真剣交際話すことで結婚ためらう理由の住む場所共働き問題を解決

【結婚相談所 成婚ブログ】

年末年始のイベントで異性との関係を深め、急接近した真剣交際中のカップルが次々と成婚退会しています。そんな中で30代女性会員様が成婚退会のお手続きを行いに来店くださいました。

 

お相手男性の都合がつかず、お二人そろっての成婚者インタビューが実施できませんでしたが、彼女の結婚の決め手となったエピソードを伺うことができましたので紹介します。

 

そんな彼女は、プロポーズ間際になっても結婚をためらう理由がありました。「結婚後の住む場所が決まらない」ことで、二人の間で揉めていたのです。

 

真剣交際で話し合うカップル

 

結婚後は共働きになるのですが、今の仕事を続けるために必要な結婚後の住む場所は、彼女にとってどうしても譲歩できない条件なのです。

 

しかし、真剣交際の話し合いをすることで、彼女の譲れないこだわりや価値観を受け入れてくれた男性の歩み寄りがあり、成婚退会することできました。

 

埼玉県さいたま市浦和の結婚相談所KMA本部の成婚に導くカウンセラー清水小百里のブログです。

 

目 次
  1. 自粛ムードでイベント中止もお見合いは実施
  2. 真剣交際はきちんと話すことで分かり合える
  3. 結婚ためらう理由は?結婚後住む場所揉める

 

テレビでもFacebookでも『コロナ』だらけですね…。

マスクも全然なくて不安を仰いでいます。

( ̄ー ̄)

 

家に少しガーゼがあるから自作するかなぁ。

コーヒーフィルターや、キッチンペーパーでのマスクの作り方などもネットに載っていますよね。

いざとなったら作ろう!

 

自粛ムードでイベント中止もお見合いは実施

 

各地でイベントや会合の中止や延期の報道が入っていますね。

日常生活にも支障が出てきています。

このままだと東京オリンピックが中止…?なんて声も。

 

私が参加している、埼玉中小企業家同友会の例会や会合なども延期や中止になっています。

 

そんな中、結婚相談所のお見合いは?というと…。

 

この3連休は通常通りに行われました。KMAの会員様も、3日間とも10件前後のお見合いが行われました。

 

今後は、加盟している結婚相談所連盟からの指示もあると思いますが、会員様の意思を最優先してお見合い日程調整をしていきたいと思います。

 

手洗い、うがい、マスク着用、3密回避の感染防止対策を徹底。ご飯をいっぱい食べて、暖かいお風呂に入って、いっぱい寝て、「免疫力アップ」!夜中までYouTubeばかり見ていない!(笑)

 

花粉症、インフルエンザも忘れてはいけません!

ウイルスに負けない免疫力の強い身体を作りましょう~!

 

真剣交際はきちんと話すことで分かり合える

 

そんなコロナ禍の中ですが、30代女性会員様が『成婚退会』のお手続きを行いに来店くださいました。昨年の10月初旬にお見合いが成立した30代同士のカップルです。

 

お相手男性の都合がどうしても合わず、毎回恒例のお二人そろっての成婚者インタビューを実施できなかったのですが、女性会員様の単独インタビューになったことで、ゆっくりとお話を聞くことができました。

 

 結婚の決め手エピソードを伺う

 

まず、結婚の決め手になったエピソードは?と聞くと、お相手男性と『真剣交際中にきちんと話すことができたところです』とおっしゃいました。

 

えっ?

 

と思われる方もいるかもしれませんが、せっかく自分の思っていることを話しても、それが相手にきちんと伝わらなければ意味がありません。

 

本当にお相手とわかり合うためには、言葉の意味のズレをすり合わせて話すことが、交際中のカップルにおいて実は一番大切だったりするのです。

 

これは、心遣いや心配りにも関連していますが、誤解が生じないように思いやりの心を働かせる『対話(話し合い)』によって、「相手が今何を求めているのか」が、わかり合えるので、交際がストレスなく進展します。

 

真剣交際中に、お互いがどう考えているかを、きちんと話すことができて、良好なコミュニケーションが取れている婚活カップルほど成婚までが早いのです。

 

もちろん、女性に好印象を抱いてもらうためのレディファーストを心掛けたり、歩くスピードや歩き疲れていないか、お相手の体調を気にかけたりすることも必要ですが、『対話(話し合い)』をすることによって価値観を共有することがとても重要なのです。

