婚活サイトのトラブル!マッチングアプリ体験談女性の悲しい現実

【婚活サイトトラブル情報】

無料カウンセリングに来た20代女性から「婚活サイトで出会った男性と長年付き合って別れた」と悩みを打ち明けられました。

 

詳しく話をカウンセリングしていくと、ネット婚活のトラブルに遭っていたようです。そんな20代女性の「婚活サイト マッチングアプリ体験談」をご紹介します。

 

今週、令和元年最初に開催された、KMA定例研修会のパネルディスカッションでは、スマホで気軽に結婚相手を探せる「婚活サイト」と言われるネット系婚活サービス、「恋活・婚活アプリのトラブル」をテーマとしました。

 

よくある婚活サイト トラブルを紹介しながら、それぞれについての解決法や防止策について仲人の皆さんと討論しましたので、一部内容をご紹介します。

 

埼玉県さいたま市浦和の結婚相談所、仲人カウンセラー清水小百里のブログです。

 

目 次
  1. 婚活サイトマッチングアプリでトラブル経験
  2. 無料カウンセリングで悩みを打ち明ける女性
  3. 婚活サイトで出会った人と交際スタート
  4. 婚活サイトで出会った人との悲しい現実
  5. 婚活サイトで既婚者を見抜くポイントのまとめ
    1. 結婚相談所のシステムは既婚者が紛れ込めない

 

婚活サイトマッチングアプリでトラブル経験

 

  2019年(令和元年)59日(木曜日)の読売新聞・朝刊【くらし 家庭】に、『恋活・婚活アプリ 半数がトラブル経験 実物と違う写真 、性行為目的』という記事が載っていました 。

 

読売新聞 恋活・婚活アプリのトラブル記事

 

かなりショッキングな「新聞見出し」ですね!ショッキングな表情

 

記事によると、スマホを使って恋人や結婚相手を探せる婚活サイトの「マッチング サービス・アプリ」の利用経験者の約半数にトラブル経験があると、MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)が発表しています。

 

今年3月、スマートフォンを所有する、20歳~49歳までの男女1万人にアンケートを実施し、そのうち婚活サイトの「マッチングアプリ」利用して実際に異性と出会ったことのある、男女800人から回答を得た結果、

 

「出会った後は何もない」…女性48  男性38%

 

「付き合ったけど別れた」「今も付き合っている」「友達付き合いをしている」と続き、

 

「結婚した」…男性5  女性2% という結果でした。

 

成婚率はかなり低いですが「そうだろうなぁ」というアンケート結果です。

 

男女とも5割前後が『見た目が写真と違う』というトラブルに遭遇したそうです。

 

お写真は「写メ」ですからね!

 

すごい加工をするでしょうね(笑)。時空が歪んでいる方もいますし…。呆れた表情

 

そしてここからが問題!

 

「相手が恋活、婚活目的ではなく、性行為目的だった」

 

…女性42% と半数近くがそうであったというから、女性からするとすごく怖い!疑いの表情

 

…男性12% も相手の女性が性行為目的だったと言っています。

 

これも怖い!高収入(エリート)の男性とマッチングを狙い、恋愛での「既成事実」を作って、金銭を要求したり、結婚を迫ってきたりする女性もいますので、要注意です!!!絶望した表情

 

無料カウンセリングで悩みを打ち明ける女性

 

3年くらい前の話ですが、20代後半の女性が「無料相談・カウンセリング」を予約されてご来店されました。

 

彼女との面談を開始して、結婚相談所の婚活システムについての説明をしていくうちに、打ち解けて親しく話すようになり、信頼していただけたのでしょう。

 

過去の恋愛話になり、『5年付き合った男と別れた』と、彼女が悩みを打ち明ける気持ちになったようです。

 

恋活・婚活アプリで半数がトラブル経験

 

婚活サイトで出会った人と交際スタート

 

大学を卒業して就職した会社には、年上の既婚者ばかりで、恋愛対象になるような年齢の結婚相手はいなかった。

 

恋人を見つけるために、「合コン」に参加したけど、軽そうな人ばかりで「遊ばれるな」と思いやめた。

 

それではネットで婚活サービスを探してみようと思い、とある婚活サイトに登録して、マッチングアプリで「ネット婚活」を始めた。

 

