草食系男子・女子の本音行動から見る交際破局ケースと婚活進め方

【婚活お役立ち情報】
結婚相談所で活動を始めても、交際への関心が薄く異性に対して消極的な「草食系タイプ」の方がいらっしゃいます。

 

一般的に、「草食系」とは男性を指すことが多いようですが、東京大学が調査研究した『異性との交際状況・交際への関心の有無の実態』の中では、「草食系女子」も増加している発表しています。

 

今回は、結婚相談所で活動する、「草食系タイプ」の会員様の「婚活進め方」と、草食系男子・女子の本音から見る、お相手との交際破局ケースをご紹介します。

 

埼玉県さいたま市浦和の結婚相談所KMA本部の仲人カウンセラー清水小百里のブログです。

 

仲人カウンセラー プロフィール

 

目 次
  1. 草食系男子ばかりか草食系女子も急増中
  2. 草食系男子・草食系女子の婚活進め方
    1. 草食系のあなたへ
    2. 草食系の相手と交際になったあなたへ
  3. 草食系男子・女子の本音と交際破局パターン

 

1111日の今日は何の日?日本では、『いい出会いの日』『ポッキー&プリッツの日』などが有力ですが、中国では『独身の日』だそうです。

それに合わせて通販サイトでセールを実施すると、「めざましテレビ」で放送されていました。

 

それに関連してなのか、テレビ番組で昨日、今日と連続で『草食系男子』『草食系女子』を取り上げるコーナーもありましたね。

 

草食系男子の本音を聞く

 

草食系男子ばかりか草食系女子も急増中

 

東京大学の研究チームが発表しました。

 

2015年時点のデータですが、30年前と比べると『未婚で交際相手がいない』割合は、

 

  • 30代男性が、3人に1
  • 30代女性が、4人に1

 

だそうです。

 

さらに『草食系女子』も増えているようで、同じく30年前と比べると『未婚女性で男性と交際していない』割合は、

 

  • 30歳から34歳が、3
  • 35歳から39歳が、2

 

30代女性の4人に1人が『独身で交際相手がいない』さらに、その半数が『交際に関心がない』ということだそうです。

 

【草食系とは?】

 

草食系とは、人間のタイプを表す造語。一般的な草食動物としてイメージされている事柄が性格や行動様式に当てはまっていると思われている人々を指して用いられる。対義語は肉食系。

 

出典:ウィキペディア

 

草食系男子・草食系女子の婚活進め方

 

上記のデータは、あくまでも5年前のデータで、それ以降は「婚活マッチングアプリ」の普及や、災害やコロナなどの影響で『結婚』を意識する方が増えてきているのも事実です。

 

しかし『婚活』をしている「草食系」の方には、お見合いや交際に消極的な方が多く、お相手に「見切られる」ケースも少なくありません。

 

草食系のあなたへ

 

「嫌われたくない」「傷つきたくない」と、本音を言えず、交際相手に合わせ過ぎてしまう。

これをやってしまうと、精神的にとてもシンドイですし、本当の自分を見失ってしまいます。

 

成婚退会しているカップルのほとんどが『言いたいことを言い合えた』とか『何が好きとか、今どうしたいとか、きちんとその時の気持ちを言ってくれた』と言っているのです。

 

交際相手に合わせるのが優しさだと勘違いしている方もいます。

「どこでもいいよ」「何でもいいよ」ばかりだと交際相手の負担になっていることに気付いてください。

 

草食系の相手と交際になったあなたへ

 

『草食系』と言われる方達は、自身の考えはちゃんと持っているけど表に出さないという方が多いような気がします。

そのため、何でも合わせてくれるからといって、勝手に決めるのは危険です。

 

交際相手の意見と一致していたらプラスにはたらきますが、全く違う場合、お相手に「相性が合わない」と心の中で自己完結されて交際終了です。

これが『話し合い』なら、最初に出た意見が違う場合も話し合いの中で解決できるのです。

 

『二人で話し合って』『相談しながら』と、交際相手とフェアな関係を求める方が多いので、デートのプランや成婚に向けた「婚活進め方」などは、意見を出し合いましょう。

あなたと一緒にいる時間の居心地が良ければ、草食系の方も積極的になってくれると思います。

 

これは『草食系』に限ったことではないですね。

全ての人間関係に関係していきますね。

 

草食系男子・女子の本音と交際破局パターン

 

交際破局になったカップル

 

結婚相談所に入会しても消極的な方、自分のペースを守る方、と「草食系」の会員様の活動ペースはさまざまです。中には積極的に活動する方もいらっしゃいますが…。

 

交際に入っても『自分時間』を優先してしまう会員様も多いです。

 

毎週末デートするのは疲れるからイヤと「本音を言う」方もいますし、

 

  • 自分の趣味を優先する方
  • 自分の家族や友達を優先する方
  • 自分の仕事を優先する方
  • 自分の毎日のルーティーンを邪魔されたくない方

 

など、「本音は行動に出る」ことがあるようです。

 

そのため、「草食系」の会員様は、交際相手へのLINEの返事も遅くなり、そのうち億劫になり、デートも先延ばし。

その結果、交際破局になってしまうというケースが多いですね。

 

お互いに『自分の時間を大切にする人』同士なら、理解して上手くいくと思います。

 

でも『もっとたくさん会いたい!お話ししたい!』という方は、『婚活脈なし』と判断して「交際お断り」してしまいますよね。

もし、気に入ったお相手が『草食系』だったらゆっくりゆったり構えてお付き合いするようにしたら良いと思います。

 

この記事を書いた人

埼玉県さいたま市で生まれ育った仲人カウンセラー清水 小百里です。男のしくじりをおせっかいオバチャンがビシッと指摘!結婚したければ選ばれる男になりなさいを出版。お見合い・交際に役立つ婚活情報をブログに公開しています。
 
 【最新記事】

 

結婚相談所 成婚ブログ

 

≫≫ページトップへ戻る

 

《結婚・婚活に関する「無料相談」を随時受付しています》(要予約)

 

まずは、あなたと仲人カウンセラーとの恋愛感や、結婚感、相性が合うかどうかを確認してみてはいかがでしょうか。

ぜひ、結婚相談所の「無料相談」を体験してみてください。(オンライン相談可)ご来店お待ちしております。

 

お家で簡単オンライン無料相談

 

【ご相談】はこちら≫ お問い合わせ(WEB来店予約・資料請求)

 

【お電話フリーアクセス】≫ 0120-978-679

 

【会社案内】≫ 会社概要・アクセス

 

 

関東婚活支援協会 結婚相談 KMA本部

登録商標第6203560号

Kanto Marriage support Association

アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分

埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい

住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F

営業時間 10:00~18:00

定休日 年中無休

Facebookページはこちら

http://bit.ly/2d2iWLZ