お見合いがっかりすることも婚活は男女ともお互い様なことが多い

【婚活アドバイス情報】

婚活する中で、女性会員ばかりではなく男性会員から聞く、「お見合いクレーム」「交際中の対応」についての愚痴があります。過去にお見合いや交際をした男性につまらないがっかりしたと悪口ばかり言って、“お互い様”なのがわからず、「お断り」ばかりしていた女性会員のお話を紹介します。(成婚されました)

 

「お見合いの心得」を守って、どんなお相手に対しても誠実な態度で接し、お相手の欠点ではなく、良いところを見てあげることが成婚の近道です。埼玉県さいたま市浦和の結婚相談所KMA本部の仲人カウンセラー清水小百里のブログです。

 

目 次
  1. 婚活がっかりする4つの場面を紹介
  2. お見合い相手つまらない…期待と想像が違いがっかり
  3. 婚活つまらない男と愚痴る上から目線の女性
  4. まとめ 今後の婚活へ向けて

 

今日は霧がすごかったですね。

車の運転をされた方は怖かったと思います。

事故など十分にお気をつけください。

 

そろそろ大掃除もしないといけないのですが、腰が上がらない…。

仕方がない。息子達に金でものを言わすか…。

 

婚活がっかりする4つの場面を紹介

 

先日テレビで、すでにシリーズ化されている「女性に嫌われる女性」をテーマに、面白おかしくトークをしていくバラエティ番組を見ました。

 

最近のブログは、『男性』の婚活状況を改善指導する記事が多かったのですが、『女性会員様』に対しても思い当たる節があるので、今回は『女性』に関しての婚活の問題点をいくつかお話しさせていただきます。

 

婚活がっかりする女性

 

男性会員様からも、お相手女性への「お見合いクレーム」「仮交際中の対応」についての愚痴を聞いたりします。

 

  • 写真(イメージ)と違うのか、お見合いで会った瞬間あからさまにテンションが下がっているのが分かる。
  •  質問しても「はい」「いいえ」でしか答えてくれない。
  •  (交際に入ってから)LINEの返信が遅い。
  •  最低限の情報の開示もしてくれない。(休日や、デート候補日など)

 

この4つが多いでしょうか。

でも、これは『男女共通』ですね。

女性会員様からも、同様の意見は聞きます。

 

今回は、少しだけ話しを掘り下げて『女性がやりがち』「お見合いつまらない」「婚活つまらない」と思われてしまう事例を書き出しますので、チェックしてみてください。

 

お見合い相手つまらない…期待と想像が違いがっかり

 

お相手プロフィールを見て「お見合いのお申込みをしたり、承諾したりしますが、何度も言っているように『プロフィールはあくまでもプロフィール』です。

 

最近は、プロフィール写真を男性会員様もスタジオで撮影している方ばかりで、プロの手が加わっています。(男性もメイクしますからね)

 

お見合いが決まってから当日まで「どんな人かなぁ?」「優しそうだなぁ」「何しゃべろうかなぁ」「何着て行こうかなぁ」などいろいろと考えると思います。

 

そして、『期待』『想像』も膨らんできます!

 

もちろん、この方と結婚するかもしれないので、ウキウキ、ワクワクはすると思います。

この方との結婚生活も想像すると思います。

 

談笑する夫婦

 

がっ!

お見合い当日、声を掛けて来た男性を見ると…。

 

※心の声「えっ?!どちら様ですか?」

※心の声「お願い…。人違いだと言って…(涙)」

 

と、思っている方も多いはず。

 

でも、これは男女お互い様なのです。

もっと言うと、男性の方がダメージは大きいですよ(笑)。

 

『自分の都合に合わせた想像で、頭の中で作り上げた人物像』

 

これを『基準』にしてしまうから、顔に出て、態度に出て、お見合いの最中はずっと頭の中で『減点法』

お相手の良いところを見ようとせず、早々とつまらないお見合い相手と見切ってしまうのです。

 

婚活つまらない男と愚痴る上から目線の女性

 

だいぶ前に成婚退会したので時効ですが、ある女性会員様との『婚活作戦会議』で、相談室の空気がピリッとなった事がありました。口を開けば過去にお見合いや交際をした男性の悪口ばかりでした。

 

婚活中は、うまくいかないことや、腹が立つことも多いです。たまには愚痴を吐き出すことも必要だし、その役は仲人の私が買って出ます!

