50代再婚子供あり同士の成婚退会と中高年の婚活で成功する方法

2023年6月23日

【結婚相談所 成婚ブログ】
あなたは50代でバツイチですか?もし、そうならば、再婚を考えている人も多いのではないでしょうか? でも、50代で再婚するのは難しいと思っていませんか?特に、子供がいる場合は、さまざまな問題が発生する可能性があります。

実は、50代再婚子供あり同士でも幸せになれる方法があります。この記事では、そんな方法をご紹介します。

これらの内容を参考にして、あなたも素敵なパートナーと出会ってください。 あなたの幸せな再婚を心から応援しています。

こんにちは、埼玉県さいたま市浦和の結婚相談所KMAの婚活カウンセラー清水小百里です。

また梅雨空が戻ってきてしまいました。今週末は20件以上のお見合いが入っているので、雨が降らないと良いのですが…。

50代再婚同士の幸せな夫婦

50代再婚子供あり同士の幸せな成婚退会の秘訣

50代で再婚したいと思っている人は多いですが、子供がいる場合はさらに慎重になりますよね。子供との関係や相続問題など、再婚にはさまざまな課題があります。

そこで、今回は『50代再婚子供あり』同士の成婚退会までのストーリーを紹介します。結婚相談所に興味がある50代の男女の方は、ぜひ参考にしてください。

女性からお申込みをした男性が今回のお相手

50代女性会員様は入会してシステムに登録が済むと、すぐに男性からのお申込みが多数入りました。数人の方とお見合いをしましたが、「いまいちピンとこない」という状況でした。

「自分が会いたいと思う方にお申込みをしてみよう」という私からのアドバイスを受けて、お申込みをした方が今回のお相手です。中高年の女性は、

  • 「女性からお申込みをするのは、必死っぽくて恥ずかしい」
  • 「お断りされたら恥ずかしいから」

と言って『恋愛に受け身』の方が多いのですが、そんな事を言っている時代でも場合でもありません!現在は、男女同権の時代に変化しています。昭和から続く、日本の社会の風潮であった『女性は受け身で良い』という考え方を捨てるべきです。

『バブル崩壊』が歴史(近現代)の教科書にも載るくらい、時代は変わっているのです!(ついこの間だと思っているのに…)

話を戻しますが、女性会員様が入会から一カ月後に自らお申込みをしてお見合いをした、お相手50代男性と仮交際が始まりました。

仮交際2カ月で真剣交際に入りました

仮交際に入った後、お二人のスケジュールがバッチリ合ったので、連続してデートができていました。

女性会員様からのデートの報告で「嘘がつけない馬鹿正直な人だから…」というワードが何度も出てきていました。

お互いに前回の離婚の理由や子供の事などがお見合いの席や初デートの時から話題にでていて、『真剣交際』の話題も早い段階から出ていたのです。

しかし、女性会員様は過去に離婚を経験したからこそ、再婚相手を選ぶ時は本気で相手を見極めようと慎重になっていました。そのため、デートのご報告と相談などは、毎回お電話で長話をしていました。

その甲斐あってか、私も早い段階からお相手男性の事情を詳しく知ることができ、成婚に向けた的確なアドバイスができたのではないかと思います。

仮交際2カ月で『真剣交際』に入りました。ここまではスムーズに…。(苦笑)真剣交際に入ると、さらにいろいろな事の確認や深掘りをしていきます。

中高年同士の婚活でネックになる2つのハードルをクリアする

中高年同士の婚活では、若い頃とは違ったさまざまな事情や問題があります。中高年同士の婚活でネックになる2つのハードルをクリアした、今回のカップルの事例を紹介します。

差し出す手に触れる

1つ目のハードル:生活習慣病

中高年のカップルの婚活のネックになる問題の多くが、「生活習慣病」と「子供(家族)」です。血圧や血糖値や尿酸値、あっちが痛いこっちが痛い…と始まります。

中高年になれば、誰にでもある事なのでお互い様なのですが、それがどの程度なのかをきちんと把握しておく必要があります。今回は、お相手男性に「生活習慣病」の症状があったのですが、彼は軽視していました。

そのため、女性会員様と私で(私は先方仲人経由で)『結婚するんだからちゃんと治療して!』と猛攻撃。すぐに治療を開始する事で解決しました。

2つ目のハードル:子供(家族)

女性会員様の成人しているお子さんは、再婚に賛成で、お相手男性と何度か一緒にお食事もしていました。

お相手男性にも成人しているお子さんがいます。ずっと会っていないとの事でしたが、後々問題が起きないようにやっておくことが必要な事もあります。

こういう場合、男性側の子どもや元家族が、なんだかんだと言ってくる事があるので、事前に解決しておく必要があります。

めでたく成婚退会のお手続きへ!

