中高年の婚活が難しい理由はどこにある?現実を受け入れる必要性

【婚活お役立ち情報】

ウィズコロナ時代に求められる婚活方法として定着した「オンラインお見合い」。しかし、Zoomが難しいと感じていることから、オンラインお見合いを実施できない中高年男性が多いのも事実です。

 

オンラインお見合い【不可】のために、出会いのチャンスを逃す結果が、婚活は難しいと感じている中高年男性の理由の一つになっています。

 

中高年の婚活を難しくしている、その他の理由「身だしなみ」「会話」「婚活プロフィール写真」についての現状を把握するとともに、結婚相談所における結婚の現実を受け入れて改善する必要性を解説します。

 

年齢層別の「成婚者像」
男性の傾向として年齢を重ねるにつれ、在籍期間は長くなり、お見合い回数も多くなる。女性も、男性同様に年齢を重ねるにつれ在籍期間が長くなる傾向がある。

 

年代別の「成婚のしやすさ」
男女とも年齢を重ねるごとに、相対的に「成婚しにくく」なっているのがわかる。一般的に、女性は年齢と共に成婚しにくくなると言われるが、男性も同様であることがわかる。
男性は40代後半から100%(平均)を割り込み、女性は40代前半から100%(平均)を割り込む。

 

※成婚白書:株式会社IBJ ~ 2020年度版 ~ 成婚者8,624名の分析より

 

埼玉県さいたま市浦和の結婚相談所KMA本部の仲人カウンセラー清水小百里のブログです。

 

目 次
  1. 中高年の婚活でもオンラインお見合い増加中
  2. 感染リスク避けるためにもZoomでお見合い
  3. 中高年婚活を難しくしている現状を改善する
    1. 身だしなみを整える理由
    2. お見合い会話進め方のコツ
    3. プロフィール写真の重要性

 

日差しが強くなってきましたね。

初夏を感じる日も多くなってきました。

 

週末、目の前にある北浦和公園は、レジャーシートを敷いてピクニックしている家族連れや、恋人や友達同士で集まっている人たちで賑わっています。

 

中高年の婚活でもオンラインお見合い増加中

 

Zoomが難しくて苦戦する50代男性

 

首都圏では、リバウンド傾向が続いている『コロナ感染者』の影響で、また最近になって「オンラインお見合い」利用の比率が上昇しています。

 

30代~40代の会員様は男女とも、既に第1波、第2波で「Zoom体験済み」の人が多く、気軽にオンラインお見合いを利用されています。

 

4波と言われ始めたここに来て、中高年女性もオンラインお見合いを希望する割合が多くなっています。

 

「Zoom」の使い方が難しくてめんどくさいし、トラブルが多そうなので使わないという中高年男性は、「オンラインお見合い」の利用において現実的になる必要があります。

 

中高年女性がオンラインお見合いを希望する理由は、

 

  • 私(お相手女性会員様)自身の感染が心配
  • 同居している親が高齢
  • 医療従事者、教育関係のお仕事に携わる
  • 会社から「まん延防止等重点措置の対策をする様に」と言われた

 

などの報告が多いですね。

 

さぁ!大変だ。(笑)

 

IT関連のお仕事をされている人ならZoomなどは難しくないのですが、そうでない中高年男性の人が多いのが現状です。

 

『パソコン操作が苦手なので…』と言われる、Zoomにチャレンジしない中高年男性は、婚活でオンラインお見合いを利用している同年代のライバルに遅れをとってしまいます。

 

KMA本部では、そんな中高年男性には、Zoomインストールの仕方やダウンロード方法から、パソコンやスマホでの設定のやり方を詳しく説明しています。

 

本番前にオンラインお見合いのデモ体験をして、Zoom映り方や背景(部屋が片付いているか、個人を特定できる情報が映り込んでいないかなど)のチェックをしてから、Zoomデビューしてもらいます。

 

1回では不安なので、中高年男性が安心できるまで何度でもお付き合いしています。(苦笑)

 

関連記事

 

感染リスク避けるためにもZoomでお見合い

 

最初ほど未知の感染症の蔓延に『不安や恐怖』を感じなくなった反面、感染者の増加と共に身近な人が「感染者」になった人も多いのではないでしょうか?

 

同僚、同僚のご家族、友達、友達の友達… など。

 

実際に、先々週当女性会員様とお見合いした、お相手男性会員様がお見合い直後に、新型コロナウイルスに感染したことの報告を受けました。

 

このお見合いは『オンラインお見合い』だったので、当女性会員様は「濃厚接触者」にはならずに一安心だったのですが「対面お見合いだったら…」と考えるとやっぱり怖いですよね。

 

身近にそんな出来事もあったので、KMA本部の男性会員の皆様には『オンラインお見合い申し込み』があっても対応できるようになってほしいです。

 

中高年婚活を難しくしている現状を改善する

 

中高年になって、「現在、婚活をしている人」「これから婚活を始めようと思っている人」の、新しいことにチャレンジする意欲はとても大切です。

 

しかし、中高年の中には、「身だしなみ」「お見合い会話」「プロフィール写真」などについて、婚活を難しくしている現状があります。

 

お見合い後の仲人への報告事例を参考にしながら、ご自身の婚活の現実を再確認、再認識して、今後の活動を改善された方が良いと思います。

 

関連記事

 

身だしなみを整える理由

 

「お見合い」はお相手に選んでもらえないと成立しません。

一番は『清潔感』です。

 

髪が薄くなってきた男性

 

