お見合い会話の話題は美人な彼女自慢の甥っ子!結婚相談所体験談

お見合い活動の前には、交際確率を高めるために、会員に「お見合いルール&マナー」を学ぶ、婚活セミナーを受講していただきます。埼玉(浦和・大宮)の入会者の登録が多い結婚相談所、株式会社KMAです。

 

前号・第8回の記事≫≫ 婚活マニュアルどおりやれば間違いない!僕の結婚相談所体験談 の続き

 

【黒田竜城(仮名)43歳・工業高卒・会社員/535万円・166cm70kg・志木市在住、両親同居、姉46歳(既婚別居)1名】

 

9

入会した結婚相談所の仲人カウンセラーに婚活体験記を書けと言われたが、作文はどちらかというと苦手である。しかし結婚相談所の入会も初めてだし、これを機会になんでも経験してみようと思い承諾した。どうなるかわからない。

 

《漫画本の方が甥にはわかりやすい!》

 

お見合い相手【田辺美伽(仮名)杉並区在住・42歳・初婚・高卒後専門卒・看護師・165cm59kg・長女】

 

お見合い相手の田辺美伽さんは急に、「新宿歩いてみませんか?」というので、二人は京王プラザの喫茶室を出て、西口の小さなトンネルをくぐって東口に出た。彼女は紀伊国屋書店へ寄りたいという。

 

中一の甥のために「君たちはどう生きるか」という本を買うという。

 

彼女は、書棚に向いがてら、

 

「黒田さんこの辺で待っていていただけますか?」

 

と言ってから、

 

「ごめんなさいね、こんなことに付き合わせてしまって」

 

と言った。僕は「いいんですよ」と応えた。待っている開、その「君たちは‥」をスマホでさっそく調べ始めた。

 

吉野源三郎という人の小説とある。最初は戦前に新潮社から出版され、戦後になって数社を経て、語彙など平易にされて、昭和57年に岩波書店から出されていた。

 

それを平成29年にマガジンハウスから出版されている。しかも瞠目したのは、原本と、それを漫画にした本を同時に出版したとある。

 

物語は、軍国主義の時代に書かれたもののようであるから、窮屈な感じをいだいたが、どうもそうではないみたいだ。資産階級に属する子弟(15歳)の「コペル君」というあだ名の子供を通して、彼の叔父の導きによって「倫理」だけでなく自由な「教養ある主体的な生き方」を説いたものらしい。

 

そんな本を彼女の中一の甥っ子が読むのだ、と思いながら待っていると、彼女は戻ってきた。

 

「ごめんなさい、迷ったのですが、漫画の本にしました」

 

という。僕は「やはり」と思った。

 

「漫画のほうがとっつきやすいし、主旨がわかりやすければいいのですしね」

 

「漫画になっているというのは、それはアイディアですね」

 

「甥が、というより兄がいうには、今年一年で、何百万部も売れた大ベストセラーなんだそうです」

 

「そうなんですか?いっけん地味そうにみえますが、そんなに売れたんですか」

 

「本当におもしろく読んでくれるのでしょうか?だいいち甥は、塾だのなんだのと、ひまな大人顔負けのスケジュールで生活しているんですよ、読むひまがあるかどうか」

 

「頭いいのでしょうね」

 

と話題をふった。

 

勉強ができて頭の良い自慢の甥

 

「甥の自慢をしてもしょうがないのですが、学年でいつも一位、二位を争っているそうです。一家の自慢の子なんです」

 

田辺さんは、はにかむように首をすくめた。そのへんが可愛いと思った。

 

「そうか、自慢の甥っ子さんですね」

 

と合わせた。彼女が「新宿を歩きませんか?」と京王プラザの喫茶店で言ったのだが、なにやら重そうなセカンドバッグを持っているし、彼女の夜勤明けということを考え、「きょうのところは‥」という言葉を、切り出しかねていた。

 

《お見合いの返事はどうなの?》

 

しかし二人は、しぜんに東口の改札を目ざして歩いていた。歩きながら、さしあたっての自分の関心事は、彼女の、お見合いの返事はどうなのか、ということに移った。

 

結婚相談所の仲人カウンセラーによると、相談室間のルールとしては、お見合いの当事者同士が当日、自分たちで仕切ってはいけない、ということのようだ。したがって今日は返事を聞けないのだ。

 

彼女は、新宿駅東口改札に近づくと、混雑した人々にぶつかりながら、

 

「黒田さん、私をどう思います?」

 

突然か。彼女も僕と同じで、お見合いの行方が早く知りたいのだ。なにより当事者同士の二人がそこにいるのだ。

 

「どうって、その質問はお返しします」

 

自分としては上出来の切り返しだ。彼女は少し考えるようにして、

 

「とても、落ち着いておられて紳士で、余計なことおっしゃらないし」

 

いや口が重くて、しゃべれないだけなのだ。

 

「率直で、物事を冷静に受け止められる方だと思います」

 

それだけ言うと、彼女は首をかたむけて「私は?」という顔をした。

 

「あっいゃあ、もう美伽さんのような方がお嫁さんだったら、どんなに素晴らしいことかと、そう思うばかりで、どうもこうも」

 

僕は「美伽さん」と言っていた。

 

「ありがとうございます、今日はなにかプライベートなことに付き合わせてしまってごめんなさい」

 

田辺美伽さんは、そう言って改札を入って人混みに消えた。自分はと言えば、お辞儀をしたが、改札に入らないでいた。

 

僕はきょうの首尾を仲人カウンセラーに連絡をして、彼女と交際したい旨を述べて、改札を入った。

 

次号・第10回の記事≫≫ お見合い感想?僕では太刀打ちできそうにない!結婚相談所体験談 につづく

 

 

全国結婚情報サービス協会 結婚相談 KMA本部

TEL 048-824-4756
アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F
営業時間 10:00~18:00
定休日 年中無休

Facebookページはこちら
http://bit.ly/2d2iWLZ