そう言った事を乗り越えて、お見合いから4カ月で、めでたく『成婚退会』への運びとなりました。

50代再婚同士のカップルが成婚退会

今回のお二人は、私や先方仲人さんのサポートもあり、これらの問題を無事に解決することができました。お互いに信頼し合っているからこそ、素直に話し合えたのだと思います。

成婚退会後も連絡を取り合っていて、先日「生活習慣病はほとんど完治した」と報告がありました。規則正しい生活とバランスの取れた食生活にこだわった「内助の項」ですね!

愛の力は素晴らしい!お幸せに~!

バツイチ50代の再婚成功の秘訣: 5つのポイントをチェック!

バツイチ50代の方が再婚を考える際には、いくつかの重要なポイントを確認しておくことが必要です。 年齢や生活の変化に伴い、新たなパートナーとの関係を築くためには「お互い様の精神」で尊重し合える事が必須になってきます。

そこで、50代で再婚するために知っておきたい5つのポイントをご紹介します。 これらのポイントを押さえておけば、あなたも幸せな再婚ができる可能性が高くなりますよ。

並んで会話する50代カップル

1.年齢と生活に対する理解:自分も相手も受け入れる

50代という年齢は、人生の中でも大きな節目です。これまでに積み重ねてきた経験や価値観がありますし、自分の好きなことややりたいこともわかっています。

それは再婚する相手も同じです。相手の年齢や生活スタイルを尊重して、無理に自分に合わせようとしたり、変えようとしたりしないことが大切です。

また、自分も相手も理想的な生活スタイルを求めすぎないことも重要です。現実的に考えて、お互いに譲れる部分や我慢できる部分を見つけましょう。

例えば、あなたは旅行が好きだとしても、相手の仕事が忙しかったり体調が悪かったりする場合は、一緒に行けないこともあります。その時は、一人で行くか友達と行くか他の趣味を楽しむかなど、柔軟に対応していきましょう。

年齢や生活に対する理解は、再婚の成功に欠かせない要素です。お互いに尊重し合って、幸せな関係を築いていきましょう。

2.経験と理由: 過去から学び未来へ向かう

あなたも相手もバツイチです。過去に結婚して離婚した経験があります。その経験と理由は、再婚において大きな影響を与えます。まず、自分の過去の結婚と離婚を振り返ってみましょう。

  • どんなパートナーと結婚したのか?
  • どんな理由で離婚したのか?
  • 自分にはどんな責任があったのか?
  • 今後はどんな関係を築きたいのか?

これらのことをしっかりと自覚することで、自分が再婚に求めるものや必要なものが見えてきます。また、過去の失敗から学んで、次のパートナーとの関係をより良いものにするためのヒントも得られます。

そして相手の過去の結婚と離婚についても知ることが大切です。

  • 相手がどんなパートナーと結婚したのか?
  • どんな理由で離婚したのか?
  • 相手にはどんな責任があったのか?
  • 今後はどんな関係を築きたいのか?

これらのことを知ることで、相手が再婚に求めるものや必要なものがわかります。また、相手の気持ちや考え方を理解することで、コミュニケーションやトラブル解決に役立ちます。

過去から学び未来へ向かうことは、再婚において重要なステップです。お互いにオープンに話し合って、信頼関係を築きましょう。

3.子育てと家族: 新たな家族関係を築く

あなたや相手に子供がいる場合、再婚においては子育てや家族の関係性も考慮しなければなりません。お互いの子供たちの受け入れや、新たな家族を築くための調和が必要です。

まず、子供たちに対しては、新しいパートナーを紹介するタイミングや方法を考えましょう。子供たちが反対したり拒否したりする場合もありますが、焦らずに時間をかけて理解を求めましょう。

また、新しいパートナーと子供たちとの関わり方も大切です。新しいパートナーが子供たちと仲良くなろうとする気持ちは素晴らしいですが、無理に親しくなろうとしたり権限を主張したりすると逆効果です。子供たちに対しては、友好的で尊重する態度を示しつつも、距離感を保つことが大切です。

また、自分の子育てスタイルや価値観と相手の子育てスタイルや価値観が異なる場合もありますが、それぞれを尊重し合って調整しましょう。家族全体が幸せになるためには、お互いの子供を受け入れる姿勢や、新たな家族を築くための努力が必要です。

4.パートナーの価値観: お互いの価値観が一致するか

結婚生活での幸福感を高めるためには、パートナーの価値観が重要なポイントです。お互いの価値観が合致し、将来をともに歩む意欲があるかを確かめることが必要です。

お金や仕事、生活スタイルなど、日々の生活を共有するパートナーとの価値観が一致することは幸せな関係を築く上で最も重要なことです。相手との将来のビジョンをしっかりと話し合いましょう。

