バツイチ男性が離婚理由を伝えることで初婚女性との距離を縮める

2023年3月13日

【結婚相談所 成婚ブログ】
こんにちは、埼玉県さいたま市浦和の結婚相談所KMAの婚活カウンセラー清水小百里です。

40代バツイチ男性が40代女性と成婚退会されました。お相手女性は初婚でしたので、離婚理由が気になるのは当然のこと。でも、初対面のお見合では離婚理由を聞くのは気が引けます。

そんな女性の気持ちを考えて、初デートで離婚理由をきちんと伝え不安を取り除いてくれる男性に好感を抱いてくれたようで、仮交際は順調に進んで行きました。

真剣交際に進むには、結婚後の住む場所という厄介な問題を抱えていましたが、お相手仲人さんとの密なコミュニケーションを図ることで解決の糸口を見出すことができました。

今回、成婚退会手続きにカップルでご来社いただけましたので、相談室で撮影した「成婚カップルのツーショット」と「婚活エピソード」をご紹介します。

デートで離婚理由を話す40代バツイチ男性

花粉症と伝えることでお見合い相手も安心

この時期は、花粉症の会員様はお見合いが大変ですね。

現在では、薬の副作用が起こりにくい、花粉症によく効く市販薬がありますので、お見合いやデート中は「なんとか大丈夫です!」という会員様も多くなりましたが、10年くらい前の会員様達は、大変でしたね…。

花粉症薬の副作用の症状から「頭がぼーっとする」「眠気が出る」「口の渇き」などが現れて、お見合いやデートにも影響が出ていた方もいらっしゃいました。

とはいえ花粉の飛散がピークになる時期は、「目の充血や腫れ」「くしゃみ・鼻水・鼻づまり」などの花粉症のつらい症状に悩まされる方も多いと思いますので、コロナ禍で大活躍した空気清浄機にさらに頑張っていただいて、少しでも症状が緩和されるようにしてお過ごしくださいね。

第一印象の見た目が大切なお見合いでは、花粉症であることを事前に伝えておけばお相手も安心されるでしょう。先方仲人さん経由でお相手に伝えることも可能です。

デートで離婚理由を話す40代バツイチ男性

本日は、40代カップルの『成婚退会』のお話しです。

男性会員様と、お相手女性が始めてお会いしたのが、8月末のお見合いでした。1時間くらいのお見合いだったのですが、お互いに好印象だったという事ですぐに仮交際に入りました。

初デートが終わって、男性会員様から『とても楽しくて、時間があっという間に過ぎてしまいました。すごく素敵な女性なのでこのまま進めたら良いと思います』と、デートの報告が入りました。

男性会員様は、子供はいないのですが離婚歴のある「バツイチ男性」でした。お相手の女性は初婚の方です。

初デートで「離婚理由」をきちんとお伝えした事に、お相手女性にはとても好感を持ったと先方の仲人さんからもご報告いただきました。

やはり、離婚の理由は気になるけれど、お相手からは聞き出しづらい話題なので、離婚歴のあるKMAの会員様には、お見合いや初デートなどの早い段階で本人からお伝えするようにとアドバイスしています。

プロフィールに細かく離婚理由を記載している会員様も多いです。

二人が乗り越えなければならない壁とは?

それ以外にも成婚に向けた交際を続けていく上で、幾つかの乗り越えなければならない壁がありました。

まずは二人のお休みが合わないという事でした。男性会員様は、半土、日曜日、祝でしたが、お相手女性会員様は平日。それも不規則でした。

そしてもう一つは、お互いにマンションと戸建て住宅を所有しているという事でした。

男性会員様は、とにかく腰が低くて、優しすぎるくらい優しい男性です。

そのため、こういうデリケートな問題では、自己主張をせずになんでも彼女の言うことに合わせてしまい、中途半端な返答をしてしまうということが考えられました。

後々、交際に支障をきたす場合が出てくると思ったので、早い段階でアドバイスをしておきました。

休みは合わなくてもうまくいっている夫婦はたくさんいるし、お互いを思い合って意識的に夫婦の時間を作るようにしていけば、全く問題ないのですが、厄介な問題は結婚後の住む場所でした。

