結婚相談所を休会した理由とその効果|KMAの成婚エピソード

2019年6月19日

【結婚相談所 成婚ブログ】
結婚相談所に入会しても、仕事やプライベートの事情で婚活を続けられないことがあります。そんな時には、結婚相談所を一時的に休会することができます。

休会制度を利用して、心身のリフレッシュを図ることで、婚活に再び取り組むことができます。

今回は、結婚相談所を休会した理由とその効果について、ご成婚された30代女性会員様のエピソードをご紹介します。

埼玉県さいたま市浦和区の結婚相談所KMAの仲人カウンセラー 清水小百里のブログです。

仕事が忙しくて婚活に時間がとれない

女性会員様は、昨年の1月に入会して、夏頃まで頑張って活動していたのですが、仕事が忙しくなって、婚活に時間がとれなくなりました。

仕事と婚活の両立は、なかなか大変ですよね。

婚活には、お見合いやデートの他にも、プロフィールの更新やメッセージのやりとりなど、さまざまな作業が必要です。それらをこなすには、時間だけでなく、気力や体力も必要です。

女性会員様は、仕事に集中したいという思いと、婚活を諦めたくないという思いの間で、悩んでいました。

婚活する時間がないと悩む女性

結婚相談所の休会制度を利用してリフレッシュ

そんな時に、結婚相談所の担当者から、休会制度のことを教えてもらいました。

結婚相談所では、仕事の都合などで婚活を続けられなくなった時のために活動を休止できる、「休会制度」というものがあるのです。

KMAでは、休会期間中の月会費は『無料』です。休会期間は、自由に設定できます。休会中は、お見合いやデートはもちろん、メッセージのやりとりもできません。

しかし、その分、自分のことに集中できる時間ができます。女性会員様は、この休会制度を利用して、8月から結婚相談所を休会しました。

休会中は、仕事に専念するだけでなく、自分のためにリフレッシュすることもしました。

特に、ダイエット運動に励んで、健康的に痩せて、さらに綺麗になりました。休会期間を有効に使って、心身ともにリセットすることができたのです。

活動再開後に出会った運命の相手

11月の終わりに、女性会員様から「清水さん!充電期間完了しました!」と、心身のリフレッシュが済んだ旨のご連絡をいただきました。

私は、女性会員様のプロフィール写真を撮り直して、12月から『再登録』をして活動を復活させました。

女性会員様は、休会前よりも明るく元気な表情になっていて、ビックリしました。婚活に対する意欲も高まっていました。

年明けに、男性からお申し込みが入り、お見合いをして交際になりました。お相手の男性は、30代の会社員で、優しくて落ち着いている好青年でした。

女性会員様は、男性の人柄や価値観に惹かれて、すぐに意気投合しました。

交際して1カ月くらいたった頃、女性会員様から「今後の交際の進め方のセミナーをしてほしい」とLINEで連絡が入りました。

私は、お仕事帰りに夜な夜な女性2人(女性1人と妖怪1匹)で『婚活作戦会議』をしました。

女性会員様は、毎週デートをしていたそうで、すでに3回目のデートで「プチ・プロポーズ」されていたそうです。

「プチ・プロポーズ」とは、真剣交際の申し込みのことです。女性会員様は、「まだ早い」とお返事を待ってもらっていたそうです。

私は、女性会員様に、どう思っているのか?どうしたいのか?と根掘り葉堀り聞き出しました。女性会員様は、男性との結婚を前向きに考えていました。

私は、女性会員様に、次のデートで、ああして、こうして、こう言って、と細かいアドバイスをしました。

女性会員様は、勇気を出して実行しました。すると、男性との距離が一気に縮まりました。その後、ホワイトデーに「プチ・プロポーズ(真剣交際)」のお申込みを受けました。

さらにここから、ラブラブデートをして将来のことを話し合い、お互いに「よしっ!」となったので、5月末に 『プロポーズ』を受けました。

お互いの親御様へのご挨拶が無事に終わり、めでたく『成婚退会』になりました。

休会制度を上手に使って婚活を成功させたカップル

お二人で相談所へお越しいただいた時に、お相手男性と会話したのですが、すごく優しくて落ち着いている印象がある、好青年でした。

女性会員様も、落ち着いている雰囲気な美人さんなので、雰囲気はピッタリでした。仲人カウンセラーの「おせっかいオバチャン」が一人で浮かれていて、浮いていましたね(笑)。

