埼玉の結婚相談所に入会!40代年貢の納め時か?僕の婚活体験記

【アラフォー婚活体験記 あらすじ】
会社の後輩が結婚したという結婚相談所へ後輩に同席してもらい説明を受けに行った。なるほどこの婚活システムなら結婚できるかもしれないと思った。

 

後輩の地元浦和で創業39年になるという。これと言って悪いうわさなど聞かないという。結婚したカップルがことさら口コミ宣伝しないので、いい評判が表に出づらい職業かとも思った。

 

埼玉県さいたま市で生まれ育った仲人カウンセラーが、男女の仲を取り持つ地域密着で事業展開する結婚相談所、株式会社KMAの婚活ブログです。

 

前号・第1回の記事≫≫ 男性40歳までに結婚できないと世間体悪いの?僕の婚活体験記 の続き

 

2回

結婚相談所の仲人カウンセラーさんに婚活体験記を書いてみたら?と言われ、引き受けてしまったが、作文は正直得意でない。でも貴重な体験になるし、それを記録として残すことに意義があると思ったので引き受けた。

 

【石田修(仮名)43歳・大卒・会社員・168cm・67kg・埼玉県草加市在住】

 

埼玉で創業42年の結婚相談所

 

会社の後輩が結婚したという、その相談所へ後輩に連れられて行ったところ、説明を受けてみて、なるほど結婚できるかもしれない、と思った。

 

後輩の地元浦和だけれど、創業してから39年経つという。これと言って悪い「うわさ」などないという。いい評判というのは出にくい職業かも知れない、と思った。そこで結婚した人がことさら宣伝してくれないからだ。

 

創業者もまだ健在とのことだが、主として今は2代目の奥さんがチーフカウンセラーでやっているという。これがまた実にシヤキシヤキ、はっきりしていて小気味いい。

 

「答のわかった答案用紙を渡しますから、安心して入会してください」

 

と言う。彼女が言うには、結婚させてこそ結婚相談所である、入会させるだけではただの交際機関である。

 

結婚も時代が変わりプロの仲人が必要

 

埼玉県さいたま市出身の仲人

 

交際している男女の仲を取り持ち、二人がお互いをどう考えているか、その情報を得て、適度なときに、男性にプロポーズを勧め、お互いの家族に引き合わせるタイミングを指示するなど、形を具体的にしていく。

 

両家にとって「初めての結婚」ということが多いので、親である自分達の時の経験しかない。しかし、今は時代が大きく様変わりしているので「比較」にならない。だから、

 

「いまこそ、私たち仲人が必要なのです」

 

と仲人カウンセラーは胸を張るように言った。

 

「そうかも知れない、きっとそうに違いない、異性に対して少しぼんやりしている俺などには特にこういう人が必要なんだ」

 

と内心思った。そして頼もしいのは、

 

「石田さん、あなたならお見合いはいくらでもできます。うちは全国ネットワークの結婚相談所連盟3団体に加盟しているので、会員数が3団体合わせて男女十数万人ほどいます」

 

「だから、お見合いができないとは言わせません。ですが問題は交際をどううまく結婚にもっていくか、にかかっています」

 

という彼女の言葉だった。

 

入会手続きでプロフィール写真撮影

 

僕は翌週の日曜日、「草加」駅から「南越谷」に出て武蔵野線で「南浦和」京浜東北線で「北浦和」2回乗り換えた。

 

今度は一人で結婚相談所を訪ね、入会手続きをした。「独身証明書」だの「住民票」「最終学歴証明証」「収入証明書(源泉徴収票)」「運転免許証」などを用意した。

 

プロフィール写真は無料で撮影してくれた。これがまた厄介だった。まず正面に正対してから肩を30~40度に角度をつけ、顔を真正面に向ける。そして「笑え」という。

 

タレントであるまいし、とてもできない。「あら、ちょっとひきつったわね」「緊張してます?」「もう少しリラックスしてね」など言われても、できるものではない。

 

プロフィール写真は無料で撮影してくれた。これがまた厄介だった。まず正面に正対してから肩を30~40度に角度をつけ、顔を真正面に向ける。そして「笑え」という。

 

年の差10歳のお見合いは成立しない

 

手続きが比較的早く終わったので、彼女の指示で、その場で何人か女性を選んだ。どうやら僕の希望する結婚相手の傾向を早くキャッチしたいみたいだった。4、5人選んだところで、

 

「ふ~ん、そうなんだ」

 

と仲人カウンセラー。

 

「可愛い人ばっかりね。それはいいんですが、30代前半の女性ばかり選んでますね、妹さん今おいくつ?」

 

40歳かな?」

 

と僕。

 

「選ばれた女性からすると、10歳も離れたあなたはオジサンですよ」

 

「そうかも…」

 

と僕はすぐ反省した。

 

「お相手にも選ぶ権利があるんです」

 

「それもそうだ」と思った。考えてみたら好きなタレントを選ぶわけではないのだ。

 

これほどはっきり他人から言われたことはあまりなかったが、同時に、これだからここでは結婚できるのだろうと思った。

 

「比較的」ふさわしい人を選べばいいのだ。相手女性に見向きもされなければ結婚などできるものではない。

 

僕は目からうろこ、みたいに、選び直した。嫁いでいる妹よりは若くなるが、38歳、39歳と選び、中には41歳もいた。体重はほっそり系を中心にした。10名くらいになった。

 

「ちょうど10名になったわ、本当はもう少し選んでほしいけど、まああなたなら女性からもお申し込みが来るでしょうから、こんなところね」

 

と彼女は言ってから、

 

「ずいぶんスレンダーな人を選ぶのね、しかも可愛い系!」

 

僕はなにか見透かされたようで、久しぶりに顔が赤くなるのがわかった。

 

次の日一人の女性からお見合い「承諾」の返事が来た。

 

次号・第3回の記事≫≫ お見合いは相手にも選ぶ権利がある?僕の婚活体験記・40代男性 につづく

 

関連記事

 

≫≫ページトップへ戻る

 

 

関東婚活支援協会 結婚相談所 KMA本部

アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F
TEL 048-824-4756
営業時間 10:00~18:00
定休日 年中無休

facebookページはこちら
http://bit.ly/2d2iWLZ