婚活女性のLINE返信が遅いのはなぜ?男女の温度差を知って理解しよう

2021年2月25日

【婚活お役立ち情報】
こんにちは、埼玉県さいたま市浦和の結婚相談所KMAの婚活カウンセラー清水 小百里です。

婚活中にLINEでやり取りをしていると、女性からの返信が遅いことにイライラしたり不安な気持ちになったりすることはありませんか?

その背景には、男女の温度差があります。温度差とは、婚活に対する考え方や価値観の違いです。この違いを知ることで、女性の心理や対処法がわかります。

この記事では、婚活女性のLINE返信が遅い理由やタイプ、そして男性側ができる改善策を紹介します。LINEのやり取りで相手に好印象を与えるために、ぜひ参考にしてください。

スマートフォンを持ってLINEの返信を考える女性

関連記事
婚活でLINEが続かない男性必見!女性の心理と対策法

婚活のLINE返信が遅い女性の心理とは?

LINEを見て悩む女性

仮交際中の男性からよく聞く悩みが、LINEの返信が遅い女性が多いということです。女性は、なぜLINEの返信が遅いのでしょうか?その心理を探ってみましょう。

実は、婚活のLINE返信が遅い女性には、3つのタイプがあります。それぞれに共通するのは、男女の温度差です。男女の温度差とは、婚活に対する考え方や価値観の違いのことです。

  1. 仕事や習い事、友達付き合いなど予定詰め込みすぎて忙しい
  2. 他の男性とのお見合いやデートで忙しい
  3. 話の流れでデート約束はしたが…気持ちが前向きになれない

と言ったものがあります。

この温度差を知ることで、婚活のLINE返信が遅い女性の心理や対処法がわかるようになるのです。では、具体的にはどんな男女の温度差があるのでしょうか?以下で詳しく見ていきましょう。

※「婚活中のLINE内容が気持ち悪い」と、受け取った女性が感じてしまうと、既読になっても返信は来ないので注意。

婚活のLINE返信が遅い女性は自分磨きを優先

仮交際中に女性からLINEの返信が来ないとイライラする男性は多いでしょう。しかし、それには女性の心理や考え方に理由があります。その違いを知ることで、無駄なストレスや誤解を避けることができます。

自分時間の優先順位は?男性は婚活優先、女性は自分磨き優先

まず、(1)仕事や習い事、友達付き合いなど予定詰め込みすぎて忙しい。

女性の場合ですが、これは「男女の考え方の違い」が見受けられます。

  • 男性の意見:「仮交際中」だからと言っても、LINEが来たら次の日くらいまでには返すでしょ?

という意見が多数です。

確かに、「仮交際中」は、できるだけ早くLINEを返すのがマナーですよね。私から見ても、非常識な対応をする、LINEの返信をしない女性がいますねぇ…。

どちらかと言うと男性は、「仮交際中なら休みの日は、相手のために予定を空けておくべき!」という「婚活優先」という考えの方が多いですね。

しかし、女性は「仮交際中でも家族や友達との付き合い、自分磨きは必要!」と考える人が多い気がします。

実際に私も「仕事(主婦業)」×「婚活(お世話)」だけだと、仕事でもプライベートでも、物事がうまくいかない時は悪い方に考えてしまい、自分でプレッシャーをかけている場合があります。

そんな場合は、趣味や友達付き合いを優先すること、家族などと過ごしての気分転換や、いろいろな経験や情報収集など、別の新しいことを初めるようにして、現状を乗り越えています。

そういった中には「婚活を成功させる」ために役立つこともあります。会員様には「仕事」×「婚活」×「自分磨き(趣味など)」のバランスを取りながら活動することをおすすめしています。

婚活のLINE返信が遅い女性は他の男性と同時進行中?

