アラフォー女性って結婚できる?婚活成功のコツは条件に拘らない

【はじめに】

いま結婚適齢期が相当上がっている時代である。昔は30歳の声を聴くと、とくに女性は「行き遅れ」とか「行かず後家」とかいやな言葉が並びました。それが今は誰からも何も言われない時代になったようです。

 

しかし、さすがに40歳前後になって、いざ結婚という観点で考えると、まわりはともかく本人の気持ちがざわつくことでしょう。ふり返れば同僚や同級生の大半が結婚して子供をつくり、一見幸せな生活をしている。また相手がいても、結婚していない女性、そして、結婚していない女性の中には「一生独身で通す」という「覚悟」の必要性を迫られている人もいるでしょう。

 

加えて親が高齢で、いつ介護が必要になるかという、不安をかかえている方もあるでしょう。しかしどう生きても一生は一生、まわりに振り回されては何にもなりません。自分のことを自分で考えなければ、極端なことをいえば、親兄弟さえ自分のことを真剣に考えてくれません。

 

アラフォーの婚活女性

 

ではアラフォー女性の結婚は難しいのか。そんなことありません。以下、問題点を洗いざらい浮かび上がらせて考察していきます。次の見出しに添って話を展開させたいと思います。

 

目 次
  1. アラフォー女性とアラサー女性の相違点
  2. アラフォー女性の婚活は難しい?
  3. .アラフォー女性の婚活成功のコツ
  4. 今の結婚相談所は相手を探すのには宝の山?
  5. 信頼性高い婚活サービス「結婚相談所」
  6. まとめ

 

1.アラフォー女性とアラサー女性の相違点

 

人は折り合いをつけて生きている

 

ここで対象になる女性の年齢を定義しておきます。アラフォーは36歳~43歳とし、アラサーは28歳~35歳とします。これから述べる事柄はあくまでも「一般的」なこととして検証してみます。

 

まずは最初に「結婚する、できる」という考えでいうと、その難易度は、アラフォーもアラサーも差異はないと言っていいと思います。ここで結論をいうつもりはないけれど、つまるところ、結婚も結婚生活も「自分の望み」のどのへんで折り合いをつけるか、であるからです。私たちは、女王様や王様ではありませんから、いつも、どこかで折り合いをつけて生きているのです。

 

アラサー女性の場合、アラフォーを意識したとしたら、若いという意味合いで、まだ焦っていないといえます。しかしその分、あれこれと結婚相手の男性に対して自分のハードルを高くしている面はあるかもしれない。

 

アラフォー女性の場合、自分がいいと思う相手の男性に出産を望まれた時に、少し不利になるかもしれないということです。しかし、子供ができないと断定しなくてもいい年齢層ということですから、あきらめるには早すぎます。

 

2.アラフォー女性の婚活は難しい?

 

男性が求める年齢層/アラフォー男性も難しい

 

ただ、アラフォー女性の対象になる男性もまたアラフォーですから、相手になる男性の結婚もまた難しいと言えるのです。アラサー女性にしてみれば、同年齢か1つ上などと希望しているとしたらアラフォー男性の選択肢もまたせばまるのです。

 

この年齢層では、たしかに子供が欲しい男性が多いわけですから、そうした男性からはアラフォー女性は敬遠されがちです。アラフォー婚活の難しさはそこにあります。そういう意味では男女ともたいへんなわけです。

 

アラフォー女性を人はいろいろと憶測をする

 

アラフォー女性としては「どうして今まで結婚しなかったか?」など、よけいなお世話ではあるけれど、そういう目でみる人もいます。いろいろ恋愛問題があったのではないか、と憶測する人もいるかもしれません。

 

理由を考えるとしたら、「仕事に打ち込んできた」「親の介護をしていた」「出会いがなかった」「結婚に対して真剣でなかった」など客観的にはいろいろ言えると思いますが、「理想が高すぎ」たり、「あれこれ条件が多すぎ」たり、婚活で高望みをすれば、一般的に男性からは敬遠されるでしょう。

 

男性から敬遠されるアラフォー女性

 

3.アラフォー女性の婚活成功のコツ

 

対象年齢の折り合いを考える

 

成功のコツ、などと偉そうに言うつもりはないが、どのへんで折り合いをつけるか、にかかっているかもしれない。これまで述べてきたように、確かに一般的に言うとアラフォー女性の結婚が厳しいのはわかるから、そうした厳しさを理解したうえで年齢に合った結婚相手を選んでいけばよいのである。

