相手に好印象を与えるテーブルマナーの基本

相手に好印象を与える基本的なテーブルマナー

 

テーブルマナーは相手に与える印象を大きく左右します。婚活では、気になる方と食事をする機会が増えます。相手に好印象を与えるためにも、最低限のテーブルマナーは覚えておく必要があります。

 

基本的なテーブルマナー

 

和食のテーブルマナー

 

箸の使い方

 

箸の使い方は非常に重要です。嫌い箸の種類は多く、そのほとんどを普段から何気なく行っている方も少なくありません。例えば、刺し箸は掴みにくい食べ物に突き刺す使い方です。失敗すると食べ物が皿から飛び出たり、皿自体がガタついて見ている側の印象が悪いです。

 

渡し箸は食事の途中で器の上に箸を置くことです。「ごちそうさま」の意味になるので、箸を置く時は箸置きを使用しましょう。箸先についた食べ物を舐める行為をねぶり箸と言います。間違った箸の使い方でも特に多いマナー違反です。

 

嫌い箸には他にも回し箸・探り箸・くわえ箸・寄せ箸・箸渡し・握り箸などがあります。自分は正しい箸の持ち方か確認し、正しい箸の使い方を覚えましょう。

 

食器の持ち方

 

食器の持ち方で気をつけたいのは、手に持って良い器と持ってはいけない器があることです。小鉢や汁物のお椀、お重、どんぶりなどは手に持ち、刺し身や焼き魚、揚げ物の皿、大皿などは持たないようにしましょう。

 

洋食のテーブルマナー

 

ナイフ・フォークの使い方

 

ナイフ・フォークは外側から順番に使用します。食事の途中でナイフ・フォークを置く場合は、八の字に広げて置きます。食事が終わったらナイフ・フォークを揃え、右斜め下に置きましょう。

 

ナプキンのマナー

 

ナプキンは口元・指先の汚れを拭くため、食事中に衣服を汚さないためといった役割があります。そのため、ナプキンを使用せずハンカチなどを使用すると、か えって失礼になってしまいます。

 

口元・指先は必ずナプキンで吹きましょう。綺麗に畳むと「料理が美味しくない」という意味になるので、食事が終わったら軽 く畳んで置きましょう。

 

正しいと思っていたテーブルマナーが実は間違っていた、というのは良く聞かれます。大切なシーンで間違ったテーブルマナーを披露しないよう、普段からマナーの見直しをすることが大切です。

 

 

婚活の方法に結婚相談所を利用する方が増えています。東京・栃木・群馬など、全国各地で結婚相談所は開業しています。
埼玉県で結婚相談所を利用するなら、是非KMAをご利用ください。豊富な経験を活かして、素敵な出会いをお手伝いいたします。

 
 

《結婚・婚活に関する「無料相談」を随時受付しています》(要予約)

 

まずは、あなたと仲人カウンセラーとの恋愛感や、結婚感、相性が合うかどうかを確認してみてはいかがでしょうか。

ぜひ、結婚相談所の「無料相談」を体験してみてください。ご来店お待ちしております。

 

【ご相談】はこちら≫ お問い合わせ(WEB来店予約・資料請求)

 

【お電話フリーアクセス】≫ 0120-978-679

 

 

関東婚活支援協会 結婚相談所 KMA本部

アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F
TEL 048-824-4756
営業時間 10:00~18:00
定休日 年中無休

Facebookページ≫≫ 株式会社KMA - 結婚相談