結婚相談所再入会で病気の告白…私は結婚できますか?婚活体験談

【婚活体験談 あらすじ】

30歳の時、都内の結婚相談所に入会していたが、結婚できないで1年で退会していた。その時は自分の病気のことを隠して活動していたが、お見合いしても、おどおどしている女性という印象でお断りされていた。

 

今回、結婚相談所の再入会を希望して訪ねた無料相談では最初から病気を告白し、私は結婚できますか?」と仲人カウンセラーに聞いてみた。

 

1979年の創業より、埼玉県さいたま市で“成婚にこだわった”婚活サービスを続けている、株式会社KMA結婚相談所体験談ブログです。

 

目 次
  1. 30歳婚活の時は結婚相談所に病気を隠す
  2. 結婚相談所再入会の前に病気のことを告白
  3. 婚活男性が求める条件から外れているが…

 

1

入会した結婚相談所のカウンセラーさんから体験記を書いてくれる?と言われ、そうですか、と引き受けた。何か宿題をやりなさい、と言われた気持ち。確かに自分の行動や考えなどを含めて書くって、誰に見せるわけでもなく、自分のためになる!と思ったので…。

 

【今井よう子(仮名)39歳・大卒・会社員・161cm50kg・東京板橋在住】

 

30歳婚活の時は結婚相談所に病気を隠す

 

JR板橋駅から埼京線で赤羽に出て、京浜東北線で大宮行に乗ると、17分くらいで「北浦和駅」に着いた。

西口の駅前交差点からケヤキ並木に入ったところに結婚相談所はあった。

エレベーターでビルの3階に行くと、もう相談相談所のドアになっていた。

 

結婚相談所エントランス

 

恐る恐る入口のドアでブザーを鳴らすと、ホームページから無料相談に予約してあったので、すぐ開いて「いらっしゃいませ、お待ちしてました!」と威勢が比較的いい。

 

ホームページで見た顔だ。若い。結婚相談所では比較的年配の人が多いというイメージだけれど、ちょっと違った。部屋に入ると、応接室が二つ、パーティションで仕切られていて、比較的ひろびろしていて、私は気に入った。

 

私は実は30歳のころ、都内にある個人経営の結婚相談所に入会したことがある。そこで3人の男性とお見合いをしたことがある。結果的には結婚できなくて1年くらいで退会している。

 

そのころすでに、自分がパニック発作を繰り返し起こす、『パニック症』の持病があることが分かっていたのだが、結婚相談所にはそのことを隠して入会していた。

 

お見合いした全ての男性が「おどおどしている女性」という印象が理由で、交際に進むことを断わってきた、と仲人カウンセラーが言っていたのを今でも覚えている。

 

結婚相談所再入会の前に病気のことを告白

 

「私、実は持病があるんです!」

 

と今度は最初から病気のことを打ち明けた。結婚相談所でどういう反応を示すか、興味があったし、それよりなにより自分は結婚できるかどうか、の一点を判断したかった。

 

「え‥!どんな?」

 

仲人カウンセラーは驚いたふうはない。私は少し拍子抜けした。

 

「どんな病気ですか?」

 

彼女は、にこっとした。まっすぐ私を見ている。

 

「パニック症なんですが…私は結婚できますか?」

 

仲人カウンセラーは驚かない。彼女は少し黙ってから(言葉を選んでいたのか)、

 

「お相手があることですから、結婚するのは健常者からすれば少し難しいかもしれませんが、私たち仲人からしましたら、みんな難しいのです」

 

と言ってから、

 

「人間と人間、特に男と女ですから、結婚は簡単ではありません」

 

それはそうだ、と私は思った。仲人カウンセラーは話した。一人の仲人(一つの結婚相談所)では一人の会員さんを結婚させるのはたいへんです。会員数(選択肢)が少なすぎる。

 

それで私たち中小の結婚相談所はネットワークを組んで出会いを多く作るようにしています。とうぜん行政(経済産業省)の認可した書類で会員様との契約を必須としている結婚相談所連盟に加盟し、良質の会員を集めています。

 

こちらでは結婚相談所連盟3団体のお見合いシステムをフル活用してもらう方法で、出会いから成婚まで縁結びのお手伝いをしています。と語った。

 

婚活男性が求める条件から外れているが…

 

なんでも結婚相談所連盟3団体の中の一つのお見合いシステムを例に挙げてみても、58,839名の会員(201710月時点)が登録しているとのこと。

 

58,839人の会員?」

 

私をお見合い条件の対象としてくれる男性の人数を考えた。もっとも自分を対象としてくれる男性は一握りかもしれない。

 

「あなたの年齢層の会員さんが一番多いので、お見合い条件の対象になる男性はたくさんいます。ただあなたが大卒という学歴と、パニック症という病気を患っているので、少し選択肢は狭くなるでしょうね」

 

と彼女は正直に言った。

 

私も自分が大卒だからと言って、相手が東大、早稲田、慶応大卒の、特にキャリア組がいいの、六大学出ていなきゃだめだのとは全く考えていない。

 

ただ学歴は関係なく、この病気とはどうやら、最悪一生付き合わなければいけないようなので、理解してくれる人なら誰でもいいと考えている。

 

「いるものですよ、お相手は。うちの婚活プロフィール情報を駆使して結婚できないとは言ってほしくありません」

 

と仲人カウンセラーは確信に満ちて言った。

 

私は彼女の言葉が神のお告げのように聞こえた。私はなにか人ごとのように感動を禁じ得ない。

 

「でも入会なさったら人一倍熱心に婚活に取り組んでね。そして私のアドバイスを鵜呑みにするくらい信じてください」

 

どういうことかわからないが、信じていいと思った。

 

次号・第2回の記事≫≫ 婚活にトライしましょう!私と一緒にやれるだけ‥婚活体験談30代 につづく

 

 

 

 

結婚相談所KMA

お相手探しは仲人選びから

 

埼玉県さいたま市の結婚相談所

創業43年の婚活ノウハウで成婚まで親身で着実なサポート

 

営業時間:10001800(年中無休)

お電話フリーアクセス:0120-978-679

メール:info@kma-h.co.jp

 

《結婚・婚活に関する「無料相談」を随時受付しています》(要予約)

 

 

 

 

ご相談方法は「対面相談・オンライン面談」いずれも可能です

 

【ホームページ】

 

【ご案内】

 

【成婚ブログ】

 

≫≫ページトップへ戻る

 

 

関東婚活支援協会 結婚相談 KMA本部
登録商標第6203560号
Kanto Marriage support Association

アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F

Facebookページはこちら
http://bit.ly/2d2iWLZ