婚活にトライしましょう!私と一緒にやれるだけ‥婚活体験談30代

【婚活体験談 あらすじ】

パニック障害だけど婚活したい…。そんな私の思いに対し、仲人カウンセラーの「私のアドバイスを鵜呑みにするくらい信じてください」という言葉は、取りも直さず彼女の自信の表れであろうと思った。とても頼りがいのある仲人さんに思えた。

 

「パニック障害の症状」について聞いてもらった後に、私が結婚相談所に入会して婚活を始めた場合、結婚できるかどうかについての率直な意見を述べてくれた。

 

1979年の創業より、埼玉県さいたま市で“成婚にこだわった”婚活サービスを続けている、株式会社KMA結婚相談所体験談ブログです。

 

前号・第1回の記事≫≫ 結婚相談所再入会で病気の告白…私は結婚できますか?婚活体験談 の続き

 

目 次
  1. パニック障害なんですが婚活できますか?
  2. パニック障害でも魅力のある女性ならば…
  3. 仲人の直向きさを感じて再度婚活する決断

 

2

入会した結婚相談所のカウンセラーさんから体験記を書いてくれる?と言われ、そうですか、と引き受けた。何か宿題をやりなさい、と言われた気持ち。確かに自分の行動や考えなどを含めて書くって、誰に見せるわけでもなく、自分のためになる!と思ったので・・・。

 

【今井よう子(仮名)39歳・大卒・会社員・161cm50kg・東京板橋在住】

 

パニック障害なんですが婚活できますか?

 

「パニック障害を持ってますが結婚できますか?」

 

結婚相談所の無料相談に訪問して婚活したい旨を聞いてもらった。そんな私の思いに対して、

 

「あなたの対象条件になる男性はたくさんいます。ただ、パニック障害を持っているのなら、少し選択肢は狭くなるでしょうね」

 

「でも入会なさったら人一倍熱心に婚活に取り組んでね。そして私のアドバイスを鵜呑みにするくらい信じてください」

 

と仲人カウンセラーに言われ、信じていいと思った。その時はよほどの自信家なのか、と彼女の顔を思わずみたが、傲慢そうにも思えないし、いともさりげない顔で言い切っていた。

 

だから、取りも直さず自信の表れであろうと思った。私からみて、とても頼りがいのある仲人カウンセラーだと思う。

 

パニック障害のカウンセリング

 

私は「パニック障害の症状」について少し話した。

 

参考記事

 

若い時から、つい5年位前までは頻繁にパニック発作が出た。突然の動悸や呼吸困難的な窒息感になり、強い不安がともなうことが月に1度くらい繰り返し起きた。一時的に激しい症状が出て、救急病院に搬送されることもあったが、病院に着いた頃にはおさまっていることが多い。

 

そのため、即効性のある頓服薬(※)を服用して発作を和らげる必要があった。(※)症状が悪いとき、または症状が悪くなりそうなときに飲む薬

 

現在は、治療によりどのような場所で、どうすれば発作が出るかがわかるようになり、薬に頼らずに自分で対処する方法を身に付けて、パニック発作の予防ができるようになった。

 

ただし、前回パニック発作が起こった場所や苦手な状況を避けなければならず、行動半径はおのずから狭まってくる。

 

パニック障害でも魅力のある女性ならば…

 

私の「婚活プロフィール」には、パニック障害という病名は、特に書かないという。私とお見合いを希望する男性が所属する相談所(仲人)がたずねてきたら、話す、ということになるそうだ。

 

「それで?入会なさる方向でお考えになりますか。それとも」

 

「入会したいと思います」

 

私は、はっきりと答えた。仲人カウンセラーは私を真正面から見た。

 

「婚活プロフィールの書き方にしてもそうですが、お見合い前には必ずあなたの“パニック障害”のことをお話ししなければなりません」

 

「はい‥」

 

と私。

 

「そうすれば、まず普通の人は“それでは辞退します”となります。誰でも病気でない人を選びますよね。あと、あなたが大卒ということで、高卒、高卒後専門学校卒といった男性からは少なからず敬遠されますから、そこでも対象条件の範囲がしぼられます。もし‥」

 

もし、なの?

 

「選んでくださるとしたら、たぶん、婚活プロフィール写真に写るあなたの容姿は、“男性にとって魅力的な女性”に見えると思いますが、それに賭けるしかありませんね、客観的にみれば、ということです」

 

ふうむ、率直な意見。正直すぎるというべきか、彼女は。でもそのほうがすっきりする。仲人カウンセラーは、私の気持ちをすくうように、

 

「ことわざ知っておられる?“恋をしないより恋をして失ったほうがいい”って西洋の偉人が言っています。それと同じで、婚活をしないより、して、人々の心の深さなり、広さなりを推しはかれたほうがいい、と私は思います」

 

お見合いができればだけれど‥と思ったが、そのほかに結婚相談所に入会して得られる効用はあるのかもしれない、と思い直した。

 

仲人の直向きさを感じて再度婚活する決断

 

「うちは、想像しうる限りの会員さんがおります。加盟する結婚相談所連盟の1つを例に挙げてみても、58,839名の会員(201710月時点)が登録しています。」

 

3つの結婚相談所連盟に加盟していて、各連盟のお見合いシステムを利用できるから人数が多いということらしい。

 

「こちらへ入会して結婚できなければ、ほかへ行っても難しい訳ですね」

 

私は自分に言い聞かせるように言った。

 

「そのとおりです。そして私は」

 

私は!に力がこもっていた。

 

「婚活に不利な条件をお持ちの会員さんほど結婚させてきました。燃えるんです」

 

私はこの相談所に入った時から、彼女のひたむきさにひかれていたような気がする。応接のテーブルの下で、膝の上に置いた指をこぶしにした。それが顔にあらわれたのか、

 

「トライしましょう!私と一緒に…、婚活をやれるだけやっていけばおのずから道はひらけるでしょう」

 

「はい、お願いします」

 

と私は結婚相談所に再度入会することを決断したのだった。

 

次号・第3回の記事≫≫ お見合い申し込み返事がない婚活条件高望み?婚活体験談30代女性 につづく

 

 

 

 

結婚相談所KMA

お相手探しは仲人選びから

 

埼玉県さいたま市の結婚相談所

創業43年の婚活ノウハウで成婚まで親身で着実なサポート

 

営業時間:10001800(年中無休)

お電話フリーアクセス:0120-978-679

メール:info@kma-h.co.jp

 

《結婚・婚活に関する「無料相談」を随時受付しています》(要予約)

 

 

 

 

ご相談方法は「対面相談・オンライン面談」いずれも可能です

 

【ホームページ】

 

【ご案内】

 

【成婚ブログ】

 

≫≫ページトップへ戻る

 

 

関東婚活支援協会 結婚相談 KMA本部
登録商標第6203560号
Kanto Marriage support Association

アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F

Facebookページはこちら
http://bit.ly/2d2iWLZ