お見合い身内話をする女性は自分に気がある?婚活体験談30代男性

【婚活体験談 あらすじ】

今日、お見合いしている女性とは、話下手のはずの自分だが、会話がけっこう弾んでいる。お見合い相手によってずいぶん違うものだ、と思った。

 

そんな時、交際に入っているわけでもないのに、彼女は家族の話を始める。自分の大切な家族というプライベートな話をする彼女の心理は、僕に対して心を許しているサインと考えていいのか…。

 

1979年の創業より、埼玉県さいたま市で“成婚にこだわった”婚活サービスを続けている、株式会社KMA結婚相談所体験談ブログです。

 

前号・第9回の記事≫≫ お見合いお断りのショックなこと忘れる出会い!婚活体験談30代 の続き

 

目 次
  1. お見合い初対面なのに話しやすい女性
  2. お見合いで家族の話をする女性に出会う
  3. プライベートを話す女性心理は脈ありか?

 

10

入会した結婚相談所の仲人 カウンセラーに婚活体験記を書けと言われ、学校も職場も機械いじりばかりで、作文は書いたことがないが、この際経験してみようと思い承諾した。先はどうなるかわからない。

 

【矢橋達也(仮名)32歳・高卒・会社員・169cm65kg・さいたま市在住・両親同居・妹1名】

 

お見合い初対面なのに話しやすい女性

 

品川グースのホテルラウンジカフェで二人目のお見合い相手、山内さんと会っている。

 

話下手のはずの僕が、結構しゃべっている。お見合い相手によってずいぶん違うものだ、と思った。「おきゃん」というには控えめだが、会話を引き出してくれる。

 

たが少し会話が途切れる一瞬だがうつむき、真顔になると寂しげに見える。憂いを含んだ顔になり、ドラマのヒロインにみえてくる。

 

「私、きょうはいつもより、気分がとてもハイになってるんです。初めてのお見合い、ということだからでしょうか」

 

「そうだと思いますが、僕は逆にそうなれない自分がつまらないと思っています」

 

僕は本当に「つまらない」と自分で思う。そう言って彼女の顔を見た。

 

お見合いで家族の話をする女性に出会う

 

「私、結婚って何だろうって思うんです」

 

彼女がとつぜん切り出した。話題が変わって、テーマが大きくなった。

 

「うちには、おばあちゃんがいて、両親がいて、妹がいて、最近までおじいちゃんが生きていて、そうやって営々と人生を家族で歩んでいる」

 

僕は、彼女の次の言葉を待った。すると、今度は彼女の顔がすこしゆるんで、いま言ったことを打ち消すように、両腕を胸の前で交差させて言った。

 

「ごめんなさいほんとうにごめんなさい、お見合いの席なのに身内の話なんかをしゃべっちゃって」

 

「いいんです、逆にうれしいです。初めて会った女性からプライベートな話をいろいろ聞けて」

 

と自分はこんなことを切り返すなど、今までできなかったと思う。今日はなにかまとまった会話になっているのだ。うれしさがこみあげてくる。

 

「やればできるじゃないか!」

 

と僕は、思わず膝の上で拳を握った。

 

「ありがとうございます」と山内さんは素直だ。そう言えば、さっきから彼女は「ごめんなさい」とか「ありがとう」とか、謝罪や感謝の言葉を率直に述べる。

 

「オレはそのたぐいの言葉は素直に言えない」と僕はあらためて思った。僕はそういう意味でも彼女がけなげで可愛い、と思えてくる。

 

プライベートを話す女性心理は脈ありか?

 

「去年、祖父が亡くなってすぐに祖母が『若い頃はこんなに尽くしているのに、男は家庭をそっちのけに勝手に浮気をして年取ると勝手に女房に頼ってくる、そう思ったけど、それが人生なんだと、自分に言い聞かせてるよ。だけど今は幸せ』って言うんです」

 

彼女の身内話は止まない。

 

「それを聞いて、両親も何やら子供には直接言いませんが、似たようことがあるようですし、女の幸せって、そんなに生きてみなければ来ないのか、とホントに思ってしまって」

 

「そんなに年取らなくても、幸せは来るんじゃないでしょうか」

 

また言った。これまで32年間の人生で、こんなこと言えたのは今日が初めてだ。

 

「そうなんでしょうか?私、中学の頃、大人の人にいじめられて、それ以来男性を好きになったことないんです」

 

彼女は顔を曇らせた。泣きそうだ。「えっ、それって?」と僕はロに出しそうになったが、どうにかこらえた。

 

僕はとつぜん目の奥から、次から次へと涙が海にようにあふれてきて、頬に流れるのを止められなかった。僕は流れるままにするしかなかった。

 

それを見た山内さんは、まるで慈愛に満ちた母親のように僕を見たように思えた。僕はその顔の美しさに感動した。彼女のとなりに掛けていたら、僕は抱きすくめていただろう。

 

すると彼女の頬に、やはり涙があふれ出してきた。

 

お見合い相手の頬に涙が溢れる

 

僕は顔をくしやくしやにしながら、彼女を幸せにできるかもしれないと思った。そのとき「僕と結婚してみませんか?」という言葉が湧いたが、からくもこらえた。

 

すると、結婚相談所の仲人カウンセラーの声が聞こえてくるようだった。

 

「なに言ってるの、今日はお見合いの日よ」

 

(この項完了)

 

≫≫ページトップへ戻る

 

 

関連記事

 

 

《結婚・婚活に関する「無料相談」を随時受付しています》(要予約)

 

まずは、あなたと仲人カウンセラーとの恋愛感や、結婚感、相性が合うかどうかを確認してみてはいかがでしょうか。

ぜひ、結婚相談所の「無料相談」を体験してみてください。(オンライン相談可)ご来店お待ちしております。

 

お家で簡単オンライン無料相談

 

【ご相談】はこちら≫ お問い合わせ(WEB来店予約・資料請求)

 

【お電話フリーアクセス】≫ 0120-978-679

 

【会社案内】≫ 会社概要・アクセス

 

 
関東婚活支援協会 結婚相談 KMA本部
登録商標第6203560号
Kanto Marriage support Association

アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F

営業時間 10:00~18:00
定休日 年中無休
Facebookページはこちら
http://bit.ly/2d2iWLZ