「私、ほんとうに結婚できる?」私の婚活体験記・39歳女性

さいたま市役所をはじめ埼玉県などの官公庁や文化・教育施設が数多い、歴史のある文教地区浦和の結婚相談所、株式会社KMAです。

 

1回

結婚相談所のカウンセラーさんに婚活体験記を書くと、いろいろな意味で自分が分かるし、婚活にホントに役立つわ、と言われ、そうかもしれないと思って引き受けてしまったけれど、どうなることやら。毎日研究の結果とかを分析したりする文章は書いているけど、それと違うかも。

 

【紺野美香(仮名)39歳・大卒・会社員161cm・50kg・さいたま市在住】

 

《以前の結婚相談所で「女が学歴高いとむずかしいわよ」言われたけど》

 

家が武蔵浦和なので、南浦和へ行き、京浜東北線に乗り換えて2つ目「北浦和駅」に降りた。

北浦和は学生の頃、大学同士の研究課題を発表するために埼玉大学へ通ったことがある。

たしか、バスで荒川近くまで行くのだった。

 

KMA本部というおおよそ結婚相談所らしくないネーミングのビルは、その埼大へいくためのバス停のはす向かいだった。

 

埼玉大学行・バス停

 

なんだか懐かしさもあり、風も新緑らしく吹いてさわやかな気分になった。ここまで来てから、10年以上前結婚相談所に説明を聞きに一度だけ来たことを思い出した。そしてその時は「女の学歴が高いとむずかしいわよ」、と言われたことだった。

 

3階にある結婚相談所のブザーを押すと「いらっしやいませどうぞ」という元気な声が聞こえた。あ、ネットに載っている女性カウンセラーだと思った。

 

入会の説明を受けて、いろいろ話しているうち、私は話している内容とは脈絡がないのに、

 

「あのう、私、結婚できるでしょうか?」

 

と聞いていた。彼女は、少し唖然とした面持ちで、

 

「何か結婚できない重大な事情があるのですか?」

 

私は以前の説明を聞きに行った時のことを話した。

 

10年以上前は、個人の仲人さんが数人の仲間と手をつないで情報を共有していた所もあったと思います、もっと大昔は一人の仲人さんが男女二人を結びつけていたようです」

 

私は聞き漏らすまいと黙って聞いていた。

 

「でも、今は昔と違って個人主義と言いますか、タイプや好みも多種多様、一人の仲人さんの情報だけではとても結婚まで行きません。そこで大きな輪をつくり、ネットワーク化したんです。すると、学歴、身長、収入などが低い人も、高い人も、ほとんどお相手がいないということがなくなりました」

 

ふむふむ、希望が持てるかな?

 

「うちなどは特に」

 

とカウンセラーは胸を張った(ように見えた)。

 

《会員の量が質を高める!か》

 

「日本最大級の結婚相談所ネットワーク、IBJ日本結婚相談所連盟)を始め、BIU・NNR・KMAの4つの団体に加盟しています。IBJ(日本結婚相談所連盟)一つを例に挙げてみても、会員59,165名(2017年12月時点)が登録して婚活しています。つまりあなたが入会しても相手がいませんとは言わせません、たとえあなたが東大出ていてもですよ」

 

「私は東京工業大です」

 

「大丈夫!堂々と結婚できます。量が質を高めると言いますか、人数が多いとそれなりにご自分にぴったりの人が現れるものです」

 

私は、頼もしい人がいるもんだ、と思った。「量が質を高める!」か?

 

彼女はアンケート用紙を取り出し、そうとう詳しい私の特性を聞き出しにかかった。彼女に言わせると、

 

「仲人が会員さんのことを知らない、ではお話になりませんから」

 

それもそうだろう。

 

「これはね、特にあとあとあなたが男性と交際に入った時、私にはすごく役に立つんです。男女の交際って、当の本人よりも周りの人、つまり私が一番よく見えるのね、あなたのことが」

 

そうなのか。そうかもしれない。

 

「ですからなんでも、たとえばお母様にも言えないってことだって、私には言ってちょうだいね、そうすればしぜんと結婚へと向かうんです」

 

私はひそかに、ここへ入会することになると思った。

 

次号・第2回の記事→ 仲人を選べって、結婚相談所の仲人が言う?私の婚活体験記・女性

 

 

全国結婚情報サービス協会 結婚相談 KMA本部

TEL 048-824-4756
アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F
営業時間 10:00~18:00
定休日 年中無休

facebookページはこちら
http://bit.ly/2d2iWLZ