあると「お断りしなさい」となっていたそうです。当然のことながらその女性会員様は、婚活が嫌になって「退会」されました。

少しでも早く結婚してほしい親御様にはもどかしい時間でしょうが、ご本人も頑張って活動しているので、口出しをしないでそっと見守っていただきたいです。

今時の結婚事情を理解していない親世代の相談

結婚相談所に来る親御様は、子供たちの結婚を心から願っているのでしょうが、その願いが時代に合わないことが多いです。

親御様は、自分たちが結婚した頃の常識や価値観を持っていますが、今の若い世代は、結婚に対する考え方や条件が大きく変わっています。

親御様が思っているような理想的なお相手は、今時の婚活市場ではほとんど見つからないかもしれません。

そこで、私は結婚相談所の仲人として、親御様と子供たちの結婚に関する現実をお伝えしたいと思います。

50歳の長男を結婚させたいという願いとは?

父親に今時の婚活事情を説明する

今年50歳になる独身の長男を結婚させたいからと、「婚活無料相談」に予約いただき、ご来店いただいた、今年80歳になるお父様がいらっしゃいました。

息子さんがお二人いますが、長男は恋愛よりも趣味に生きる男性のようで、昔から全く結婚には興味がないとのことでした。

しかし、どうしても孫がほしい親としては、5年前に4つ下の次男に期待して、自宅近くの結婚相談所に入会させたそうです。

そこで出会った女性と成婚退会になったそうですが、その女性が次男と同じ歳(当時41歳)だったそうです。

結婚相談所なら、若い女性と結婚できると思っていたご両親は、なんと、別れさせようと、その相談所に怒鳴り込んで行ったそうです! 注)まずは「ヒアリング」なので、我慢して話を聞いていますよ~

でも「ご本人が決めたことなので」と、結婚相談所では取り合ってもらえなかったそうです。

次男夫婦との確執:息子の結婚に反対した結果として絶縁状態

その後、次男を説得しましたが「別れない」の一点張りで仕方なく受け入れたそうですが、当然、お嫁さんとの仲は最悪で、何年も顔を見ていないとのことです。

そして残念なことに、次男夫婦には、孫がほしいお父様の期待とは裏腹に子供ができなかったそうです。

そのため、「孫の顔が見たいので長男を結婚させたい、何とかなりませんか…」と私を訪ねて来てくれたのです。

しかし、お父様が考える結婚相手の条件を聞くと…。

現実離れした結婚相手の条件:今時こんな女性は存在しない!

  1. お相手女性の年齢は35歳まで
  2. 埼玉県西部にある実家に同居
  3. 仕事を辞めて専業主婦になる

だそうですよ!!!

親の婚活相談で明らかになった結婚相手の条件のズレ

ここから先は、私の意見と今時の女性が結婚相手に求めるものをお父様へ丁寧にご説明させていただきました。

35歳までの女性を探すお父様の苦悩

1.お相手女性の年齢は35歳まで

子供を産める年齢が35歳までだと思っている! いつの時代ですか~? 私の元会員様は46歳で初産の人もいたし、40代でも出産している人は多いです。

若いといっても子供ができる保証はどこにもないですし、男性側が原因の不妊ケースも約半数あるそうですからね! 30代のカップルの3組に1組が、何らかの「不妊治療」をしているというデータもありますよ。

それに、30代前半の女性は、50代をどう見ているかご存じですか~? 仮にその女性に兄や姉がいて、既に甥っ子姪っ子がいたら自分の親は「ジジ、ババ」と呼ばれているのですよ。 その「ジジ、ババ」と同じ世代なんです。

いろいろな出会いがありますので「好きになった男性がたまたま親世代だった」なんていうのは、恋愛においてはあるかもしれません。

しかし、結婚相談所のお相手探しは、「条件」から入っていきます。そのため、お人柄を見てもらう前に「数字データ」で区切ってしまうので、検索条件から除外されることが多いのです。

先程、お父様だって「35歳まで」と、お人柄を見る前に「年齢」で区切っていましたよね?(※お父様沈黙)

それに今から子供ができたら、子供が15歳(中学3年生~高校1年生)で「年金生活」が始まるのですよ。これから学費が掛かってくるのに…。将来的な「お金」の心配も大きな問題になってきます。