これは、後々お相手女性と担当仲人さん、男性会員様と私で、情報共有や意見交換を行って相互理解を深めることができたため、結局は丸く収まったので良かったのです。

それでもデートは楽しいと感じていたようで、デート報告をもらう度に彼女をどんどん好きになっていくのが分かりました。

2回目のデート中に立ち寄った「占いコーナー」で、運勢を見てもらった時に手を繋ぐ工程があったようで、それがキッカケで急接近できたそうです。(男性会員さん!要チェック!)

占いで手をつなぐカップル

その後も順調に交際が進んでいくのですが、でも私はまだ本気で喜べなくて…。

仮交際で終わる男性に一抹の不安を覚える

その理由は、男性会員様のお見合い成立の数が多かったからです。お相手の女性は、人当たりが良いのでその雰囲気に安心して親しみを感じるようで、仮交際に進む確率も高い方でした。

そして、真剣交際を意識する時期まで交際が進む事も何度もあったのですが…、いつも決心が付かず仮交際をお断りしてしまうパターンでした。

そのパターンがあったために、一抹の不安を感じていました。そのため、まだまだ油断は禁物でした。

しかし、交際から2カ月半…ついにこの時が!『真剣交際』入ります!

良かった~って、男性会員様とは密に連絡を取り合っていたので分かっていましたが、これは嬉しい。

この時点では、まだ二人が住む場所の件がハッキリしていなかったのですが、お互いに歩み寄る話にもなってきていたので、このご縁を進めても大丈夫だと確信しました。

『真剣交際』に入ってさらにに1カ月半…。さらにに密に『婚活作戦会議』を重ね、ついに、ついにこの時が!!!

『プロポーズ』大成功です。

素敵なお店を予約して、店員さん達にも協力していただき、お相手女性は本当に感動してくれたそうです。

成婚退会手続きにはお相手仲人さんも同行

『成婚退会』のお手続きには、なんと女性会員様の担当仲人さんも一緒にお越しいただいて、4人でお話しが盛り上がりました。

せんえつですが、先方仲人さんの前で「おせっかいオバチャン」の最後のおせっかいという事でこれからの結婚生活をするにあたってのアドバイスをさせていただきました。

美人さんだけど可愛くて、天然なんだけど、サバサバしている感じで、魅力溢れる女性でした。男性会員様は『素の自分で居られる』と。

お二人並んで座っているのを見ていても、男性会員様からラブラブ光線が出っ放し!笑顔を通り越してニヤけていました。(笑)

それを見て「おせっかいオバチャン」もニヤける。

お二人のお写真も女性会員様から肩を組んだサービスショットもいただき、本当に仲の良いカップルだなぁと思いました。これからもずっと仲の良い夫婦でいてくださいね。

おめでとうございました。お幸せに!

寄り添う成婚カップル

初婚女性の肩を抱くバツイチ男性

結婚後の住む場所で揉めるカップルが多い

今回のお二人の間で結婚に至る障壁として最後まで残っていた『住む場所』の問題。

実は最近、住む場所が妥協できずにお別れしてしまうカップルが多くなっています。

これは『共働き』が主流になってきているからで、お互いに住みたい地域の意見が合わない事が原因です。

お互いに通勤し易い場所を選ばないといけません。お互いにというより、女性の希望を優先していただきたいのが本音です。

もちろん、男性も毎日通勤する場合、交通の便が良く会社に近い所が良いし、『家事や育児は分担でやっていくから』というつもりでいると思います。

しかし、なんだかんだと言って女性の方が仕事が多いのです。子供ができたらなおさら。

  • 保育園や幼稚園で何かあったら連絡が来るのは母親です。
  • 会社を早退して病院に連れて行き、看病するのも母親です。
  • 家事と育児の両立が難しいとキャリアを諦めてしまう女性が少なくないのが現実です。