仮交際中に女性からLINEの返信が来ないと不安になる男性は多いでしょう。しかし、それには女性の優先順位が関係しています。その優先順位を左右する要因の一つが、複数人との仮交際同時進行です。

複数人との仮交際同時進行は相手に隠すもの

次に、(2)他の男性とのお見合いやデートで忙しい。

LINE返信したくない気持ちモヤモヤ

仮交際中は、複数人と同時進行の交際やお見合いができるルールなので、お見合いやデートで忙しいのは男女お互いさまです。

しかし、女性から「他の男性とのお見合いやデートがあります」と言われることはほとんどないでしょう。

仮交際の同時進行は、暗黙の了解だし、なんなら隠さなければならないこと。もしかしたら(1)予定を詰め込みすぎて忙しい、ことが理由かもしれませんね。(ほぼ黒の時もありますが…)

女性からLINE返信が来るようにするには?デートで魅力をアピールする方法

(1)もそうですが、(2)の場合は、ハッキリ言って、女性から見てあなたに対する「優先順位が低い」からなのです。

人は誰でも自分の中で優先順位の高い人から先にLINE返信をして、優先順位の低い人は後回しにしてしまうのです。

では、どうすれば良いかというと「あなた(男性)の優先順位」を上げれば良いのです!

…って!それこそ「自分の優先順位が低い」時は、毎週デートができない状況でしょうから、1回、1回のデートの「中身」が肝心です!

「美味しいね~」「楽しいね~」と、デートでお相手女性の機嫌ばかりを伺っていたら、印象なんて残りません。

女性は「どこに行ったか」より「何を話したか」を重視します。「ランチして、映画見て、ぶらぶら散歩して…」なんて定番のデートばかりでは、飽きられて見切られてしまいます。

公園を散歩しながらでも、お互いのことを知る質問や、自身が思っている結婚観や将来のことを考える話をしたデートの方が、何倍も価値があるデートなのです。

そうやって会った時にキチンとお話ができていれば、普段のLINEのやり取りは「おはよう」「お疲れさま」「おやすみなさい」で良いのかもしれませんよ。

そのうち、あなた(男性)の優先順位が上がってきて、ラブラブなカップルになったら、毎日LINEをするようになるのですから!

仮交際中に女性からLINEの返信が来ないのは、男性自身の魅力が伝わっていないということです!あなた(男性)の優先順位を上げるには仮交際デートの質を高める必要があるのです。

婚活のLINE返信が来ない理由とは?女性の気持ちの温度差を知ろう

仮交際中に女性からLINEの返信が来ないとショックを受ける男性は多いでしょう。しかし、それには女性の気持ちの温度差が関係しています。その温度差は、お見合い後の仮交際に入る時から始まっています。

仮交際の気持ちの温度差は個人差が大きい

最後に(3)話の流れでデートの約束はしたが…気持ちが前向きになれない。

お見合い後「仮交際」に入る時の気持ちの温度差には、かなりの個人差があると思ってください。

「一目惚れ~!この人と結婚したい~!」と思う人から「1回じゃよく分からないから、とりあえずもう1回会ってみる」と思う人までの気持ちの温度差です。この差は1回位のデートでは縮まりません。

たとえ、その場で次回のデートの約束ができたとしても「その場の空気を壊したくないから、流れで次回の約束をした」という場合もあります。その後LINEの返信が来ないのであれば、残酷かもしれませんが仮交際の進展は難しいと思ってください。

婚活女性のLINEの考え方とは?男女の温度差を知って円滑な対話を

LINEが来てることに気づくのが夜中だったり、仕事中はスマホを見ることが出来なかったり、忘れていたり…でお返事が遅くなってしまう人もいるでしょう。

「あくまでもLINEは連絡ツール」で「直接会って話すことの方が大切」と考えている女性も多いです。

「仮交際中は、マメに連絡、マメにデート」が鉄則ですが、その考え方には男女の温度差があるので、全ての女性に通用するとも限りません。

LINEの連絡は週1~2回、でも毎週デートして「成婚退会」しているカップルもいますからね。

お相手女性のLINEに対する考え方がどのタイプなのか、できるだけ早い段階で聞き出して、時には割り切って考えることも必要です。男女の考え方や価値観には、根本的に温度差の違いがあることを理解しておくことが重要です。