埼玉県西部にある実家に同居する女性を探す無理難題

2.埼玉県西部にある実家に同居

「申し訳ありませんが、今時は義理の親と同居してくれる30代の女性は、なかなかいません…」

ご自身も祖父母と同居していた環境の女性なら、まだ可能性はありますが、今は核家族の人が多いですからね。

お姑さんも「お嫁さんと住むなら娘と住みたい」という人が多く、娘婿と同居しています。 表札が二つある、おうちは大体そうですね。

仕事を辞めて専業主婦になる女性は時代遅れ?

2.仕事を辞めて専業主婦になる

フルタイムの仕事を辞めて家事や子育てに専念することを望んでいる人は少ないですよ~。

今の時代は「寿退社」する人より「仕事を辞めたくない」という女性が多いです。会社も「産休」や「育休」などの福利厚生がしっかりしている企業も増えましたからね。

せっかく今までキャリアを積んできたので、簡単には辞めたくないですよ。などなど…。お話させていただきました。

期待通りの話が聞けなかったので、お父様は落胆していましたが、「もう、私らの考えは古いのですね…。今の結婚事情がよく分かりました。考え直します。ありがとうございました」と穏やかに終わりお帰りになられました。

お見送りで、エレベーターに乗り込むお父様の背中を見たら切なくなってしまいました。お父様の気持ちも分かりますが、こればかりは私にはどうにも…。

まとめ:親のために婚活する人への応援メッセージ

  • 結婚は親のためにするのか?
  • 自分のためにするのか?

当然、自分のためですが「親を安心させたいから」「孫の顔を見せたいから」という理由をきっかけにして婚活を始める人もいます。

「息子や娘が結婚したら子育て終了」と思っている親御様も多くいらっしゃいます。

私は、仲人カウンセラーとして、そんな境遇の人の肩の荷を早く下ろしてあげるお手伝いをしてあげたいですね。

この記事を書いた人

清水 小百里:1971年生まれの埼玉県さいたま市(旧大宮市)出身。
結婚相談所 株式会社KMAの取締役を務めるとともに、婚活カウンセラーとして多くの方の結婚をサポートしています。
また、婚活本「結婚したければ選ばれる男になりなさい」の著者でもあります。
私は、おせっかいオバちゃんの『仲人ブログ』を通して、結婚に興味がある男女に役に立つ話やノウハウをお届けしたいと思っています。

結婚相談 株式会社KMA

埼玉県さいたま市浦和区にある成婚第一主義の結婚相談所です。
1979年(昭和54年)創業の実績と豊富なノウハウで、お見合いから成婚までを婚活カウンセラーが親身にサポートします。
結婚相談所連盟のBIU、NNR、IBJ正規加盟店。
婚活無料相談や婚活セミナー、お見合いパーティーなど、さまざまなサービスを提供しています。

アクセス:JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)と埼大通りを挟んだ向かい側
事業内容:結婚相手紹介サービス・結婚相談所開業支援(会社概要

埼玉の結婚相談所KMAでは、男女別の恋愛・婚活メソッドを 「instagram」で発信しています! 是非チェックしてみてください!

婚活無料カウンセリングのご案内

婚活無料カウンセリングは、あなたの理想のパートナーを見つける方法をご紹介します。ご来店またはオンラインで、結婚・婚活に関する無料相談を受け付けています。

婚活カウンセラーがあなたのご希望や条件に合わせて、最適なプランやサポート方法をご提案します。(要予約)

婚活無料カウンセリングは、完全無料です。費用は一切かかりません。また、マル適マークの結婚相談所 株式会社KMAが行いますので、安心してご相談ください。マル適マークは、結婚相談業界の信頼と実績の証です。

婚活無料カウンセリングは、あなたの幸せな未来の第一歩です。お電話か『無料婚活カウンセリング』(カレンダー予約)ボタンからご予約ください。あなたのご相談をお待ちしております。

無料カウンセリング
お問い合わせ

0120-978-679 年中無休・営業時間 10:00~18:00
ブログ
料金
無料相談
資料請求
ページトップへこのページの先頭へ戻る