 

アラフォー男性も年下女性を求めているので、こちらは同年齢よりも、むしろ少し年上を対象にすれば済むことです。そうすれば、結婚観や、人生において共通する要素も多く、同年齢や年下の男性に比べて距離を縮めやすい側面があります。

 

条件にこだわらない/譲れない条件を割り出す

 

条件にこだわらないようにする。これは難しいことです。何故って、結婚相手に求める条件も「好き」になる要素でもあるからです。ただ限度問題、ということはあります。アラフォー男性が年下の女性を求めている現状で、極論を言うと、女性が年下の男性ばかり選んだのでは可能性が低くなるだけです。婚活勘違いをしないということです。

 

ですから年齢、年収、学歴、身長、体重、家族構成、容姿のなかでどれか一つか二つを我慢できないかを考えてみるということです。あるいはどうしても譲れない条件を割り出してそれ以外は許容するようにする。これは妥協ではありません。

 

既婚者に言わせると、どんなに相思相愛で理想的な結婚をしたとしても、結婚生活はそれこそ「妥協につぐ妥協」だからです。結婚してみれば、理想を追い求めていた「結婚前の必死さ」はなんであったか、に気づきます。したがって結婚前の「妥協」など妥協ともいえないものである、という認識に立つこともできます。

 

結婚相談所によっては会員数が圧倒的に多いところは、比較的自分の理想に近い男性と出会うことのできます。そういうところを探してトライしてみればよいのです。

 

会員数参考≫≫ KMAの婚活のサポート

 

より多くの男性に出会ってみる

 

そこでより良い結婚をするには、短期間にできるだけ大勢の男性と出会ってみることです。狭い地域、会社内だけの出会いではなかなかぴったり合った異性とは遭遇しません。また、限られた経験だけで、異性に対する価値観を固定してしまうのも考えものです。

 

そこで今後、より大勢の異性に出会うチャンスを探してみることです。

 

それは一般的には、婚活サイト、婚活アプリ、婚活パーティーが思いつくでしょう。しかし、それぞれの特徴を考えてみると「真剣に結婚」を目指すには、どれももう一つです。それどころか、素性や身元が分からない人が含まれている可能性が高いシステムです。
 

リスクが不安な婚活サービス

 

関連記事

 

4.今の結婚相談所は相手を探すには宝の山?

 

入会したその週に出会いがある?

 

これまで結婚相談所の存在は知ってはいても、「そこは最後の最後」とか、何か古くさくて「そんなところでいい人見つかる?」と思っていないだろうか。その昔、高度経済成長期のそれ行けドンドンの時代は、恋愛至上主義が尊ばれ、結婚相談所などはごく一部の人の利用にとどまっていました。また因習にとらわれた仲人も多く、世間とも乖離していたように思います。

 

しかし今は、とても開かれた「確かな出会いの場」として社会に必要なシステムとして定着しています。ふつうに異性と「入会したその週に出会える」ようになりました。

 

全国の結婚相談所がネットワーク化

 

今の時代、男女の異性を見る眼も多岐にわたり、多種多様の好みを持っています。かつては、街の一カ所の結婚相談所では出会いの一つを実現させることは大変でした。そこでどうしたかというと、全国の結婚相談所が手を組んで「ネットワーク化」したのです。全国1,500カ所とか、2,000カ所という仲人のネットワークが実現しました。

 

KMAでは日本結婚相談所連盟(IBJ)、日本ブライダル連盟(BIU)、日本仲人連盟(NNR)という、3連盟の加盟相談所として活動しています。結婚相談所によっては1つの連盟、あるいは2つの連盟しか加盟していない結婚相談所もありますが、おおむねどこに入会しても「広い範囲から、許容範囲の好みの」異性と出会えるようになっています。

 

KMAの場合、3連盟合計で数千カ所の仲人ネットワークに裏打ちされた「出会い」ができますから、「お見合いを希望する相手がいない」などと言う会員さんはおりません。日本結婚相談所連盟(IBJ)だけでも男女会員数が、常に約6万人を大きく超えて登録されています。そうした意味では、いわば異性の「宝の山」ということになります。

 

5.信頼性高い婚活サービス「結婚相談所」

 

身元確実な会員との出会い

 

