結婚相談所の安心感は各種証明書類の提出が必須 婚活体験談30代

【婚活体験談 あらすじ】

お見合い帰りに結婚相談所に寄って、お見合いお気に入りの男性を検索して帰宅した。 帰る早々、母がお見合いの結果を知りたがったが、先に後輩からきたLINEに通話でメッセージを返した。

 

なんでも後輩は、身分証明書の提示だけで参加できる、街コン情報サイトの婚活パーティーでマッチングした、自称エリート男性がイケメンでカッコいいということであったが、何だか怪しいと感じたらしい。

 

独身証明書や住民票、収入証明などの各種証明書類を提出した人だけが「お見合い」できる、結婚相談所ならではの安心感を彼女に説明した。

 

1979年の創業より、埼玉県さいたま市で“成婚にこだわった”婚活サービスを続けている、株式会社KMA結婚相談所体験談ブログです。

 

前号・第9回の記事≫≫ お見合いの第一印象を伝えお断りの結論に…婚活体験談30代女性 の続き

 

10

入会した結婚相談所の仲人カウンセラーに婚活体験記を書いてと言われ、文章は不得意というわけではありませんが、「こと自分のことになると書けるかどうか‥」というと「書くことで自分を顧みるチャンスよ」といわれ、承諾しました。どうなることやら。

 

【池田彩乃(仮名)34歳 千葉大学卒 会社員 168cm 65kg さいたま市在住 両親同居 妹1名】

 

婚活パーティーマッチングのイケメン怪しい

 

結婚相談所へ入会して初めてお見合いをした帰り、結婚相談所に寄って仲人にお相手選びのアドバイスをもらいながら、8名ほどのお見合いお気に入りの男性を検索して申し込み帰宅した。

 

帰る早々、母がお見合い結果を知りたがった。「あとで…」ということで、帰宅後に後輩からきたLINEに通話でメッセージを返した。

 

スマホを操作する女性

 

なんでも後輩は、身分証明書の提示だけで参加ができる、街コン情報サイトに掲載されていた婚活パーティーでマッチングしたエリート男性がイケメンでカッコいいということであった。

 

自称、37歳、175cm、早稲田大政経学部卒業、年収900万円、大手商社勤務という男性である。

 

ただ、帰り際に彼に「自分が飲んでいる清涼飲料水がガン予防にすぐれているので、あなたも飲みませんか?なんだったら僕が紹介しますよ」と言われたとか。

 

「ネットワークビジネスって言ったの?」

 

「うううん、そこまでは聞いていない」

 

「じゃあそうではないかもしれないわね。でも、そのおすすめの清涼飲料水がガン予防にどうとかこうとかは、ちょっと乗れないお話しね」

 

「そうなのよ」

 

「たしかに塩素処理した水道水にトリハロメタンが多いと健康を害する可能性があるけど、そんなに極端な言い方するのはどうかねえ」

 

「思い返せばガン予防にきくとか言ったかは、今ちょっとキリがかかってきた」

 

私はつい「またあ」と言って笑った。彼女は育ちがいいせいで、どこか人の話をうのみにして、踊らされる傾向にある。物事を深く考えない。男性に言わせれば、女はそのほうが断然可愛いらしいのだけれど。

 

関連記事

 

結婚相談所の入会を告げ婚活システムを説明

 

話のあと私は、自分もいい歳なので「結婚相談所」なるところに入会したことを告げた。

 

「ええっ!!おねえが!?まさか、まさかでしょ!!」

 

ありったけの声を張り上げたので、わざと大げさにしたのがわかる。

 

私はその中で自分が入会した結婚相談所の会員数や料金プラン、婚活システムなどを教えた。

 

「出会いから成婚するまで、お断りも、橋渡しもぜんぶ結婚相談所の仲人カウンセラーさんがやってくれる」ことをいうと

 

「それはいいわね」と彼女は言った。

 

だけれど「独身証明書」「住民票」「写真付の身分証明書」「最終学歴証明書」「収入証明書(男性のみ)」その他、国家資格などの「資格証明書」を提出することも言ったとき、

 

「それって、ちょっと大らかさがないね」と反論した。「結婚相談所って、がんじがらめ、ね」と彼女は付け足した。

 

私は彼女の、普通の人とは視点が違った別の言い方がおかしくもあり、可愛いと思った。

 

私は自分がいいと思って入会した結婚相談所の擁護をせざるを得ない。それに、両親がそこを利用し結婚をして自分を産んだこともあるし、と思った。

 

「あなたはどちらかというと楽観的で、性善説をとる方だけれど、でも、さっちゃんね」

 

私は彼女のニックネームを言った。

 

「人間はそうとばかりは言えなくてね。考えてみると、人をだます人のほうが多いくらいだわ。だから用心には用心してかからなければね」

 

「おねえ、うちの母みたい」

 

と茶化したが、彼女は続けて、

 

 「ま、いうとおりね、第一お互い見ず知らずの男女が出会いをするんだものね、結婚相手紹介サービス(※)なら、それこそ念には念を入れるでしょうね」

 

(※)結婚相談所は、特定商取引法の規制対象となる「特定継続的役務提供」に指定されている。その中で、「結婚相手紹介サービス=結婚を希望する独身者への異性の紹介」と結婚相談所を別の言い方で指定している。

 

関連記事

 

結婚相手紹介サービス業には、「結婚相談所」「結婚情報サービス」など、店舗において消費者との契約手続きを行い、契約書面を交付してサービスを行う事業者と「婚活アプリ」「婚活サイト」など、消費者がインターネットを通じて利用を申し込みサービスを行う事業者の形態がある。

 

そんな話をして彼女の電話を切って、スマホを見たら、結婚相談所からメールがきていた。

 

「本日お見合いをした岩野さんから、ご縁がありましたら、またお会いしたいと、先方の結婚相談所の仲人さんから連絡がありました。念のためですが、お断りしていいんですね」

 

とあった。私は「はい、お願いいたします」と返事した。

 

(この項、了)

 

≫≫ページトップへ戻る

 
 

《結婚・婚活に関する「無料相談」を随時受付しています》(要予約)

 

まずは、あなたと仲人カウンセラーとの恋愛感や、結婚感、相性が合うかどうかを確認してみてはいかがでしょうか。

ぜひ、結婚相談所の「無料相談」を体験してみてください。ご来店お待ちしております。

 

【ご相談】はこちら≫ お問い合わせ(WEB来店予約・資料請求)

 

【お電話フリーアクセス】≫ 0120-978-679
 

 
関東婚活支援協会 結婚相談所 KMA本部

アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F
TEL 048-824-4756
営業時間 10:00~18:00
定休日 年中無休

facebookページはこちら
http://bit.ly/2d2iWLZ