だからと言って男性側の通勤に時間が掛かり、家に帰ってくるのが遅くなれば、家事や育児の分担もできなくなるのも現実です。どこで折り合いをつけるかが大きな問題になって来ます。

そういった問題から、女性が選ぶ男性の条件が変わって来ています。

昔は、高学歴、高身長、高収入といった『三高』が人気でしたが、5年くらい前から、女性の第一希望が『住む地域』に変わってきています。女性も今の生活環境をなるべく変えたくないというのが本音なのです。

コロナ以降、リモートでお仕事できる方も増えてきていますが、結婚後の住む場所の問題については、自分本位で主張するだけでなく、お互いに歩み寄るお話しができないと、難しくなります。

素敵な出会いを逃さないためにも、柔軟な考えが必要ですね。

関連記事
真剣交際のコツは話し合い!結婚後の住む場所で揉めない方法

まとめ

このブログ記事では、40代バツイチ男性と40代初婚女性の成婚エピソードを紹介しています。

お二人は、お見合いで好印象を持ち、初デートで離婚理由を話すことで信頼関係を築きました。

しかし、お休みが合わないことや、お互いに住宅を所有していることなど、結婚に向けての課題もありました。

それらをお相手の仲人さんとの協力で解決し、真剣交際に進み、プロポーズに至りました。

成婚退会の際には、お相手仲人さんも同席し、お二人の幸せそうな姿を見て感動しました。

この記事は、結婚に興味がある男女にとって、婚活のヒントや情報が満載です。特に、離婚歴のある方や、結婚後の住む場所に悩む方には参考になると思います。

この記事を読んで、結婚相談所KMAに興味を持ってくれた方は、ぜひ婚活無料カウンセリングを受けてみてください。

あなたの結婚観や希望条件、婚活の悩みなどをお聞きし、最適な婚活プランをご提案します。

この記事を書いた人

清水 小百里:1971年生まれの埼玉県さいたま市(旧大宮市)出身。
結婚相談所 株式会社KMAの取締役を務めるとともに、婚活カウンセラーとして多くの方の結婚をサポートしています。
また、婚活本「結婚したければ選ばれる男になりなさい」の著者でもあります。
私は、結婚相談所の成婚エピソード『成婚ブログ』を通して、結婚に興味がある男女に役立つ情報やヒントをお届けしたいと思っています。

結婚相談 株式会社KMA

埼玉県さいたま市浦和区にある成婚第一主義の結婚相談所です。
1979年(昭和54年)創業の実績と豊富なノウハウで、お見合いから成婚までを婚活カウンセラーが親身にサポートします。
結婚相談所連盟のBIU、NNR、IBJ正規加盟店。
婚活無料相談や婚活セミナー、お見合いパーティーなど、さまざまなサービスを提供しています。

アクセス:JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)と埼大通りを挟んだ向かい側
事業内容:結婚相手紹介サービス・結婚相談所開業支援(会社概要

埼玉の結婚相談所KMAでは、男女別の恋愛・婚活メソッドを 「instagram」で発信しています! 是非チェックしてみてください!

婚活無料カウンセリングのご案内

婚活無料カウンセリングは、あなたの理想のパートナーを見つける方法をご紹介します。ご来店またはオンラインで、結婚・婚活に関する無料相談を受け付けています。

婚活カウンセラーがあなたのご希望や条件に合わせて、最適なプランやサポート方法をご提案します。(要予約)

婚活無料カウンセリングは、完全無料です。費用は一切かかりません。また、マル適マークの結婚相談所 株式会社KMAが行いますので、安心してご相談ください。マル適マークは、結婚相談業界の信頼と実績の証です。

婚活無料カウンセリングは、あなたの幸せな未来の第一歩です。お電話か『無料婚活カウンセリング』(カレンダー予約)ボタンからご予約ください。あなたのご相談をお待ちしております。

無料カウンセリング
お問い合わせ

0120-978-679 年中無休・営業時間 10:00~18:00
ブログ
料金
無料相談
資料請求
ページトップへこのページの先頭へ戻る