婚活2回目デート思いがけない出会いに運命を感じる…婚活体験談

【結婚相談所 体験談あらすじ】

交際中は何かあったら婚活状況の報告をすることになっている。婚活は、1人で悩まずに相談することが良縁に繋がるようだ。

 

婚活2回目デートは、彼の住まいに近い八王子で待ち合わせをした。私が住んでいる川口からは、電車で1時間ぐらいかかったので、八王子に着いたのはお昼近かった。

 

彼とランチデートのお店に向かう途中、思いがけない出会いが待っていた。1979年の創業より、埼玉県さいたま市で“成婚にこだわった”婚活サービスを続けている、株式会社KMA結婚相談所体験談ブログです。

 

前号・第8回の記事≫≫ 結婚したらどうなるの?母一人暮らし心配…婚活体験談30代女性 の続き

 

9

「婚活体験記」なるものを書いてみなさいと担任カウンセラーに言われて、まず「書ける?」と思ったけれど、実名は伏せるという条件だったのと、面白い、と思ったので引き受けました。

 

【黒田沙里さん(仮名)38歳・高卒・会社員・埼玉・川口市在住・158cm55kg

 

良縁に繋がる婚活は1人で悩まず相談すること

 

電話で池田智也さんは、“川口に行きたい”といったのだけれど、私は渋った。その代わり「私、八王子に行ってみたい!」と言っていた。

 

結婚相談所の仲人カウンセラーからは、

 

「何か婚活状況で変化があったり、デートの約束をしたりとかがあったときは、なるべくご報告くださいね」

 

と言われている。

 

結婚相談所はこれで3カ所目だけれども、前の結婚相談所でも「全部お知らせください」と言われた。やぱり「成婚重視」と言われるところは「交際管理」しないとうまくいかないのだろうか。

 

そのまた前の結婚情報サービスの会社は「出会いの機会」の情報提供だけが仕事で、成婚を目指していないから、成婚料の支払いもない。

 

交際になっても口も挟まないし、さっぱりしていたけれど、結婚という目的達成には程遠い気がしていた。だから男性も女性も、結婚相談所に遊び目的で会員登録している人もいたようだ。

 

でも今度の結婚相談所はうるさいと思わない程度に「一緒に成婚を目指しているのよ」という連帯感を感じる。

 

結婚という成功報酬としての「成婚料」を自分が払うわけだけれど、考えてみたら双方の利害が一致していることだと思う。

 

思いがけない出会い…彼に父親を紹介される

 

「お昼を一緒に食べましょう」という“ランチデート”の約束になっていた。川口駅から1時間を少し超えるぐらい乗車していたので、ちょっとした旅気分、駅に電車が到着したのは12時近かった。新宿で中央特快に乗ったから少し早かった。

 

発車メロディーなのか「夕焼小焼け」が聞こえていた。

 

遠くを見つめる女性

 

中央線八王子駅の北口で彼は待っていた。前の晩、地図を見ていたら北口を少し行くと京王八王子駅があった。八王子市は人ロが川口市より1万人ほど多い60万人である。

 

「ごめんね、遠くまで」

 

と彼は言った。私は彼を見て黙って首を振った。自然だった。何か恋人のようである。

 

私たちは北口駅ビル「セレオ八王子北館」の中に足を向けていた。というより私は、彼が歩くのに従っていた。彼の大きな背中を感じた。頼もしく思った。

 

そのとき前から3人連れの年配のグループの男性の一人から声がかかった。女性1名、男性2名である。年格好は皆同じくらいである。

 

「智也…!」

 

「おやじ」

 

と、彼は言っていた。

 

「うちへ来たのか?」

 

彼は相模原に1人住まいである。父親は八王子1人で住んでいる。父親は私を見て、連れの2人に「先に行ってて」と促した。

 

「父さん、ちょうどよかった。紹介するよ」

 

と言ってから私に「いい?」と目で言った。私はうなずいた。

 

「黒田沙里さん」

 

と言ってから、私に、

 

「父です」

 

「初めまして黒田と申します」

 

「はあ池田です、父親です」

 

とすぐ、どういう関係?という目で彼を見た。

 

「いやぁ昼飯を食べようってね」

 

「そうか、俺も彼らと飯を食ってからカラオケに行くところだ、黒田さんか、智也をよろしくお願いします、では!」

 

父親は片手をあげて仲間のほうへ歩いて行った。頭は真っ白だが70歳半ばなのに腰も曲がった様子もなく、元気な歩きっぷりであった。息子より少しやせていたが、背は高かった。

 

私たちは父親の後姿を見ていた。それを察知したのか父親は前を向いたまま右手を高く上げて振って左におれた。

 

私はあっけにとられた感じはあったが、彼の父親にわけもなく郷愁を感じて感動さえ覚えた。

 

「お元気そうですね」

 

クスッとした。

 

「いやぁこんなところで“おやじ”に会うとはねえ」

 

と彼。2人とも父親が消えたほうに目をやったままだった。

 

「仲間とワイワイやってるのがいいみたいですよ」

 

「そうね、ほほえましいわ」

 

私たちは、お昼の定食を食べさせるレストランに入った。

 

(以下次号)

 

次号・第10回の記事≫≫ 結婚の意思が固まる!両家顔合わせ食事会 婚活体験談30代女性 につづく

 

≫≫ページトップへ戻る

 

 

《結婚・婚活に関する「無料相談」を随時受付しています》(要予約)

 

まずは、あなたと仲人カウンセラーとの恋愛感や、結婚感、相性が合うかどうかを確認してみてはいかがでしょうか。

ぜひ、結婚相談所の「無料相談」を体験してみてください。ご来店お待ちしております。

 

【ご相談】はこちら≫ お問い合わせ(WEB来店予約・資料請求)

 

【お電話フリーアクセス】≫ 0120-978-679

 

 

結婚相談所 株式会社KMA

アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F
TEL 048-824-4756
営業時間 10:00~18:00
定休日 年中無休

facebookページはこちら
http://bit.ly/2d2iWLZ