ファーストコールはショートメールの文字会話!婚活体験談30代

【婚活体験談 あらすじ】

仲人カウンセラーから指定されていたファーストコールする連絡時間、夜の8時ちょうどに彼女へ電話をかけたがでなかった。

 

「やはりか‥」とこれまでの女性に対する偏見や先入観が邪魔をして疑念をいだいた。ところがパジャマの胸ポケットに入れたスマホが鳴った。

 

一瞬、電話と思ったがSMS(ショートメール)の受信だった。彼女からだ。

 

1979年の創業より、埼玉県さいたま市で“成婚にこだわった”婚活サービスを続けている、株式会社KMA結婚相談所体験談ブログです。

 

目 次
  1. 電話に出ない彼女からのSMSに安堵する
  2. 電車で帰宅途中の彼女とSMSで文字会話
  3. 彼女からの電話連絡で初デートの約束!

 

前号・第7回の記事≫≫ 交際希望のはずが…お見合いファーストコール出ない?婚活体験談 の続き

 

8

入会した結婚相談所の仲人カウンセラーに、婚活体験記を書けと言われて最初は断わったのだけれど、「この際結婚について考えることは意義があると思うわ」といわれ、そうかもしれないと引き受けたけれど、どうなるかわからない。

 

【吉峰太郎(仮名)35歳・高卒・会社員・長男(未婚の弟あり)168cm56kg・両親健在・さいたま市在住】

 

電話に出ない彼女からのSMSに安堵する

 

彼女から折り返しのショートメール

 

お相手女性【市野彩花(仮名)34歳・高卒後専門学校卒・会社員・長女(一人っ子)154cm51kg・両親健在・さいたま市在住】

 

市川彩花さんと交際となって結婚相談所から夜8時に電話するようにとのことだったので、8時ちょうどに電話した。ところが出ない。「やはりか‥」と、これまでの女性に対する偏見や先入観が邪魔をして疑念をいだいた。

 

ところがパジャマの胸ポケットに入れたスマホが鳴った。一瞬、電話と思ったが、ショートメールだった。市野さんからだ。

 

「ごめんなさい、いま帰りの電車です。あと50分くらいしたら電話できますが、よろしいですか?」

 

と送信してきたので、

 

「かまいません。いつまででも待ちます!」

 

と返信した。ここで間違って「遅いから明日にしてください!」なんて返信したら‥即「この交際なかったことに‥」と断られるだろうなあ、と思い、一人苦笑いした。

 

僕にはときどき逆イメージの言葉遊びをするヘキがあった。現実には表現したことはない。

 

電車で帰宅途中の彼女とSMSで文字会話

 

「いつもは8時には間違いなく家に帰っているのですが、今日は会社が早く終わったので、同僚数人と飲みに行きました。あまり飲めないのですが、浮世の付き合い!ですね」

 

などと、2回に分けてショートメールが来た。「同僚?男性か、女性か?混ざってか?」と僕は頭の中をキリキリと巡らせた。

 

「付き合いって大変ですよね‥?」

 

と返信した。すると、

 

「飲みに行くと、私はもう“おつぼねさん”的な存在ですから、後輩の女性は“おネエ様、おネエ様”って言うんです。

 

1歳年下の子までそう言うの。失礼極まりないでしょ?ほかの課には私より年上がいっぱいいるんですよ」

 

と送ってよこした。しゃべる時はロを多少すぼめるだろうと思った。何て応えていいかわからない。

 

「あなたの可愛らしさは誰よりも僕がわかっている。あなたは僕の妖精だ、天使だ、ビーナスだ、ナイスバディーだ、そんなの言わせておけ、あなたは優しい大人の女だ?いや少女のように清らかだ!」ととっさに頭の中でしゃべっていた。だが、

 

「僕にとっては素晴らしい存在です。今後ともよろしくお願いします」

 

と返信していた。僕は缶ビールを飲みほした。

 

彼女からの電話連絡で初デートの約束!

 

「吉峰さんの純粋さはよくわかります。私にとっても素晴らしい存在です。出会えてよかったと思います」

 

「そんなに言われても、純粋かどうか、僕自身わかりません。あんがいズルイ人間かも?でも嘘はつかないようにしています。一生嘘をつき続けられませんからね」

 

つねづね思っていることを言うしかない。

 

「吉峰さんは私の思っているイメージとそう違わないと思います」

 

「それならいいんですが、単純ですから器用にはふるまえません。変な話ですが、営業成績的に言いますと、それが僕の武器かもしれません」

 

「そうですか」

 

と彼女からの送信。支店で営業売り上げの数字がトップであることを、きのう彼女に言っていた。すると急にスマホの受信音が鳴った。

 

「吉峰さん、ごめんなさいね。いま駅に着きました。お相手いただいてありがとうございます。なんか私おなかが空いていて、母が何か食べるものがあるというものですから食べたいんです。今度の日曜日、大宮でお会いしませんか?」

 

「あっ、いいですよ、では大宮駅コンコースの豆の木で待っています」

 

「はい、おやすみなさい」

 

「おやすみなさい」

 

身体中に力が湧いてきた。

 

次号・第9回の記事≫≫ 結婚相談所で交際成立も最悪の事態を考えてしまう…婚活体験談 につづく

 
 

≫≫ページトップへ戻る

 

 

《結婚・婚活に関する「無料相談」を随時受付しています》(要予約)

 

まずは、あなたと仲人カウンセラーとの恋愛感や、結婚感、相性が合うかどうかを確認してみてはいかがでしょうか。

ぜひ、結婚相談所の「無料相談」を体験してみてください。(オンライン相談可)ご来店お待ちしております。

 

お家で簡単オンライン無料相談

 

【ご相談】はこちら≫ お問い合わせ(WEB来店予約・資料請求)

 

【お電話フリーアクセス】≫ 0120-978-679

 

【会社案内】≫ 会社概要・アクセス

 

 
関東婚活支援協会 結婚相談 KMA本部
登録商標第6203560号
Kanto Marriage support Association

アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F

営業時間 10:00~18:00
定休日 年中無休
Facebookページはこちら
http://bit.ly/2d2iWLZ