 

でも正直、仲人役割を超える域まで達し、いい加減うんざりしていたので、呼び出しました。

 

嫌だ嫌だと言いながら、男性の名前も顔も覚えていて「あの時こう言われた」とか「私がこうしてあげてるのに、全然気が利かなくて…つまらない男」などと、愚痴る女性会員。

 

聞いている方も疲れてしまいます。さらに、自分が出している『負のオーラ』を解決しようとせずに同情を求めてきました。

 

話の端々から『きちんと認めてもらいたい』と言う思いが伝わってきたので、

 

「もう、忘れなさいって!何でそんなつまらない奴のことをいつまでも覚えているの?考えている時間が勿体無いと思わないの?ちゃんと尊重してくれる人を探そう」

 

と言ったのですが、反応はイマイチ…。

 

「私が話題を振ってあげたのに、会話を膨らませられなくて」

 

「私が気を遣ってこうしてあげたのに、気が付かないし」

 

「わざわざ時間作って行ったのに、クッソつまらないデートだった」

 

23時間、会話でしょうか…。ついに禁句を!!!

 

「〇〇さんって『やってあげてる感』が凄いね。気をつけないと男性から『何様?』って思われちゃうよ」

 

こんな事言う仲人は失格かもしれません。聞き流せば良かったけど、それって彼女を「見捨てる」ことと同じだと思ってしまったのです。

 

今の彼女の考え方だと、絶対に心が不幸になると思ったので、いい加減気付け!となってしまいました

 

  • 自分を尊重して欲しければ、まずはお相手を尊重しないと。
  • 貴方が完璧なら、ここに座って人の悪口なんて言っていないはず!
  • 貴方は完璧じゃないの。お相手も完璧じゃないの。私も完璧じゃないの。みんな完璧じゃないの!

 

その後も、少し時間が掛かりましたが、少しずつ『お互い様精神』を意識しながら活動されて、成婚退会されました。

 

お相手の男性は、年下の優しくて大人しい方だったので、彼女の『上から目線』(完璧には治りませんでしたが…“苦笑”)も上手く吸収してくれていると思います。

 

まとめ 今後の婚活へ向けて

 

お見合いからご交際、そして成婚へと進むためには、まず自分を難しくされないことと、時にはあなたの強い決断力も必要です。また、良い意味での前向きな妥協も必要でしょう。

 

しかし、一番大切なのは、あなたの熱意です。「婚活つまらない男」「婚活つまらない女」と相手のことを愚痴ることがないように私たち仲人は、熱意あるあなたと頑張るあなたを心から応援します。

 

この記事を書いた人

埼玉県さいたま市で生まれ育った仲人カウンセラー清水 小百里です。男のしくじりをおせっかいオバチャンがビシッと指摘!結婚したければ選ばれる男になりなさいを出版。お見合い・交際に役立つ婚活情報をブログに公開しています。

 

結婚相談所KMA

お相手探しは仲人選びから

 

埼玉県さいたま市の結婚相談所

創業43年の婚活ノウハウで成婚まで親身で着実なサポート

 

営業時間:10001800(年中無休)

お電話フリーアクセス:0120-978-679

メール:info@kma-h.co.jp

 

《結婚・婚活に関する「無料相談」を随時受付しています》(要予約)

 

 

 

 

ご相談方法は「対面相談・オンライン面談」いずれも可能です

 

【ホームページ】

 

【ご案内】

 

【成婚ブログ】

 

≫≫ページトップへ戻る

 

 

関東婚活支援協会 結婚相談所KMA本部
登録商標第6203560号
Kanto Marriage support Association

アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F

Facebookページはこちら
http://bit.ly/2d2iWLZ