経済産業省による「行政指導」により、少し堅苦しいほど、身元の確実な会員制を採用しています。要するに間違いのない男女が「真剣に結婚できる」出会いのサロンということが言えます。大昔は結婚相談所というと、うさん臭いところが多い多く、入会するにはずいぶん勇気が必要でした。

 

今は結婚相談所連盟に加盟する相談所に入会する場合、独身証明書や住民票、最終学歴証明や収入証明(女性不要)などの各種証明書類の提出が必須ですから安心・安全なのです。

 

関連記事

 

結婚相談所で出会ったカップル

 

「成婚料」をいただきます

 

前述に結婚相談所は「異性の宝の山」とありますが、実は、それは人数だけのことで、実際それによって入会者全員が結婚できるという保証はありません。なぜか?人間には心があるからです。こちらがいいと言ってもあちらがダメ、あちらがいいと言ってもこちらがイやというわけで、なかなかうまくいきません。

 

大手の結婚情報サービス会社のように情報料としての入会金・月会費をいただくだけなら、異性の紹介だけでいいのです。

 

しかし、私たち結婚相談所は昔からの「古き良き仲人」のシステムにより、結婚まで導いてナンボ、という慣習を固く守っています。したがって、結婚できたあかつきには「成婚料」という成功報酬としての料金をいただくことになっております。結婚した会員さんはそれこそ「喜んで」料金を支払ってくださいます。

 

参考≫≫ 成婚料が必要な成功報酬型の結婚相談所 KMAの特徴

 

交際の管理の重要性

 

さて、私たち仲人(カウンセラー)が「成婚料」をたくさんいただくために実行していることは「交際管理」です。これは言葉だけでなく、会員さんが最短3カ月で結婚する人がいるように、すごい力を発揮しています。

 

男女交際に慣れていない会員さんに対してですが、たとえば男女が交際に入るとして、お見合いのあと、翌週デートの約束をしないカップルには「警告カード」を発します。とくに男性に積極性をうながします。

 

デートを行うTPOをお教えします。デートでの会話の仕方をお教えします。男性の果たす役割、女性に対するアドバイスをします。46回のデートのあと感想をうかがいます。

 

どちらかから「この人との結婚を考えたい」と聞いたら、もう一方の人に聞いてあげます。それで「私もこの方でいいです」となればカップル誕生となるのです。

 

参考≫≫ 婚活女子・婚活男子~お節介おばさんが教える婚活術

 

これを聞いてあげないとどうなると思いますか?いつまでも平行線になることが多いので、壊れてしまうまで二人が悶々と交際し続けることになってしまうでしょう。交際の管理がとても重要だということを、私たちは知っています。

 

結婚式で見つめ合う二人

 

6.まとめ

 

現代の複雑な社会構造で生き抜いていくには、自分や家族だけではなかなか難しくできています。アラフォーと呼ばれる方たちは、なにも好んで40歳前後まで独身であったわけではないはずです。

 

結婚というものが人間にとって得がたい経験であるからには、子供が出来ようが出来まいが、積極的に結婚に邁進していけばよいのです。

 

どこの機関を利用したとしても、誰を頼るのでなく、自力でお相手を見つけることに変わりありません。世間の、あるいは会社の同僚の顔色をみて生きられるのも、そんなことはお構いなしにご自分の道を生きられるのも、あなたの考えひとつです。

 

勇気をもって第一歩を踏み出してみてはいかがですか?お待ちしております。

 

関連記事

 

 

≫≫ページトップへ戻る

 

 

婚活が初めての方も、既に何処かで活動されている方も、是非どうぞ

 

《結婚・婚活に関する「無料相談」を随時受付しています》(要予約) 

まずは、あなたと仲人カウンセラーとの恋愛感や、結婚感、相性が合うかどうかを確認してみてはいかがでしょうか。

ぜひ、結婚相談所の「無料相談」を体験してみてください。ご来店お待ちしております。

 

【ご相談】はこちら≫ お問い合わせ(WEB来店予約・資料請求)

 

【お電話フリーアクセス】≫ 0120-978-679

 

 

関東婚活支援協会

登録商標第6203560号

Kanto Marriage support Association

結婚相談所 KMA本部

TEL 048-824-4756

アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分

埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい

住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F

営業時間 10:00~18:00

定休日 年中無休

Facebookページはこちら

http://bit.ly/2d2iWLZ