まずは男性の髪形。中高年の年齢になると髪が寂しくなっている人が多いですね。

薄毛の人がやりがちな、あの手この手を使って髪の毛の薄い部分を隠そうとする髪形はNG。女性はそれを嫌います。

 

「せめて生えているところは長めに」と思っていた50代男性会員様に「凸があるから凹が目立つの!」と、私の知り合いのヘアサロンを紹介して、薄毛ヘア男性におすすめの、おしゃれ坊主(ベリーショート)な髪形に髪を短く切らせたことがあります。

 

「髪は潔く短くしたらいいのに…」が、中高年に限らず婚活女性から聞く本音です。

 

鼻毛や耳毛、ひげのお手入れも忘れずに。

今はマスクをしてのお見合いですが、最初のご挨拶の時と飲み物を飲む時はマスクを外します。

その時に鼻毛やひげの剃り残しがあったら、一気にイメージダウンです。

 

服装ですが、高価な物でなくて良いので、キチンとアイロンが掛かっているスーツや服を着てください。

今の体形に合っているかも再度チェック!

大きすぎるスーツは貧相に見えるし、小さすぎるサイズは逆に太って見えます。

 

中高年女性の、キツい香水や濃いメイクは男性から不評です。

「匂いが強くて気持ち悪くなった」「化粧が厚すぎて怖かった」と、お見合い後に仲人へ報告する男性が多いです。

 

関連記事

 

お見合い会話進め方のコツ

 

会話が噛み合って初めてコミュニケーションが取れるのです。

お見合いでの話題と会話の割合に注意。

 

お見合い後の仲人報告で、会員様がよく話されるのが「自分の話ばかり」「質問攻め」といったキーワード。

それにも理由はあります。

 

「自分の話ばかり」は、お相手に話を振っても話が広がらなかった。無言の時間が怖かった。など。

 

「質問攻め」は、お相手に興味があるから、いろいろ聞いてしまった。あまり自分の話をしてもいけないと思った。など。

 

しかし、それではコミュニケーションは取れないですよね。

男性に多いのが、自分を知ってもらうために、趣味の話や仕事の話を意気揚々とする人。

 

男性は突き詰める人が多いので、どうしてもマニアックな趣味になりがち。マニアックな趣味を得意げに話されても、お相手女性は疲れるだけです。

 

また、熱心に仕事の話ばかりする人もいるのですが、正直、お相手女性はイライラするだけで、話に全く興味がありません。

 

女性は「広く、浅く」が基本スタンス。自分の話ばかりして、お相手女性にうんざりされないように気をつけましょう。

 

中高年女性に見かけるのが、お見合いの席でいきなり『お金』の話をする人。

給料の手取り額や預貯金の額、ローン返済額などを聞いていくる非常識な女性。

男性は一気に気持ちが冷めてしまいます。

 

お見合いでは、会話の中身もそうですが、「雰囲気(フィーリング)」が合うかどうかを確かめる役割が大きいので、そのような掘り下げた話は交際に入ってからにしましょう。

 

関連記事

 

プロフィール写真の重要性

 

いろいろな意味でとても重要です。

婚活プロフィール写真について一番多く聞く、お見合い後の仲人報告は、『写真と別人』という「半クレーム」。(苦笑)

 

婚活プロフィール写真は、「3カ月以内に撮られた写真で登録が必須」と、されていますが、かなり昔の写真を掲載している結婚相談所長期会員の男性も多く『髪の毛がなかった』とか『写真の倍はありました(体重)』や、女性では『全くの別人で分からなかった』などの報告を聞きます。

 

結婚相談所長期会員の男性が、数年も前の写真を使い続けている人が多い反面、女性はフォトスタジオでバッチリ加工して撮影していることが多いですね。

 

現在は相談所が『婚活プロフィールの写真はとても大切だから』とフォトスタジオでプロに撮ってもらうのを勧めているのも事実ですが…。

 

実際にお会いしてみて、婚活プロフィール写真とのギャップがあり過ぎると、その後の交際への進展にはならないですね。

 

綺麗に(カッコよく)撮ってもらったのなら、50代や60代であっても、常にその状態をキープできるようにする努力も必要です。

 

古い写真を使っている男性は、早急に写真を撮り直すべきです。

ご自身が婚活で損をしますからね。

 

関連記事

 

細かいことを言い出すとキリがないですが、最低限このくらいのことは、中高年の婚活の現実について再確認・再認識することでご自身の改善につなげ、お見合いが成功するように頑張ってほしいですね!

 

婚活パーティー関連記事

 

 

この記事を書いた人

埼玉県さいたま市で生まれ育った仲人カウンセラー清水 小百里です。男のしくじりをおせっかいオバチャンがビシッと指摘!婚活がうまくいかない男性のための本結婚したければ選ばれる男になりなさいを出版。お見合い・交際に役立つ婚活情報をブログに公開しています。

 

結婚相談所 成婚ブログ

 

 

結婚相談所KMA

お相手探しは仲人選びから

 

埼玉県さいたま市の結婚相談所

創業43年の婚活ノウハウで成婚まで親身で着実なサポート

 

営業時間:10001800(年中無休)

お電話フリーアクセス:0120-978-679

メール:info@kma-h.co.jp

 

《結婚・婚活に関する「無料相談」を随時受付しています》(要予約)

 

 

 

 

ご相談方法は「対面相談・オンライン面談」いずれも可能です

 

【ホームページ】

 

【ご案内】

 

≫≫ページトップへ戻る

 

 

関東婚活支援協会 結婚相談 KMA本部
登録商標第6203560号
Kanto Marriage support Association

アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F

Facebookページはこちら
http://bit.ly/2d2iWLZ