仮交際中に送るべきLINEとは?連絡頻度や内容で相手に好印象を与えよう

次回はLINEの頻度や内容について解説します。

また、今週も書きすぎてしまいました。さらに来週に引っ張ります(笑)。

  • どのくらいの頻度で送れば良いか分からない
  • どんな内容を送ったら良いか分からない

また、仮交際のラインで女性から嫌われる事例についても紹介します。

  • 急に馴れ馴れしい
  • 毎日LINEが来る
  • 内容が重い
  • 話が噛み合わない

などのお話も解説していこうと思います。

関連記事

まとめ:男女の温度差を知って上手にコミュニケーション

LINEの返信が遅い婚活女性の心理は、男女の温度差によるものです。温度差とは、婚活に対する考え方や価値観の違いです。この違いを知ることで、女性の心理や対処法がわかります。

婚活する女性がLINE返信したくない心理には、仕事や習い事などで忙しい、他の男性とのお見合いやデートがある、話の流れでデート約束をしたが気持ちが乗らない、などがあります。

これらは男女の考え方や感じ方に根本的な違いがあることを示しています。男性は婚活優先でマメに連絡を取りたいと思うかもしれませんが、女性は直接会って話すことの方が大切だと考える場合もあります。

また、女性から見て男性の優先順位が低い場合もLINE返信が遅くなる可能性があります。その場合は、デートの中身を充実させて印象を残すことが大切です。

この記事では、男女の温度差を理解し、無用な誤解やすれ違いを回避するための具体的な対処法を紹介しました。

この記事を書いた人

清水 小百里:1971年生まれの埼玉県さいたま市(旧大宮市)出身。
結婚相談所 株式会社KMAの取締役を務めるとともに、婚活カウンセラーとして多くの方の結婚をサポートしています。
また、婚活本「結婚したければ選ばれる男になりなさい」の著者でもあります。
私は、おせっかいオバちゃんの『仲人ブログ』を通して、結婚に興味がある男女に役に立つ話やノウハウをお届けしたいと思っています。

結婚相談 株式会社KMA

埼玉県さいたま市浦和区にある成婚第一主義の結婚相談所です。
1979年(昭和54年)創業の実績と豊富なノウハウで、お見合いから成婚までを婚活カウンセラーが親身にサポートします。
結婚相談所連盟のBIU、NNR、IBJ正規加盟店。
婚活無料相談や婚活セミナー、お見合いパーティーなど、さまざまなサービスを提供しています。

アクセス:JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)と埼大通りを挟んだ向かい側
事業内容:結婚相手紹介サービス・結婚相談所開業支援(会社概要

埼玉の結婚相談所KMAでは、男女別の恋愛・婚活メソッドを 「instagram」で発信しています! 是非チェックしてみてください!

婚活無料カウンセリングのご案内

婚活無料カウンセリングは、あなたの理想のパートナーを見つける方法をご紹介します。ご来店またはオンラインで、結婚・婚活に関する無料相談を受け付けています。

婚活カウンセラーがあなたのご希望や条件に合わせて、最適なプランやサポート方法をご提案します。(要予約)

婚活無料カウンセリングは、完全無料です。費用は一切かかりません。また、マル適マークの結婚相談所 株式会社KMAが行いますので、安心してご相談ください。マル適マークは、結婚相談業界の信頼と実績の証です。

婚活無料カウンセリングは、あなたの幸せな未来の第一歩です。お電話か『無料婚活カウンセリング』(カレンダー予約)ボタンからご予約ください。あなたのご相談をお待ちしております。

無料カウンセリング
お問い合わせ

0120-978-679 年中無休・営業時間 10:00~18:00
ブログ
料金
無料相談
資料請求
ページトップへこのページの先頭へ戻る