婚活デート2回目食事で仮交際お断りされた男性の食事マナー失敗談

2020年10月22日

【婚活お役立ち情報】
こんにちは、埼玉県さいたま市浦和の結婚相談所KMAの婚活カウンセラー清水 小百里です。

婚活で成功するためには、見た目や性格だけでなく、食事マナーも重要です。食事マナーが悪いと、相手に不快感や不信感を与えてしまうことがあります。

「仮交際お断り理由」の多くは、食事マナーの基本を守ることができないのが原因です。そんな食事マナーの重要性を、仮交際お断りされた男性の食事マナー失敗談や、人気若手俳優の失敗例から学びましょう。

相手に不快感を与える男性の食事マナー

また、食事マナーを改善する方法も紹介します。食事マナーが身につけば、相手に好印象を与えるだけでなく、自分自身も品格が上がります。この記事では、以下の内容についてお話しします。

仮交際お断りされた男性の食事マナー失敗談

食事マナーは、相手に対する敬意や気遣いの表れです。しかし、食事マナーが悪いと、せっかくのデートも台無しになってしまうことがあります。
今回は、仮交際お断りされた男性の失敗談をご紹介します。彼がどんな食事マナーを犯したのか、そしてどうすれば改善できるのか、見ていきましょう。

1回目のデートで2回目の約束までできて大成功

お見合いでは、かなり会話が盛り上がったようです。男性会員様からは、「すごく素敵な女性だった。これまで会った女性の中で一番良かったかも…」と期待に胸を膨らませる報告がありました。

お相手女性からも、お見合い終了後すぐに「ぜひ、またお会いしたいです!」と交際希望の連絡が入り仮交際が成立しました。その日のうちに連絡先の交換をして、週末に初デートをしました。

二人で美味しいランチを食べて、楽しいお話もでき、2回目のデートも約束ができたと報告があったので『おぉ~これは、いい雰囲気!』などと、私も今後に期待大!仮交際終了の予兆なんて感じなかったのですが…。

婚活2回目のデートはディナーデート

2回目のデートは平日の仕事終わりにディナーデートをしました。しかし、「仕事帰りで疲れていたのかもしれないけど、彼女は少し元気がなかった…」と、デートの報告を受けた次の日、「仮交際終了」の連絡が入りました…(涙)。

お相手の仲人カウンセラーも「この交際はうまくいくぞ!」とノリノリだったことから、「仮交際お断り理由」を女性に詳しく聞いてくれたようです。

彼女のお断りの理由は、お人柄はとても良い男性だったのですが、和食のマナー(特に箸や器の持ち方)が悪く、急に気持ちが冷めたてしまったそうです。

和食マナー箸の持ち方が悪い男性

「そんなのお付き合いしながらだって、結婚してからだって直せるじゃない!」と、お相手のカウンセラーは忠告してくれたそうです。

しかし、彼女は「食事マナーは親しかできないしつけです。彼がどんな家庭で育ったのか疑問に思ってしまって…」と忠告には耳を傾けなかったのです。

彼の箸の持ち方で育ちの良し悪しを判断されたのでしょう。「ワガママで申し訳ありません」と、お相手のカウンセラーは謝罪していました。残念なことですがが仕方ないですね。

食事マナー基本をセミナー受講したのですが…

彼は入会時に婚活セミナーで「食事マナー」について学んだはずです。しかし、その内容を実践できていなかったようです。

実は、「食事マナー」は男性会員様が「お見合い後初デートお断り」される理由の第一位です。半数近くの女性が、「行儀が悪い食べ方」に幻滅します。

一人暮らしの環境なら、なおさらですね。いつも一人で食事をしていれば、食べ方なんて気にしなくなります。 テレビを見ながら、YouTube動画を見ながら、料理を味わうこともせず、さっさとかき込むとゴロゴロタイムが始まるのでしょうね…。

「気づかないうちにドンドン変な癖や食べ方が身についちゃうからね!」と口頭で確認しても『大丈夫です』と言って気にも止めなかったのでしょう! 自業自得です。

もし、彼が「正しい食事マナー」を実践できていれば、この女性と結婚できていたかもしれません。食事マナーは婚活において重要なポイントです。食事マナーが悪いと、相手に失礼だけでなく、自分の魅力も半減してしまいます。

食事マナーを改善する方法

大人も箸の持ち方を矯正

食事マナーは知らないうちに相手に不快感や不信感を与えてしまうことがあります。特に和食ではお箸の使い方や器の扱い方など細かなルールがあります。食事マナーを改善する方法は次の通りです。

