結婚相談所を休会しての心身リフレッシュが成婚につながった女性

【結婚相談所 成婚ブログ】

今回、ご成婚された30代女性会員様は、仕事が忙しくなり、婚活をする時間がないことから、結婚相談所を休会することがありました。

 

結婚相談所では、仕事の都合などで婚活を続けられなくなった時のために活動を休止できる、「休会制度」というものがあるのです。

 

結婚相談所を休会した期間をリフレッシュに充てダイエットにも成功し、活動再開後のタイミングがお互いバッチリと合ったことで出会いが生まれ、順調に成婚まで進まれた女性会員様の成婚エピソードをご紹介します。

 

埼玉県さいたま市浦和区の結婚相談所 KMA本部のカウンセラー 清水小百里の仲人ブログです。

 

目 次
  1. 未曾有の事態ではパートナーがいないと不安
  2. 結婚相談所を休会リフレッシュして活動再開
  3. 二人の婚活エピソードやっぱりご縁ってある

 

昨夜の山形県沖を震源とする地震は驚きましたね。ビックリ顔

埼玉の方は普通の地震だったので、千葉か茨城辺りの震源だろうと思っていたら、速報が!

 

新潟県下越で震度6強という事で、2004年の「新潟中越地震」で土砂に巻き込まれた車の中から奇跡的に救助された男の子を思い出しました。

 

朝一番で、新潟の母方の親戚に、電話で安否確認をしましたが、大丈夫との事で安心しました。焦った顔

 

詳しい被害状況はこれからも出てくると思いますが、最小限で収まって欲しいです。

今でも余震が続いているので、気をつけていただきたいです。

 

未曾有の事態ではパートナーがいないと不安

 

不謹慎な話かもしれませんが、東日本大震災などの大きな災害の後に、「もし、身近で震災がおきた時、独りだったら…、と思うと不安になって…」などの理由で結婚相談所に入会される人が増えます。

 

パートナーがいなくて不安な女性

 

確かに、普段からご近所付き合いをしない環境で生活している人が多い中、スマホやコンビニに頼りっきりで生活している人たちは、それが使えなくなった時、独りでパニックになるでしょう。

 

さらに若い女性は、犯罪に巻き込まれないかも心配です。心配顔

 

そういう時に「パートナー」「家族」が側にいてくれると、それだけで安心です。

「守りたいもの」「守らなきゃいけないもの」があるだけで、冷静に正しい判断ができるでしょう。

 

結婚相談所を休会リフレッシュして活動再開

 

30代女性会員様と、お相手の30代男性が『成婚退会』のお手続きに、お二人そろってお見えになりました!

 

女性会員様は、昨年の1月に入会して、夏頃まで頑張って活動していたのですが、仕事が忙しくなって、婚活を続けられなくなったという理由で、8月から『結婚相談所を休会』されました。

 

結婚相談所には「休会」という「制度」があります。仕事と婚活の両立が難しく、心身ともに疲れてしまった時には休むという選択も必要です。それはその先の婚活を充実させるために必要な「充電期間」だと思ってください。

 

【KMAの休会制度】
ご都合で活動が続けられない時などは、月単位で休会を承ります。(交際中の休会はできません)休会期間中の月会費は『無料』です。

 

11月の終わりに「清水さん!充電期間完了しました!」と、心身のリフレッシュが済んだ旨のご連絡をいただいたので、プロフィール写真を撮り直して、12月から『再登録』をして活動を復活しました。

 

婚活休会の間は、リフレッシュ方法としてダイエット運動をしたことで、健康的に痩せて、さらに綺麗になっていたのでビックリ!ビックリ顔

 

年明けに、男性会員様からお申し込みが入り、お見合いをして交際になりました。

 

交際して1カ月くらいたった頃、女性会員様から「今後の交際の進め方のセミナーをして欲しい」とLINEで連絡が入り、お仕事帰りに夜な夜な女性2人(女性1人と妖怪1匹)で『婚活作戦会議』をしました。

 

毎週デートをしていたそうで、すでに3回目のデートで「プチ・プロポーズ」されていたそうです!

