彼女にはわかってもらえると思って本音を…僕の結婚相談所体験談

お見合いでは相手の話に共感・関心を示して自分の意志を伝える会話力が必要とアドバイスする、埼玉(浦和・大宮)で婚活事業を展開する結婚相談所、株式会社KMAです。

 

前号・第6回の記事≫≫ 私、異性としての男性はダメなんです!僕の結婚相談所体験談 の続き

 

【黒田竜城(仮名)43歳・工業高卒・会社員/535万円・166cm70kg・志木市在住、両親同居、姉46歳(既婚別居)1名】

 

7

入会した結婚相談所の仲人カウンセラーに婚活体験記を書けと言われたが、作文はどちらかというと苦手である。しかし結婚相談所の入会も初めてだし、これを機会になんでも経験してみようと思い承諾した。どうなるかわからない。

 

《ほんとうは気の弱い男、強いのは名前だけ…》

 

【杉並区在住・42歳・初婚・高卒後専門卒・看護師・165cm59kg・長女】

 

二人は新宿の京王プラザホテルの「樹林」という喫茶室にいた。お見合い相手の看護師の田辺ミカさんとしゃべっていた。

 

「ところでミカってどう書くんですか?」

 

と質問した。

 

「美しいミと、カは人べんに加えるです」

 

「ああ、きれいな名前ですね」

 

「黒田さんの下のお名前は?」

 

「タツキです、りゅうの竜に、キはお城の城です」

 

「黒田竜城さん…強い武将のようですね」

 

彼女は大げさに(と思うが)眼を輝かせた。

 

強いのは名前だけで「ほんとうは刀も抜けない気の弱い男なんです」という言葉を呑み込んだ。

言ってしまうと自分がみじめに思えてくると思ったからである。

 

でもけっきょく、彼女にはわかってもらえると思って、本音を言い始めた。

 

お見合いで本音を話す男性

 

「それが駄目なんです…」

 

と言ってみた。

 

「えっ何がですか?」

 

「女性にものをいうと、反発が怖いんです。有形無形のと言うか、その」

 

「わかります!私にはわかる気がします」

 

《自分をいいと言ってくれれば、誰でもいい…》

 

本当?と僕は思った。彼女は続けた。

 

「少し異性を意識しますと、なにか舞い上がると言いますか、期待が大きくなるからなのか、ほんとうに思っていないことを口走ると言いますか‥」

 

「そうですね、やや同じ感じですね、ただ自分の場合は、美伽さんと違って特にオトコとしての魅力を持ち合わせていない、のではないかと、自信のなさが加わってくるようで」

 

「そんなことありません!」

 

彼女は、僕の言葉をさえぎるように、とつぜん声のトーンを上げたので、思わず周囲を意識した。叱咤激励なのだが、自分はその時「叱られた」と思った。

 

「ごめんなさい、声が大きくなりました、でも竜城さんは、じゅうぶん男性としての魅力を感じます」

 

竜城と言ったか。まあ自分も「美伽さん」と、言ってしまっていたのだが。男性としての魅力?美伽さんは本当のことを言っているのだろうか?はなはだ疑問ではあったが、正直言って、自分の場合は、相手が自分をいいと言ってくれれば、誰でもいいと思っている。言葉にしてしまえば「悲しいひびき」だが、やむを得ない。

 

「いま思うのですが」

 

と彼女は前置きして、

 

「百人百様ですから、誰が誰を好きになるのかわかりませんからね」

 

僕は胸のうちで「蓼(たで)食う虫も好き好き」ということを浮かべたが、言葉にしなかった。

 

「新宿、歩いてみませんか?」

 

とつぜん彼女は提案した。僕は一も二もなくうなずいていた。

 

次号・第8回の記事≫≫ 婚活マニュアルどおりやれば間違いない!僕の結婚相談所体験談 につづく

 

 

全国結婚情報サービス協会 結婚相談 KMA本部

TEL 048-824-4756

アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分

埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい

住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F

営業時間 10:00~18:00

定休日 年中無休

Facebookページはこちら

http://bit.ly/2d2iWLZ