  • お箸は正しく持ち、箸置きに置く
  • 食べ物は一口サイズに切ってから口に運ぶ
  • 取り分け用のお箸やスプーンを使う
  • 皿や器は重ねない

これらは基本的なことですが、守れていない人も多いようです。食事マナーは相手への敬意や気遣いの表れですから、日頃から意識してみましょう。

食事マナーが悪いと婚活にも影響!若手俳優の失敗例から学ぶ

婚活では、食事マナーが悪いと、相手に不快感や不信感を与えてしまうことがあります。そんな食事マナーの重要性を、人気若手俳優の失敗例から学びましょう。

食事マナーが悪いと批判された人気若手俳優「R・Y」さん

最近話題になったのは、芸能人がアポなしでお店に行って、食レポをするというバラエティー番組での出来事です。その番組に出演した人気若手俳優「R・Y」さんの食事シーンが、視聴者から大きな批判を受けました。

その理由は、彼の食事マナーが悪すぎたからです。彼は、箸の持ち方が間違っていて、箸を握ったまま食器を持って口につける「持ち箸」をしていました。また、食材をつかめなくて落としたり、口の中に食べ物がある時に喋ったりもしていました。

ネットでは、「箸の持ち方が汚すぎる」「どんなにイケメンでも無理」「箸の持ち方で引かれて振られるタイプ」などの厳しいコメントが多数寄せられました。彼は、まだ20代と若いですが、食事マナーは大人として身につけておくべきものですよね。

食事マナーを身につける方法は?

食事のマナーを学ぶ

では、食事マナーを身につける方法はどうすればいいのでしょうか?ここでは、食事マナーを身につけるための簡単な方法を紹介します。

  • 食事マナーの本や動画を見る
  • 食事マナーの教室や講座に参加する
  • 食事マナーの良い人と一緒に食事をする
  • 食事マナーのチェックリストを作って自己評価する

これらの方法は、どれも手軽にできるものです。食事マナーの本や動画は、インターネットで検索すればたくさん見つかります。食事マナーの教室や講座は、結婚相談所やビジネススクールなどで開催されています。

食事マナーの良い人と一緒に食事をすると、見て学ぶことができます。食事マナーのチェックリストは、自分で作るか、ネットでダウンロードできます。

これらの方法を実践すれば、食事マナーが徐々に身につくはずです。食事マナーは、一朝一夕には身につきませんが、コツコツと続けることが大切です。食事マナーが身につけば、相手に好印象を与えるだけでなく、自分自身も品格が上がります。

まとめ

今回は、食事マナーが悪くて仮交際お断りされた男性の事例と改善策をご紹介しました。彼は、婚活デート2回目の食事マナーが悪くて女性に嫌われてしまいました。

食事マナーは相手に対する敬意や気遣いの表れですから、大切な場面では特に注意したいですね。食事マナーを身につけることで、“食時間”を豊かにできます。

関連記事
この記事を書いた人

清水 小百里:1971年生まれの埼玉県さいたま市(旧大宮市)出身。
結婚相談所 株式会社KMAの取締役を務めるとともに、婚活カウンセラーとして多くの方の結婚をサポートしています。
また、婚活本「結婚したければ選ばれる男になりなさい」の著者でもあります。
私は、おせっかいオバちゃんの『仲人ブログ』を通して、結婚に興味がある男女に役に立つ話やノウハウをお届けしたいと思っています。

結婚相談 株式会社KMA

埼玉県さいたま市浦和区にある成婚第一主義の結婚相談所です。
1979年(昭和54年)創業の実績と豊富なノウハウで、お見合いから成婚までを婚活カウンセラーが親身にサポートします。
結婚相談所連盟のBIU、NNR、IBJ正規加盟店。
婚活無料相談や婚活セミナー、お見合いパーティーなど、さまざまなサービスを提供しています。

アクセス:JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)と埼大通りを挟んだ向かい側
事業内容:結婚相手紹介サービス・結婚相談所開業支援(会社概要

埼玉の結婚相談所KMAでは、男女別の恋愛・婚活メソッドを 「instagram」で発信しています! 是非チェックしてみてください!

婚活無料カウンセリングのご案内

婚活無料カウンセリングは、あなたの理想のパートナーを見つける方法をご紹介します。ご来店またはオンラインで、結婚・婚活に関する無料相談を受け付けています。

婚活カウンセラーがあなたのご希望や条件に合わせて、最適なプランやサポート方法をご提案します。(要予約)

婚活無料カウンセリングは、完全無料です。費用は一切かかりません。また、マル適マークの結婚相談所 株式会社KMAが行いますので、安心してご相談ください。マル適マークは、結婚相談業界の信頼と実績の証です。

婚活無料カウンセリングは、あなたの幸せな未来の第一歩です。お電話か『無料婚活カウンセリング』(カレンダー予約)ボタンからご予約ください。あなたのご相談をお待ちしております。

無料カウンセリング
お問い合わせ

0120-978-679 年中無休・営業時間 10:00~18:00
ブログ
料金
無料相談
資料請求
ページトップへこのページの先頭へ戻る