結婚してほしい親の思いを婚活相談で聴く|結婚しない子供が心配

【結婚相談所 情報】

大型連休が間近になると、親御様からの婚活無料相談の問い合わせや資料請求が増えてきます。実家に帰ってくる結婚しない子供に婚活を勧めるのが親御様の目的です。

 

今回は、結婚しない50歳になる息子を心配して、“何とか結婚させたい”と私を訪ねてきてくれた、80歳になるお父様の相談に乗ることがありましたのでその回答をご紹介します。

 

埼玉県さいたま市浦和の結婚相談所KMA本部の仲人カウンセラー清水小百里のブログです。

 

目 次
  1. 結婚しない子供は親にとって悩みの種?
  2. 婚活に親が口出しすると失敗しやすい?
  3. 現代の結婚事情を理解していない親世代
    1. 条件1:お相手女性の年齢は35歳まで
    2. 条件2:埼玉県西部にある実家に同居
    3. 条件3:仕事を辞めて専業主婦になる
  4. まとめ

 

最近は、寒暖差が大きくので、体調を崩さないようにしてくださいね。

 

結婚しない子供は親にとって悩みの種?

 

結婚しない子供を持つ母親

 

毎年、大型連休が始まる前には、結婚適齢期の結婚しない子供を持つ親御様からの問い合わせが多くなります。

『子供が帰省した時に、婚活を勧めようと思って…』

 

逆に、大型連休が終わった後には、親の勧めで結婚相談所の利用を考えている人からの問い合わせが多くなります。

『実家に帰った時に“早く結婚しろ”と親に言われて…』

 

今年もゴールデンウィークが始まる前に、親御様から『婚活無料相談』の問い合わせが複数件あり、ご来店いただきました。

 

ご相談される親御様の中には、「私の人生なんだから!と娘から怒られてしまいました」とか「せっかくご説明していただいたのに、息子に話を聞いたら恋人がいるみたいで…」と、入会できない理由を、わざわざご丁寧にご連絡いただくこともあります。

 

しかし、今年はゴールデンウィーク中に2名の方が入会されて活動を始め、既に複数のお見合いが組めています。

 

親世代からすると、結婚しない『35歳を過ぎた娘』『40代の息子』は、悩みの種なのでしょうかねぇ…。

 

そんなことないのにねぇ。

 

婚活に親が口出しすると失敗しやすい?

 

親御様(特にお母様)が婚活を後押しした際、気をつけていただきたいのが『婚活に干渉し過ぎること』

 

「今週はお見合い無いの?」「デートは行かないの?」「まだ相手が見つからないの?」と心配で声を掛けているのでしょうが、それが思いっきりプレッシャーになります。

 

以前入会していた女性会員様のお母様は、「お相手探し」を一緒にしながら「あの人ダメ! この人ダメ!」と、ご本人の希望条件を無視して突っ走ってしまいました。

 

お見合いしても、交際になっても、お母様の意にそぐわないことがあると「お断りしなさい」となっていたそうで、当然のことながらその女性会員様は、婚活が嫌になって『退会』されました。

 

少しでも早く結婚して欲しい親御様にはもどかしい時間でしょうが、ご本人も頑張って活動しているので、そっと見守っていただきたいです。

 

現代の結婚事情を理解していない親世代

 

婚活相談に来た父親

 

今年50歳になる独身の息子(長男)の結婚を心配して「婚活無料相談」に予約いただき、ご来店いただいた、今年80歳になるお父様。

 

長男は多趣味で収集癖があるようで、昔から結婚には全く興味がないとのことだったので、どうしても孫が欲しいお父様は、5年前に4つ下の次男に期待して、地元の結婚相談所に入会させたそうです。

 

そこで出会った女性と成婚退会になったそうですが、その女性が同じ歳(当時41歳)だったそうです。

結婚相談所なら、若い女性と結婚できると思っていたご両親は、なんと、別れさせようと、その相談所に怒鳴り込んで行ったそうです!

 

注)まずは「ヒアリング」なので、我慢して話を聞いていますよ~

 

でも「ご本人が決めたことなので」と、結婚相談所では取り合ってもらえなかったそうです。

 

その後、次男を説得しましたが「別れない」の一点張りで仕方なく受け入れたそうですが、当然、お嫁さんとの仲は最悪で、何年も顔を見ていないとのこと。

 

お子様(孫)にも恵まれなかったそうです。

 

そのため、「“孫”が欲しいので長男を結婚させたい、何とかなりませんか…」と私を訪ねて来てくれたのですが、お父様が考える結婚相手の条件を聞くと…。

 

  1. お相手女性の年齢は35歳まで
  2. 埼玉県西部にある実家に同居
  3. 仕事を辞めて専業主婦になる

 

だそうですよ!!!

