結婚式の披露宴に招かれても仲人は原則出席しないという不文律

お見合い結婚体験談

 

【あらすじ】
彼女と二人の作戦会議で、再度、彼女の彼に対する気持ちを確認した。私は、少し荒っぽい方法と思ったが、“彼を家にあげて二人の真剣さ、決意の固さを見せる”という提案をした。

 

途端に彼女は「それでいきます!」とこの提案に飛びついた。その場で、彼に電話して相談室に呼んだ。二人は私の相談室を出て彼女の家に向かった。

 

前号・第9回の記事≫≫ 運命の人と出会い結婚!結婚相談所がいいのかもしれないと思う の続き

 

第10回 二人は華燭の典をあげる

 

目 次
  1. 「お母様と対決する勇気ありますか」とアドバイス
  2. 二人は固まったようにしばらく見つめあった

 

《20代女性会員のプロフィール》
 

【上野 美和(仮名)淑徳大学大学院 修士課程 修了・29歳・会社員・さいたま市(旧浦和市)在住】

 

《お見合い相手の男性》

 

【伊能 隆(仮名)埼玉大学大学院 博士課程 修了・35歳・会社員(研究所勤務)・さいたま市(旧大宮市)在住】
 

【妻は仲人名人】

 

昭和から平成の時代にわたり、“仲人おばさん”としての経験を備忘録としてノートに書き留めていました。今は息子の嫁が仲人を継いでいますが、少し時間ができましたので、時代はとびとびになりますが、創業者が当時を思い出すままブログに書きます。

 

仲人名人の埼玉新聞記事
 
 

お見合いブログ 一覧に戻る

 

「お母様と対決する勇気ありますか」とアドバイス

 

美和の二人目のお見合い相手を帰してから、二人の作戦会議が始まった。彼女は未知の世界をのぞき込むかのように顔をこわばらせていた。膝に置いた左右の手もこぶしになっていた。

 

仲人と二人で作戦会議

 

伊能隆が一日も彼女を忘れたことない、とそのまま伝えただけで頬に涙をこぼした顔も今は緊張している。

 

「美和さん、あんまり緊張しないで。あのね、お母様とてあなたの幸せを願っているだけなのよ。できればあなたの希望を聞いてあげたいと思っておられるわ」

 

「そうでしょうか」

 

「そうですとも、ただ美和さんには男性を見る眼がない、いいえまだ子供だと思っておられるのよ。将来を決める大事な出会いで一生を台無しにしたくないだけ」

 

「そんな節もあります。まるで信用してない。でも私、母に逆らったことない。いつも結果は母が正しいんです、いつも」

 

「さあて、どうしますか。もう一度確認しますが、彼をあきらめられないのね」

 

彼女はそれを言われただけで、ものも言えず涙ぐみ、こっくりするだけだった。

 

「そうしたら、それをお母様に分かっていただく努力をすることよ。手段はいろいろあるわ」

 

たとえば、少し荒っぽいけれど家に彼をあげて二人で決意の固さを見せる。という提案をした途端に、彼女は、

 

「それでいきます!」

 

と言下に言った。この子大胆!とばかりに私はびっくりして彼女を見た。本当にやりそうな真剣なまなざしだ。私はその場で伊能隆に電話をした。彼は待っていたかのように自分で電話に出た。

 

「いまね、美和さんここにいらっしゃるの」

 

というと、口が重くなくてもびっくりしてモノが言えない状態になると思うのに、彼は

 

「本当ですか!」

 

と、どもらずにすんなり応えた。

 

二人は固まったようにしばらく見つめあった

 

彼が玄関から入り、すぐの応接間に入った時の二人の表情は、もう20数年経った今でも忘れない。

 

二人は固まったようにしばらく見つめあった。私はお茶の用意などそっちのけで二人を見比べた。彼女はすでに涙が止めどなく流れているし、彼も一瞬声をたてて涙を流した。

 

すると彼女は、

 

「ごめんなさい…」

 

心配かけてとばかりに、泣き顔のままゆっくり歩み寄り、彼の胸に顔を持っていった。

 

彼は彼女の両肩に両手をそっと置いた。彼の口は「ありがとう…」と言ったように見えた。

 

成婚の手続きで来社したカップル

 

二人は、私の相談室を出て彼女の家に向かったのは言うまでもない。

 

「二人の真剣さには参りましたよ。あんなに人を好きになれるものなんでしょうかねえ。うらやましく思いました」

 

翌日の午後、美和の母親からの電話であった。

 

しばらくして二人は華燭の典(結婚式)をあげた。私も披露宴に招かれたが、仲人は原則出席しないという不文律もあり欠席した。

 

その後、女の子を一人もうけて、しばらくはその女の子の成長ごとの写真を絵葉書にして送ってくれた。途中の手紙で、「うちのひと、どもりがすっかり治っているんです、いつの間にか。先生、あれは何だったんでしょうね」

 

二人は一人娘の成人式まで記録を送ってくれた。その後は年賀状だけになった。

 

(この項、完)

 

≫≫ページトップへ戻る

 

 

関連記事

 

 

《結婚・婚活に関する「無料相談」を随時受付しています》(要予約)

 

まずは、あなたと仲人カウンセラーとの恋愛感や、結婚感、相性が合うかどうかを確認してみてはいかがでしょうか。

ぜひ、結婚相談所の「無料相談」を体験してみてください。ご来店お待ちしております。

 

【ご相談】はこちら≫ お問い合わせ(WEB来店予約・資料請求)

 

【お電話フリーアクセス】≫ 0120-978-679

 

【会社案内】≫ 会社概要・アクセス

 

 

関東婚活支援協会 結婚相談 KMA本部
登録商標第6203560号
Kanto Marriage support Association

アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F
TEL 048-824-4756
営業時間 10:00~18:00
定休日 年中無休

Facebookページはこちら
http://bit.ly/2d2iWLZ