 

お相手男性からは、デートで言った一言が「もしかしたら誤解されておかしな受け取られ方をしているかもしれない」と感じた時に「さっきのあの言葉は、〇〇のつもりで言ったので、誤解しないでほしい」などのタイミングのいいフォローの言葉もあったそうです。

 

本当はその場で、言葉の意味が共有できる効果的な話し方であることが望ましいのですが、自分の価値観や解釈で一方的に話してしまったことに気が付いて、その日のうちに誤解を解く必要性を感じて「異性との対話」を実践できることは素晴らしいですね。

 

婚活している会員様の中には、デートの後に「あの言い方はまずかったな?」「キツイ言い方になってしまったかな?」「誤解されたかもしれない」など思うことはあると思います。

 

多くの方が、「誤解されてるな…」「伝わってないな…」と感じてもスルーしてしまい、結果的に『心配りができない人』『心遣いができない人』と、お相手から思われてしまいます。

 

ずっと一緒にいる家族や付き合いの長い友達、恋愛カップルじゃないので、『分かっているだろう』『伝わっているだろう』は、婚活では通用しません!

 

今回のお二人は『真剣交際中に話すこと』がちゃんとできていたのですね。結婚相手となるこれから先も、言葉の意味を共有する思いやりの心を働かせる話し方は一番大切にしてほしいことです。

 

関連記事

 

結婚ためらう理由は?結婚後住む場所揉める

 

真剣交際で話す自分の本音

 

しかし、結婚したら共働きになるのですが、お互いの勤務地が離れているので、結婚後の住む場所で揉めることになりました。その共働き問題は、彼女が結婚をためらう理由になっていたのです。

 

他県で一人暮らしをして、東京都内にお勤めされているお相手男性と、勤務先での異動・転勤がある都合上、どうしても自分の住む場所(埼玉県)に対する条件を譲歩できない女性会員様。

 

そこで私が、結婚後の住む場所共働き問題の解決に向かう提案をしました。

 

「なぜ、私は埼玉県に住まなければならないのか」

 

「現在、自宅から1時間くらいかけて都内に通勤しているなら、埼玉県の私の住まいからでも同じくらいの時間で通勤できる。(始発駅でもあり朝のラッシュでも座れる)」

 

「私の住まいは、政令指定都市なので、道路整備、都市計画、教育などで、地域の実情に合わせた豊かな街づくりがなされている。子育て共働きの家庭でも住みやすい環境だ」

 

といった、埼玉県の政令指定都市に住むメリットをお相手男性に「プレゼン」(笑)するようにアドバイスをしました。

 

その結果、自分の本音を話したプレゼンの内容を受け入れてくれたお相手男性が、埼玉県に住んでくれることになりました!

 

真剣交際の話し合いで問題解決することができて良かったです。

 

『結婚した後も、彼とだったら、その時、その時に落ち着いて将来のことを本音で話し合って進めていけると思います』

 

と、まとめてくれました。

 

本当に良かったです!

 

今回はダーリンにお会いできなかったですが、埼玉県に住まいを構えて落ち着いたら、ぜひご夫婦で遊びに来てくださいね~。

 

おめでとうございます!

 

関連記事

 

 

この記事を書いた人

埼玉県さいたま市で生まれ育った仲人カウンセラー清水 小百里です。男のしくじりをおせっかいオバチャンがビシッと指摘!婚活がうまくいかない男性のための本結婚したければ選ばれる男になりなさいを出版。お見合い・交際に役立つ婚活情報をブログに公開しています。

 

結婚相談所 成婚ブログ

 

 

結婚相談所KMA

お相手探しは仲人選びから

 

埼玉県さいたま市の結婚相談所

創業43年の婚活ノウハウで成婚まで親身で着実なサポート

 

営業時間:10001800(年中無休)

お電話フリーアクセス:0120-978-679

メール:info@kma-h.co.jp

 

《結婚・婚活に関する「無料相談」を随時受付しています》(要予約)

 

 

 

 

ご相談方法は「対面相談・オンライン面談」いずれも可能です

 

【ホームページ】

 

【ご案内】

 

≫≫ページトップへ戻る

 

 

関東婚活支援協会 結婚相談 KMA本部
登録商標第6203560号
Kanto Marriage support Association

アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F

Facebookページはこちら
http://bit.ly/2d2iWLZ