 

「まだ早い」とお返事を待ってもらっていたそうです。

(これは早急に何とかせねば!)

 

女性会員様に、どう思っているのか?どうしたいのか?と根掘り葉堀り聞き出したら、女性会員様も成婚に向けて前向きでした。

 

じゃあ、次のデートで、ああして、こうして、こう言って、と細かいアドバイスをしました。

 

勇気を出して実行したら、急接近できたのです!嬉し顔

 

その後、ホワイトデーに「プチ・プロポーズ(真剣交際)」のお申込みを受けました。

 

さらにここから、ラブラブデートをして将来のことを話し合い、お互いに「よしっ!」となったので、5月末に『プロポーズ』を受けました。

 

お互いの親御様へのご挨拶が無事に終わり、めでたく『成婚退会』になりました。めでたいハートマーク

 

成婚カップルのツーショット写真

 

お二人で相談所へお越しいただいた時に、お相手男性と会話したのですが、すごく優しくて落ち着いている印象がある、好青年!

 

女性会員様も、落ち着いている雰囲気な美人さんなので、雰囲気はピッタリ。

 

仲人カウンセラーの「おせっかいオバチャン」が一人で浮かれていて、浮いていましたね(笑)。

 

関連記事

 

二人の婚活エピソードやっぱりご縁ってある

 

実は、女性会員様が『休会』に入る前にお相手男性が、申し込みしようと思っていたそうで、「いざ、お見合い申し込み!」と思ってお見合いシステムを開けたら『休会』になっていて、「あぁ~残念…」と落胆したそうです。

 

しばらくして、また、お見合いシステムでお相手探しをしていたら「おぉお~!活動再開している~!」と、すぐに申し込みを入れたそうです。

 

『これぞ!タイミング!』

 

もしかして、休会前にお見合いしていたら、仕事の忙しさで疲れていた女性会員様では、気持ちに余裕が持てなくて、交際をお断りしていたかもしれません。

 

女性会員様も、ダラダラと『休会』を続けて「もういいや…」と婚活を投げ出さず、むしろ綺麗になって活動を再開したし!

 

男性も、他の人と交際中じゃなかったことや、活動を『再会』している彼女を多くの登録会員の中から見つけ出すことができたことも幸いでした。

 

お互い全てのタイミングが合ったことが出会いにつながり、このご縁が結ばれたのだと思います。縁結び

 

また、すごく真面目できちんとしているカップルで、すでに結婚までのスケージュールが決まっていて、「ご両家の顔合わせ」の日時、会場や、結婚式場の予約まで済ませていました。

 

結婚までの計画性があって非常に素晴らしい!

 

この男性なら、一生『うちの娘』を守り抜いてくれるでしょう!

 

お幸せに~応援ハートマーク
 

 

この記事を書いた人

埼玉県さいたま市で生まれ育った仲人カウンセラー清水 小百里です。男のしくじりをおせっかいオバチャンがビシッと指摘!結婚したければ選ばれる男になりなさいを出版。お見合い・交際に役立つ婚活情報をブログに公開しています。

 

結婚相談所 成婚ブログ

 

 

結婚相談所KMA

お相手探しは仲人選びから

 

埼玉県さいたま市の結婚相談所

創業43年の婚活ノウハウで成婚まで親身で着実なサポート

 

営業時間:10001800(年中無休)

お電話フリーアクセス:0120-978-679

メール:info@kma-h.co.jp

 

《結婚・婚活に関する「無料相談」を随時受付しています》(要予約)

 

 

 

 

ご相談方法は「対面相談・オンライン面談」いずれも可能です

 

【ホームページ】

 

【ご案内】

 

≫≫ページトップへ戻る

 

 

関東婚活支援協会 結婚相談 KMA本部
登録商標第6203560号
Kanto Marriage support Association

アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F

Facebookページはこちら
http://bit.ly/2d2iWLZ