 

はい、ここからは私の意見と今時の婚活事情を丁寧にご説明させていただきました。

 

条件1:お相手女性の年齢は35歳まで

 

子供を産める年齢が35歳までだと思っている!

いつの時代ですか~?

 

私の元会員様は46歳で初産の人もいたし、40代でも出産している人は多いです。

若いといっても子供ができる保証はどこにもないですし、男性側が原因の不妊ケースも約半数あるそうですからね!

30代のカップルの3組に1組が、何らかの「不妊治療」をしているというデータもありますよ。

 

それに、30代前半の女性は、50代をどう見ているかご存じですか~?

 

仮にその女性に兄や姉がいて、既に甥っ子姪っ子がいたら自分の親は「ジジ、ババ」と呼ばれているのですよ。

その「ジジ、ババ」と同じ世代なんです。

 

いろいろな出会いがありますので「好きになった男性がたまたま親世代だった」なんていうのは、恋愛においてはなくもないですよ。

しかし、結婚相談所のお相手探しは、『条件』から入っていきますので、お人柄を見てもらう前に「数字」で区切られることが多いのです。

 

先程、お父様だって『35歳まで』と、お人柄を見る前に「年齢」で区切っていましたよね?

(※お父様沈黙)

 

それに今から子供ができたら、子供が15歳(中学3年生〜高校1年生)で「年金生活」が始まるのですよ。

これから学費が掛かってくるのに…。

将来的な「お金」の心配も大きな問題になってきます。

 

条件2:埼玉県西部にある実家に同居

 

「申し訳ありませんが、今時同居してくれる30代の女性は、なかなかいません…」

 

ご自身も祖父母と同居していた環境の女性なら、まだ可能性はありますが、今は核家族の人が多いですからね。

 

お姑さんも「お嫁さんと住むなら娘と住みたい」という人が多く、娘婿と同居しています。

表札が二つある、おうちは大体そうですね。

 

条件3:仕事を辞めて専業主婦になる

 

フルタイムの仕事を辞めて家事や子育てに専念することを望んでいる人は少ないですよ~。

今の時代は「寿退社」する方より「仕事を辞めたくない」という女性が多いです。

 

会社も「産休」「育休」などの福利厚生がしっかりしている企業も増えましたからね。

せっかく今までキャリアを積んできたので、簡単には辞めたくないですよ。

 

などなど…。

 

お話させていただきました。

 

期待通りの話が聞けなかったので、お父様は落胆していましたが、『もう、私らの考えは古いのですね…。今の結婚事情がよく分かりました。考え直します。ありがとうございました』と穏やかに終わりお帰りになられました。

 

お見送りで、エレベーターに乗り込むお父様の背中を見たら切なくなってしまいました。お父様の気持ちも分かりますが、こればかりは私にはどうにも…。

 

関連記事

 

まとめ

 

結婚は親のためにするのか?

自分のためにするのか?

 

当然、自分のためですが「親を安心させたいから」「孫の顔を見せたいから」という理由をきっかけにして婚活を始める人もいます。

 

『息子や娘が結婚したら子育て終了』と思っている親御様も多くいらっしゃいます。そんな境遇の人の肩の荷を早く下ろしてあげるお手伝いをしてあげたいですね。

 

 

この記事を書いた人

埼玉県さいたま市で生まれ育った仲人カウンセラー清水 小百里です。男のしくじりをおせっかいオバチャンがビシッと指摘!結婚したければ選ばれる男になりなさいを出版。お見合い・交際に役立つ婚活情報をブログに公開しています。

 

結婚相談所 成婚ブログ

 

 

結婚相談所KMA

お相手探しは仲人選びから

 

埼玉県さいたま市の結婚相談所

創業43年の婚活ノウハウで成婚まで親身で着実なサポート

 

営業時間:10001800(年中無休)

お電話フリーアクセス:0120-978-679

メール:info@kma-h.co.jp

 

《結婚・婚活に関する「無料相談」を随時受付しています》(要予約)

 

 

 

 

ご相談方法は「対面相談・オンライン面談」いずれも可能です

 

【ホームページ】

 

【ご案内】

 

≫≫ページトップへ戻る

 

 

関東婚活支援協会 結婚相談 KMA本部
登録商標第6203560号
Kanto Marriage support Association

アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F

Facebookページはこちら
http://bit.ly/2d2iWLZ