母親の過干渉が娘の婚活を邪魔する?お見合い結婚体験談

2019年11月13日

娘の婚活に口出しする母親の本当の気持ちとは

娘の婚活に口出しする母親は、娘の幸せを願っているのかもしれませんが、親の過干渉は、娘の婚活を失敗させるだけでなく、娘の自信や自立心をも奪ってしまいます。

私は結婚相談所のカウンセラーとして、そんな母親と娘のお見合い結婚の体験談をご紹介します。

この記事では、母親の過干渉が娘の婚活にどのような影響を与えるか、そして母親が娘の婚活を成功させるためにはどうすべきかをお伝えします。

この記事を読むことで、娘の婚活に関心のある母親や、母親の過干渉に悩む娘の方に役立つ情報を得られると思います。

私は30年以上の経験を持つ結婚相談所のカウンセラーです。多くの会員さんの結婚をサポートしてきました。

その中で、母親と娘の関係についても多くの事例を見てきました。その中でも印象的だったのが、前野 愛(仮名)さんという方のお話です。

埼玉県さいたま市浦和区の結婚相談所 株式会社KMAのお見合い結婚体験談「備忘録ブログ」です。

結婚相談所に可愛い子が入会

《成婚者 プロフィール》【前野愛(仮名)31歳・高卒後専門卒・会社員・さいたま市在住】

《妻は仲人名人》
昭和から平成の時代にわたり、“仲人おばさん”としての経験を備忘録としてノートに書き留めていました。今は息子の嫁が仲人を継いでいますが、少し時間ができましたので、時代はとびとびになりますが、創業者が当時を思い出すままブログに書きます。

仲人名人新聞記事

母親に従って結婚相談所に入会した可愛い娘

前野愛さんは、31歳の可愛くて綺麗な女性でした。母親と一緒に私の相談室に来て、結婚相談所の説明を聞きました。

母親は娘の結婚を強く望んでいて、入会金も母親が支払って、その日のうちに入会を決めました。娘の愛さんは「はい、はい」とばかりに母親に従っていました。

年上の男性を選ぶ理由は?

私は愛さんに男性のプロフィールを見せて、お見合いを希望する相手を選んでもらいました。しかし、愛さんはお相手選びに興味がないようでした。

なぜか、40歳半ばの男性ばかりを選んでいました。中には「再婚」という人もいました。

隣の母親も「変な子ねえ、あなたまだ30過ぎたばかりなんだから、そんな年上を選ばなくてもいいじゃない?」と言われていました。そう言われると、彼女はとたんに30歳前後の男性を選び出す。

しかし、なにかその態度に「意味ありげな」ものを感じていました。でも私は、彼女は“可愛い子”だからさぞかし結婚は早いだろうな、と踏んでいました。

母親が選んだイケメンの男性たち

愛さんは入会時に選んだ男性15名を「全部破棄してください」と言って帰ってしまいました。その後、母親からFAXが届きました。

お見合いをFAXで申し込む

「会員情報誌から選びました。これは私が選んだものですが、娘も承知していますのでぜひお申し込みのほどよろしくお願いいたします」という添え書きとともに、30名ほどの男性のリストがありました。

男性の学歴はまちまちでしたが、年齢は29歳から35歳まで、今でいう「イケメン」ばかりでした。これを全員一斉に申し込んでは、一遍に返事が来て大変でした。

可愛い娘には申し込みが殺到する

愛さんは見た目も“可愛い子”なので、お見合いを申し込めば「承諾」の返事が来る確率が高いのです。仮に10名ほど申し込んだとして、5名から返事が来たら、全員と必ずお見合いをしなければならないのです。

日曜日だけなら、毎週1名と会ったとしてもひと月はかかります。もちろん土日祝日全部使えば8~10名と会えるのですが、こればかりは相手の都合もあります。

それに“可愛くて美人”なら、こちらから申し込まなくても男性から、たくさん申し込みが入るに違いありません。

お見合いをキャンセルすると違約金が発生する

私は5名くらいから申し込むことにしました。一応本人が選んでいないことが分かったので、お見合いを申し込んで「承諾」の返事が来たら「断れないルール」(※)があることを本人に電話で伝えました。

(※)成立したお見合いをキャンセルする場合は、ルール違反(ペナルティー)として、違約金が発生する。

娘の婚活に過干渉する母親の影響

すぐに3名から返事が来たので、お見合いの手配をしました。最初は私の相談室でお見合いをすることにしました。愛さんは3人ともお見合い後、自分から断ってしまいました。

理由は特にありませんでした。母親からは、「ごめんなさいね。娘が断ってくれって言うものですから、先方にはよしなにお伝えください」というコメントでした。

娘の婚活に過干渉な母親

母親がヘリコプターペアレントで娘の自己決定を奪う

このように母親が「お相手選び」から「交際の返事まで」介入して連絡してくるケースはよくあります。いわゆる「ヘリコプターペアレント」(※)です。

こういったのはよくありません。特にお見合いの結果を本人から聞かなくてどうするのでしょうか。細かいニュアンスを仲人たる私に直接言ってこないと的確なアドバイスができません。