男性会員の情報を見ていたら、好きな顔のタイプの人がいて、プロフィールを見たら趣味も合うから連絡を取るようになった。

 

年齢は、7歳年上だったけど、若々しかった。

 

1カ月くらいメールでやり取りをしたけど、返信してくる文章もしっかりしていて、常識もあって、優しくて信用できそうだから会うことに。

 

出会って、すぐに意気投合して交際がスタート。

 

何回かは外でデートしていたけど、私(女性)が一人暮らしだったので、そのうちアパートに来るように。

 

週に12回くらい、仕事帰りにアパートに寄る彼と一緒に夕飯を食べてくつろぎ、そして終電で帰って行く。

 

週末は、休日出勤や、接待ゴルフなどで月1回くらいしか会えなかった。

 

婚活サイトで出会った人との悲しい現実

 

もう、この時点で私は、「ん?」と思いましたが、“騙されてる”と決め付けてはいけないと思い、彼女にいくつか質問をしました。

 

  • 仲人:「その婚活サイトは身分証明書や独身証明書を提示するのか?」 
  • 彼女:「しないです、自己申告(自己入力)」 
  • 仲人:「彼の家(アパート)には行ったことあるか?」 
  • 彼女:「(彼は地方出身)妹もこっちに出て来ていて、妹と一緒に住んでいるから他人は呼んだことがないと言われた」 
  • 仲人:「交際していた5年間、ゴールデンウィーク、お盆、年末年始は、何処か旅行しに行ったりしたの?」 
  • 彼女:「まとまった休みの時は、ご両親が出てきたり、会社の同僚や大学の友達と海外に行ったりしている」

 

などと、話をしているうちに彼女も「やっぱりおかしいですよね?」「なんかおかしいと思ったんだよなぁ~」「もっと早く気が付けばよかった!」と後悔していました。諦めの表情

 

でも、妻子持ちの男に、お金を騙し取られたり、妊娠させられたりしなかったし、彼女から、別れを切り出したのがせめてもの救いでした。

 

残念ながら彼女は結婚相談所には入会されず、その後、アポイントメールの連絡も取っていませんが、何処かで幸せになってくれていることを祈ります。優しい表情

 

関連記事

 

婚活サイトで既婚者を見抜くポイントのまとめ

 

婚活サイトには独身を装った既婚男性が紛れ込んでいる場合があります。自分の交際相手に騙されないためには既婚者かどうか見抜く必要があります。

 

  • 独身証明書を見せてもらう
  • いつも忙しそうにしている
  • 自宅の住所を教えてくれない
  • 土日や祝日に会えない
  • SNSをチェックする

 

婚活サイトで思わぬトラブルに巻き込まれないように既婚男性を見抜くポイントを押さえておきましょう。

 

結婚相談所のシステムは既婚者が紛れ込めない

 

結婚相談所では、独身証明書、住民票、身分証明書などの公的書類の提出が必須なので、会員に既婚者が紛れ込むような婚活トラブルはありません。

 

冒頭の新聞記事の「アンケート結果」にあったように「婚活サイト」「写真と見た目が違う」というトラブルがありましたが、こちらのケースは、結婚相談所のお見合いのクレーム・メッセージとして仲人の耳に入ることもゼロではありません。

 

しかし、ほとんどの仲人は「極端に本人と違う」という、プロフィール写真は登録を受け付けないことが多いです。

 

お見合いが成立した場合に、お見合い料を支払うシステムの結婚相談所が多いので、その場合はトラブルになることが分かっていますからね。

 

 

関連記事

 

 

この記事を書いた人≫≫ 清水小百里 仲人プロフィール

 

≫≫ページトップへ戻る

 
 

《結婚・婚活に関する「無料相談」を随時受付しています》(要予約)

 

まずは、あなたと仲人カウンセラーとの恋愛感や、結婚感、相性が合うかどうかを確認してみてはいかがでしょうか。

ぜひ、結婚相談所の「無料相談」を体験してみてください。ご来店お待ちしております。

 

【ご相談】はこちら≫ お問い合わせ(WEB来店予約・資料請求)

 

【お電話フリーアクセス】≫ 0120-978-679

 

 

結婚相談所 株式会社KMA

アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F

TEL 048-824-4756
営業時間 10:00~18:00
定休日 年中無休

Facebookページはこちら
http://bit.ly/2d2iWLZ