国家公務員とお見合い優しいお人柄がうかがえる 婚活体験談30代

【婚活体験談30代 あらすじ】

医療現場での患者の診察や治療をするよりも、生活習慣病の予防で人々の健康を守りたいと、厚生労働省の官僚という職業に就いた、医師の資格を持つ「国家公務員総合職」の男性とお見合いをしている。

 

東大医学部卒で、入省後の出世コースを歩めるキャリア官僚ならではの苦労話の心に沁みる言葉から、彼の優しいお人柄がうかがえる。

 

埼玉県さいたま市で、成婚にこだわる婚活サービスを提供している株式会社KMA結婚相談所体験談ブログです。

 

前号・第6回の記事≫≫ お見合い相手が東大卒キャリア官僚とわかる!婚活体験談30代女性 の続き

 

目 次
  1. 国家公務員総合職ならではの苦労話を聞く
  2. 優しいお人柄がうかがえる言葉に涙をこぼす
  3. お見合い会場を後にして皇居をぶらりと散歩

 

7回

入会した結婚相談所の仲人カウンセラーさんから婚活体験談を書いたら?と言われ、はい、と気楽に引き受けてしまった。引き受けてから、確かに記録を残すことで、自分の考え、行動が、どんなふうに反応するか、まったく未知の体験だけに、書いてみる価値はあると思った。

 

【今田薫(仮名)36歳、大卒、会社員、163cm、60kg、東京・赤羽在住】

 

国家公務員総合職ならではの苦労話を聞く

 

「こっちばかりしゃべってすみません」

 

と、東大医学部卒で国家公務員総合職の田丸さんは、ぺこりと頭を下げた。私は彼が言った、

 

「医療現場で病気の患者を診察し、治療することよりも、むしろ生活習慣病の予防に取り組みたいと思ったのです」

 

という言葉に少し感動していた。私はおもむろに口を開いた。

 

「立ち入って恐縮ですが、厚生省、厚生労働省へ入られていかがですか?」

 

(※注) 厚生労働省は、20011月の中央省庁再編により、厚生省と労働省を統合して誕生。

 

「いかがと申しますと?」

 

「その病気の予防のことですが」

 

「ああ、まあ個人的に思っていたこととはずいぶんと違うんですが、私のこころざしとまったく反するということはないですね」

 

と続けた。

 

「やはり、たとえますと、街の病院とか、薬屋さんにお勤めするのと違って、たいへん大きな歯車で動いていますから、自分の非力さを感じましたね、最初の何年間は」

 

「こと志と違うとか・・」

 

「いやー志も何も、入省の頃は職場で言葉も通じない感じでしたね。要するに歯車の全体が見えないからだと思いますが」

 

「ご苦労なさったんですねえ‥」

 

と私が言って顔を上げると、田丸さんはいくぶん顔を赤らめてこちらの目を見た。

 

「苦労なんて…」

 

と彼は言ってから、

 

「辞めようと思ったこともありました‥」

 

少し神妙である。

 

「誰も口をきいてくれない時期がありましてね」

 

苦労話を聞き涙をこぼす女性

 

私は思わず、

 

「どうしてですか?」

 

と言っていた。

 

「わかりません、ただ私は最初からキャリア組で入省しました。今ごろ分かるのですが、おまえはどうせ俺たちを追い抜いて出世するんだろう、仕事の方法は教えなくてもいいんだろう、という空気があったように思います」

 

優しいお人柄がうかがえる言葉に涙をこぼす

 

「何だかわかるような気もしますが」

 

「今は役職についていますから、新卒で入ってきた男性公務員を親切にするよう見守っています」

 

私は「偉い!」という言葉を飲み込むほどに、図らずも目から涙がこぼれた。自分で「どうした!どうした!」という思いだった。こんなに感激屋だったとは!

 

分析すると、田丸慎吾さんの淡々としたしゃべり口と、その、ものおとなしい人柄に逆に芯の強さを感じたからであった。

 

彼も私の涙を見てか、もらい泣くように目に涙をためた。なにこれって!二人で涙をこぼす場面だろうか。

 

彼は急いで、ズボンのポケットから少し丸まったハンカチを私にくれた。

 

私もはっと気づいて、彼に自分のハンカチを渡していた。後で思うと少女漫画みたいだけれど、そんなことが実際の場面で起こった。

 

「あとで洗眼してください」

 

「洗顔?顔ですか?」

 

「いいえ眼です。僕のハンカチはそれほど不潔ではありませんが」

 

二人は顔を見合わせてお互い本来の声で笑った。

 

お見合い会場を後にして皇居をぶらりと散歩

 

皇居の楠公像

 

しばらくして、

 

「僕は霞ヶ関の本庁から東京駅までほぼ毎日歩くんですが、このあと皇居のほうまで歩きませんか?」

 

と田丸慎吾さんが言ったので、そうすることにした。

 

「少し太り気味なものですから‥」

 

と彼は付け加えた。

 

次号・第8回の記事≫≫ 婚活好条件の男性なのに…なぜ独身なのか?婚活体験談30代女性 につづく

 

 

結婚相談所KMA

お相手探しは仲人選びから

 

埼玉県さいたま市の結婚相談所

創業43年の婚活ノウハウで成婚まで親身で着実なサポート

 

営業時間:10001800(年中無休)

お電話フリーアクセス:0120-978-679

メール:info@kma-h.co.jp

 

《結婚・婚活に関する「無料相談」を随時受付しています》(要予約)

 

 

 

 

ご相談方法は「対面相談・オンライン面談」いずれも可能です

 

【ホームページ】

 

【ご案内】

 

【成婚ブログ】

 

≫≫ページトップへ戻る

 

 

関東婚活支援協会 結婚相談 KMA本部
登録商標第6203560号
Kanto Marriage support Association

アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F

Facebookページはこちら
http://bit.ly/2d2iWLZ