結婚相談所での活動は半年勝負、がんばる!僕の婚活体験記

入会手続き後の時間を使い、「お見合いのお申し込み方」から「お見合いの注意事項」までのレクチャーを受けて婚活をスタートする、埼玉県さいたま市浦和の結婚相談所 株式会社KMAです。

 

前号・第4回の記事≫≫ 婚活は、この結婚相談所を最後の砦にする!僕の婚活体験記 の続き

 

【井上善太(仮名)38歳・埼玉大院修了・研究所勤務・171cm65kg・上尾市在住、両親同居、妹、弟各1名】

 

5

入会した結婚相談所の仲人カウンセラーに婚活体験記を書いたらと言われ、書いてみるつもりになった。思索が深められると思ったし、この先この結婚相談所で結婚できたら記録になるかな、という軽い気持ちもあって承諾した。

 

《お見合い!苦手の虫、ドキドキしてきた!!》

 

結婚相談所で、仲人カウンセラーから「入会心得」などを一通りレクチャーされたので、いざ、お見合いの日程が決まると、オンナに対する苦手意識が胸中に湧いてきて、ドキドキしてしまう。

 

お見合いの相手は「田島さん」といった。34歳、大卒、会社員、154cm49kg、現住所は川口市、とある。可愛い系である。

 

指定された川口駅西口の「リリア」をいうイベントホールの一階にある喫茶店へ入った。

待ち合わせの時間の午後2時までには10分あった。片側が全面ガラスで、通りが丸見えであった。

 

有名演歌歌手のイベントがあるらしく、ざわざわした感じであったが、観客が大ホールに吸収されているらしく、喫茶店内は静かで客はまばらであった。

僕はレジ近くの、店内を全貌出来る二人掛けの席についた。

 

すると、一番奥まった4人掛けのソファーに「田島さん」らしい女性がこちらを見ている。

彼女は僕を見て「あっ」と口を開けたようだった。

僕も同じだったと思う。

 

コーヒーを飲みながら会話する男女

 

頼んだコーヒーが来たので、ついでに奥のテーブルまで運んでもらった。僕が掛けると、

 

「初めまして、田島です」

 

と彼女のほうから口を開いた。

 

「初めまして井上善太です」

 

「あっ善悪の善ですか?」

 

「そうです、それに太いと書きます」

 

「善太さん、可愛いい…」

 

と田島さん。僕が「あのう‥」というと

 

「私の名前ですか?」

 

「はい」

 

「美玖と言います。美しいに、王へんに久しいと書きます」

 

「田島美玖さん、ああ‥」

 

《「川口の【たたら祭り】知ってます!…」》

 

僕は「可愛い!」というべきだったのに言葉が出ない。田島さんはそういう僕をなにか慈悲深い眼差しでみて少しほほ笑んだ。僕には、田島さんが可愛くてまぶしく見える。

 

「地元ですか?」

 

僕は唐突に、出かける前からわかっていることを質問した。

 

「はい、この東口なんです」

 

「駅のあっちがし、ですね」

 

「そうです、川口は来ますか?」

 

僕はその質問にはなぜか答えず、

 

「たたら祭りは知ってます」

 

「そうですか、あれ真夏にあるんです。小さい頃家族でよく行きました。今行かなくなりましたね」

 

田島さんは、なにかしみじみといった感じで言った。

 

「僕も子供のころ川口の友だちにさそわれて、来たことがあります。オートレース場周辺でしょ?」

 

「そうです、母から綿菓子を買ってもらった記憶があります、それだけですね」

 

と田島さん。

 

次号・第6回の記事≫≫ 生涯初めてのお見合い!まばゆくて照れくさい|僕の婚活体験記 につづく

 

 

全国結婚情報サービス協会 結婚相談 KMA本部

TEL 048-824-4756
アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F
営業時間 10:00~18:00
定休日 年中無休

Facebookページはこちら
http://bit.ly/2d2iWLZ