例えば、あなたが貯金派で相手が浪費家だったら、お金の使い方で揉めることもあるでしょう。あなたが仕事を大切にしていても、相手が家庭を優先するタイプだったら、理解しあえないことがあるかもしれません。

そうならないためにも、再婚する前にお互いの価値観を確認し合って、合意点や妥協点を見つけましょう。価値観は人それぞれですが、考え方などの共通点が多い方が自然体でいられます。

5.婚活の方法: 自分に合った婚活方法を選ぶ

再婚を考えるならば、婚活の方法も慎重に選ぶことが大切です。結婚相談所や婚活サイトなど、さまざまな手段がありますが、安全性や自身の状況に合った方法を選びましょう。

バツイチに特化した結婚相談所や、中高年を得意とする相談所では、適切なマッチングやアドバイスを提供してくれます。また、婚活サイトでは、自分のペースで相手を探すことができます。

ただし、どんな方法でも注意点があります。結婚相談所では費用や契約内容に気をつけましょう。婚活サイトではプロフィールや写真に偽りがないか確認しましょう。また、出会った相手に対しても信用しすぎずに慎重に判断しましょう。

自分に合った婚活方法を選んで、幸せな再婚を目指しましょう。

まとめ:50代再婚子供あり同士でも幸せになれるコツは?

この記事では、50代再婚子供あり同士の幸せな成婚退会の秘訣や、中高年同士の婚活で気をつけるべきポイント、再婚の成功率を高めるためにチェックすべきポイントをご紹介しました。

50代再婚子供あり同士でも幸せになれるコツは、以下のようにまとめられます。

  • 自分から積極的にアプローチする
  • 仮交際から真剣交際へスムーズに移行する
  • 生活習慣病や子供(家族)の問題に対処する
  • 年齢や生活に対する理解を深める
  • 過去から学び未来へ向かう ・新たな家族関係を築く
  • パートナーの価値観と合致するか確認する
  • 自分に合った婚活方法を選ぶ

これらのコツを押さえておけば、あなたも50代再婚子供あり同士でも幸せになれる可能性が高くなりますよ。 あなたの幸せな再婚を心から応援しています。

このブログ記事を読んで、50代子供ありの中高年の婚活で成功する方法に興味を持ってくれた方は、結婚相談所KMAの婚活無料カウンセリング受付にぜひお申し込みください。

あなたの結婚観や婚活の目的、条件などをお聞きし、最適な婚活プランをご提案します。

この記事を書いた人

清水 小百里:1971年生まれの埼玉県さいたま市(旧大宮市)出身。
結婚相談所 株式会社KMAの取締役を務めるとともに、婚活カウンセラーとして多くの方の結婚をサポートしています。
また、婚活本「結婚したければ選ばれる男になりなさい」の著者でもあります。
私は、結婚相談所の成婚エピソード『成婚ブログ』を通して、結婚に興味がある男女に役立つ情報やヒントをお届けしたいと思っています。

結婚相談 株式会社KMA

埼玉県さいたま市浦和区にある成婚第一主義の結婚相談所です。
1979年(昭和54年)創業の実績と豊富なノウハウで、お見合いから成婚までを婚活カウンセラーが親身にサポートします。
結婚相談所連盟のBIU、NNR、IBJ正規加盟店。
婚活無料相談や婚活セミナー、お見合いパーティーなど、さまざまなサービスを提供しています。

アクセス:JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)と埼大通りを挟んだ向かい側
事業内容:結婚相手紹介サービス・結婚相談所開業支援(会社概要

埼玉の結婚相談所KMAでは、男女別の恋愛・婚活メソッドを 「instagram」で発信しています! 是非チェックしてみてください!

婚活無料カウンセリングのご案内

婚活無料カウンセリングは、あなたの理想のパートナーを見つける方法をご紹介します。ご来店またはオンラインで、結婚・婚活に関する無料相談を受け付けています。

婚活カウンセラーがあなたのご希望や条件に合わせて、最適なプランやサポート方法をご提案します。(要予約)

婚活無料カウンセリングは、完全無料です。費用は一切かかりません。また、マル適マークの結婚相談所 株式会社KMAが行いますので、安心してご相談ください。マル適マークは、結婚相談業界の信頼と実績の証です。

婚活無料カウンセリングは、あなたの幸せな未来の第一歩です。お電話か『無料婚活カウンセリング』(カレンダー予約)ボタンからご予約ください。あなたのご相談をお待ちしております。

無料カウンセリング
お問い合わせ

0120-978-679 年中無休・営業時間 10:00~18:00
ブログ
料金
無料相談
資料請求
ページトップへこのページの先頭へ戻る