休会前と休会後のタイミングが重要だった

実は、このお二人の出会いには、驚くべき偶然がありました。女性会員様がすみません、出力が途切れてしまいました。続きを出力します。

女性会員様が『休会』に入る前に、お相手男性が、申し込みしようと思っていたそうです。

しかし、「いざ、お見合い申し込み!」と思ってお見合いシステムを開けたら『休会』になっていて、「あぁ~残念…」と落胆したそうです。

しばらくして、また、お見合いシステムでお相手探しをしていたら「おぉお~!活動再開している~!」と、すぐに申し込みを入れたそうです。

『これぞ!タイミング!』と思ったのでしょうね。

もしかして、休会前にお見合いしていたら、仕事の忙しさで疲れていた女性会員様では、気持ちに余裕が持てなくて、交際をお断りしていたかもしれません。

女性会員様も、ダラダラと『休会』を続けて「もういいや…」と婚活を投げ出さず、むしろ綺麗になって活動を再開したのです。

男性も、他の人と交際中じゃなかったことや、活動を『再会』している彼女を多くの登録会員の中から見つけ出すことができたことも幸いでした。

お互い全てのタイミングが合ったことが出会いにつながり、このご縁が結ばれたのだと思います。

休会制度を上手に使って婚活を成功させる

このように、結婚相談所の休会制度は、婚活に疲れたり、仕事やプライベートの事情で活動ができなくなったりした時に、一時的に休憩することができる便利な制度です。

KMAでは、休会中は、月会費が無料になるので、経済的にも負担が少なくなります。休会期間は、自分のペースに合わせて設定できるので、無理なく婚活を再開できます。

休会制度を上手に使って、心身のリフレッシュを図ることで、婚活に再び取り組むことができます。

休会制度を利用した女性会員様のように、休会後に運命の相手に出会うこともあります。

もちろん、休会制度を使わなくても、婚活を成功させることはできます。しかし、婚活には、長期的な視点と柔軟な対応が必要です。

自分の状況や気持ちに合わせて、休会制度を利用するかどうかを判断することが大切です。

休会制度については、結婚相談所KMAのホームページの「料金プラン:入会後のその他注意事項」をご覧ください。また、結婚・婚活に関する『無料相談』を随時受付しています。(要予約)

この記事を書いた人

清水 小百里:1971年生まれの埼玉県さいたま市(旧大宮市)出身。
結婚相談所 株式会社KMAの取締役を務めるとともに、婚活カウンセラーとして多くの方の結婚をサポートしています。
また、婚活本「結婚したければ選ばれる男になりなさい」の著者でもあります。
私は、結婚相談所の成婚エピソード『成婚ブログ』を通して、結婚に興味がある男女に役立つ情報やヒントをお届けしたいと思っています。

結婚相談 株式会社KMA

埼玉県さいたま市浦和区にある成婚第一主義の結婚相談所です。
1979年(昭和54年)創業の実績と豊富なノウハウで、お見合いから成婚までを婚活カウンセラーが親身にサポートします。
結婚相談所連盟のBIU、NNR、IBJ正規加盟店。
婚活無料相談や婚活セミナー、お見合いパーティーなど、さまざまなサービスを提供しています。

アクセス:JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)と埼大通りを挟んだ向かい側
事業内容:結婚相手紹介サービス・結婚相談所開業支援(会社概要

埼玉の結婚相談所KMAでは、男女別の恋愛・婚活メソッドを 「instagram」で発信しています! 是非チェックしてみてください!

婚活無料カウンセリングのご案内

婚活無料カウンセリングは、あなたの理想のパートナーを見つける方法をご紹介します。ご来店またはオンラインで、結婚・婚活に関する無料相談を受け付けています。

婚活カウンセラーがあなたのご希望や条件に合わせて、最適なプランやサポート方法をご提案します。(要予約)

婚活無料カウンセリングは、完全無料です。費用は一切かかりません。また、マル適マークの結婚相談所 株式会社KMAが行いますので、安心してご相談ください。マル適マークは、結婚相談業界の信頼と実績の証です。

婚活無料カウンセリングは、あなたの幸せな未来の第一歩です。お電話か『無料婚活カウンセリング』(カレンダー予約)ボタンからご予約ください。あなたのご相談をお待ちしております。

無料カウンセリング
お問い合わせ

0120-978-679 年中無休・営業時間 10:00~18:00
ブログ
料金
無料相談
資料請求
ページトップへこのページの先頭へ戻る