生涯初めてのお見合い!まばゆくて照れくさい|僕の婚活体験記

お相手からの好感度がアップするチェックポイントをセミナーで学んでから、「お見合い」に臨める、埼玉県さいたま市浦和の結婚相談所、株式会社KMAです。

 

【井上善太(仮名)38歳・埼玉大院修了・研究所勤務・171cm65kg・上尾市在住、両親同居、妹、弟各1名】

 

6

入会した結婚相談所の仲人カウンセラーに婚活体験記を書いたらと言われ、書いてみるつもりになった。思索が深められると思ったし、この先この結婚相談所で結婚できたら記録になるかな、という軽い気持ちもあって承諾した。

 

《お見合いが恋人同士の光景に見える?面はゆい!》

 

僕の結婚相談所での、というより生れて初めてのお見合い相手は「田島美玖」さんである。目の前にいる。34歳、大卒、会社員、154cm49kg現住所は川口市、とある。可愛い系である。

私たちは、川口駅西口すぐの「リリア」をいうイベントホールの一階の喫茶店にいた。

 

そうこうしているうちに、有名演歌歌手のイベントが終わったのか、長い休憩に入ったらしく、観客がぞくぞくと喫茶室になだれ込んできた。一分もたたずに席が埋まった。

 

おおむね年配の女性だが、体重を持て余すのか、背もたれが折れそうになるくらいに身体を投げ出したり、腰かけているのに杖を離さないで、重ね合わせた両手に顎を載せていたりする女性もいる。

 

一応に興奮冷めやらず、上気してしゃべり始めたから、私たちの話し声がお互い聞き取りにくくなった。

 

私たちは上体を傾けながらしゃべることになる。僕はまわりが騒々しくなったことで、なんだか安心できた。田島さんとの会話で、こちらが言いよどんでも【そのせい】にできたから、だと思う。

 

僕は自分たち二人のことを客観的に眺めてみた。おそらく親密で、気の置けない恋人同士に見えるに違いない。

 

恋人同士でコーヒータイム

 

僕はこういう光景をかつて、いや現在も夢みていたような気がする。駅や、公園などあらゆる場所で、男女二人を見ると、ドラマや映画などの恋人同士の場面と同じく見えて、自分には現実感のないこととして、つい目をそらしていた気がする。今は面はゆい。

 

しかし、それは外見的なことで、実際、私たちの会話は恋人同士のようであろうか?いや、きょうはまだいいか。初めて会ったのだし。などと考えていると、

 

「井上さん、ふだん、お休みはどうしています?こういう質問は雑駁ですが」

 

ざっぱく、ふむ。

 

《お休みはなにをなさっていますか?と僕も》

 

「いあや、なにをしているんでしょう。研究所での仕事の延長で、調べものをするとか、そのために近くの図書館へ行くのもそのひとつですね」

 

かたいなあ。

 

「みくさん、でいいんでしょうか」

 

田島さんは顎を引いてほほえんだ。

 

「いいと思います、あまりにも突然の下の名前ですが」

 

そう言って声を出して笑ったように思える。それが満員の、後ろの女性たちの奇声でかき消されたからだ。僕にはそんなことより、恋愛に馴れていないことを相手に露呈してしまったことを恥じた。「ご質問は?」と田島さんはあくまでも優しい。

 

「あの、お休みは何をなさっていますか?」

 

僕は彼女の質間をオウム返しに言っただけであった。しかし、彼女はきちんとこたえてくれた。

 

「私、家にじっとしているのが嫌いで、なにかというと、博物館や美術館に行ったりしています」

 

「そうですか、なにかうらやましいです」

 

と僕は正直に言った。

 

「井上さん、北浦和でしたか?おうち、先週、行きました」

 

僕が答えないうちに、彼女は言った。

 

「あっ県立近代美術館ですか?北浦和公園にある。いまピカソやっていましたっけ?」

 

「そうなんです。久しぶりにあそこに来たんです」

 

そうとう造詣が深いようだ。

(以下次号)

 

前号・第5回の記事≫≫ 結婚相談所での活動は半年勝負、がんばる!僕の婚活体験記

 

 

全国結婚情報サービス協会 結婚相談 KMA本部

TEL 048-824-4756
アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F
営業時間 10:00~18:00
定休日 年中無休

Facebookページはこちら
http://bit.ly/2d2iWLZ