当の娘さんがどんなに仕事の忙しい職業についていても、最低限のコミュニケーションは取れるはずです。(※)子供の頭上を旋回するヘリコプターのように子供に付きまとい、過保護や過干渉な親のこと。

母親が娘の代わりに決めてしまうと、娘は自分の気持ちや意思を表現できなくなり、自分の選択に責任を持てなくなります。

これでは、自分の幸せを探せなくなります。結婚相談所に入会した意味を見失ってしまいます。

お見合い結果は本人から直接返事をするように求める

私はこの機会に、母親にお見合いの結果は本人から直接返事をするように伝えました。母親ではお見合いの代行はできません。

娘さんには自分で考えて、自分で決めて、自分で伝えてもらいたいと言いました。母親は少し戸惑っていましたが、私の言うことに納得してくれたようでした。

仲人型結婚相談所の注意点!親が口出しする婚活は失敗する

でありますから、入会したからには真剣に取り組んでもらいたいのです。ましてや前野愛さんのように、お見合いする男性を母親に選ばせたりしないことです。

お見合い後の「お断わり」「橋渡し」も私たち仲人が全部して差し上げているわけなので、お任せいただきたいのです。

まとめ:仲人との信頼関係が結婚への近道

前野愛さん「打ち解けてね!」彼女は何か「思うところ」があるのか、もちろん入会したばかりで、私になじんでいないように感じます。

ですがもっと打ち解けて何でも話していただきたいと思います。

結婚していった会員さんたちは、おしなべて皆さん「親にも言えない、相談できないこと」を話せた、とか「かゆいところに手が届くように、いい意味の交際管理をしてもらった」から結婚できたと言ってくれます。

仲人との信頼関係が結婚への近道なのです。前野愛さんは、その後どうなったのでしょうか?後編でお伝えします。お楽しみに!

関連記事
お見合い結婚とは?メリットやデメリット、恋愛結婚との違いや幸せになるコツ

このブログ記事を最後までお読みいただきありがとうございます。

あなたは婚活に関心がありますか?あなたの理想の結婚相手を見つけるために、結婚相談所KMAの婚活無料カウンセリングを受けてみませんか?

結婚相談所KMAは、45年以上の実績と経験を持つ、信頼できる結婚相談所です。私たちは、あなたの希望や条件に合ったお相手をご紹介し、お見合いから交際、成婚まで、親身になってサポートします。

婚活無料カウンセリングでは、あなたの婚活の目的や状況、お悩みや不安などをお聞きし、あなたに最適なプランやサービスをご提案します。また、結婚相談所の仕組みや料金、成婚率なども詳しくご説明します。

婚活無料カウンセリングは、オンライン(Zoom)でも対面でも受けることができます。お気軽にお申し込みください。

結婚相談 株式会社KMA

埼玉県さいたま市浦和区にある成婚第一主義の結婚相談所です。
1979年(昭和54年)創業の実績と豊富なノウハウで、お見合いから成婚までを婚活カウンセラーが親身にサポートします。
無料相談やお見合いパーティーなど、さまざまなサービスを提供しています。

アクセス:JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
事業内容:結婚相手紹介サービス・結婚相談所開業支援(会社概要

埼玉の結婚相談所KMAでは、男女別の恋愛・婚活メソッドを 「instagram」で発信しています! 是非チェックしてみてください!

婚活無料カウンセリングのご案内

婚活無料カウンセリングは、あなたの理想のパートナーを見つける方法をご紹介します。ご来店またはオンラインで、結婚・婚活に関する無料相談を受け付けています。

婚活カウンセラーがあなたのご希望や条件に合わせて、最適なプランやサポート方法をご提案します。(要予約)

婚活無料カウンセリングは、完全無料です。費用は一切かかりません。また、マル適マークの結婚相談所 株式会社KMAが行いますので、安心してご相談ください。マル適マークは、結婚相談業界の信頼と実績の証です。

婚活無料カウンセリングは、あなたの幸せな未来の第一歩です。お電話か『無料婚活カウンセリング』(カレンダー予約)ボタンからご予約ください。あなたのご相談をお待ちしております。

無料カウンセリング
お問い合わせ

0120-978-679 年中無休・営業時間 10:00~18:00
ブログ
料金
無料相談
資料請求
ページトップへこのページの先頭へ戻る