結婚相談所のお見合い!申し込み第一号の人と~私の婚活体験記

【結婚相談所 体験談あらすじ】
アラフォーといわれる年代になり、もう婚活の失敗は許されないという思いで3カ所目の結婚相談所に入会した。

 

過去2度の婚活を思い出し、結婚まで至らなかった理由を徹底的に検証して、お見合いに臨もうと思いました。

 

会員様の良さを誰よりも理解して出会いをお世話できる昔ながらの仲人の良さがある、埼玉県さいたま市浦和の結婚相談所、株式会社KMAのブログです。

 

前号・第1回の記事≫≫ 婚活乗り換え3カ所目だけど大丈夫?私の婚活体験記・38歳女性 の続き

 

第2回
「婚活体験記」なるものを書いてみなさいと担任カウンセラーに言われて、まず「書ける?」と思ったけれど、実名は伏せるという条件だったのと、面白い、と思ったので引き受けました。

 

【黒田沙里さん(仮名)38歳・高卒・会社員・埼玉・川口市在住・158cm・55kg】

 

婚活成功のために以前の失敗理由を考える

 

今度の結婚相談所は3カ所目ですし、加えて38歳の年齢も気持ちを焦らせます。

この際、もう失敗は許されないので、過去2カ所の結婚相談所に入会して、結婚まで至らなかったのはなぜなのか、ということを徹底的に考えました。

 

1つ目は大手結婚情報サービスの会社ですが、これはシステムが自分に合っていなかったということです。いろいろ調べると、そのシステムは、もともとはドイツから輸入?されたもので、男女の出会いを主として目的にしています。

 

だからどの情報会社も、結婚できたら支払うという「成婚料」は取りません。上場されているところや、社会的に信用のおける会社が多いのですが「出会い」だけが目的だと何のために入会するのかわかりません。

 

ちょっと考えると、特に男性なんか、交際だけが目的で遊びたくて入会する人もいるに違いありません。私のことを言えば38歳という年齢を考えても、もう遊ぶ余裕などないのです。

 

もう1カ所は「成婚料」を払うから、言ってみれば私と結婚相談所の利害が一緒になるからいいと思って入会したのです。

 

ところが仲人さんの個性が強すぎて、というより、その方のものの考え方が一方的で、自分の考えを強く押し付けてくるのです。

 

まあ親切といえば親切なのですが、人にはいろいろな物差しがあるというということを、もっと考えてくださっていたらと思う。私自身、偉そうに人のことも言えませんが。

 

母にもそういうところがありますが、それは親子だから意見をぶつけ合っても時間がかかっても、どこかですり合わせることができますが、他人の場合は絶対無理です。

 

縁結びのおみくじ

 

私に申し込んでくれた男性のお見合いを承諾する

 

ところで入会2日目にして、この私を申し込んでくれた第1号の男性と会うべきかどうか。5歳年上はちょっと年が気になります。意味もなく「大台を超えてる」と思った。

 

高卒というのは別に構わないし、年収も500万円弱ですがいいのです。あと身長が168cm、うーん私も背が高くないので、欲をいえばもう少しほしいけど。

 

でも一番気になるのが、現住所が「相模原市」というのがどうかなあ、って感じ。うちは川口市だし、相模原って新宿へ出て小田急に乗り換えて結構行くんじゃないかな。

 

などと考えてしまいます。それで仲人カウンセラーに電話を入れました。すると、

 

「どこへ行っても住めば都ですよ。川ロから遠くてもそこに住むということなら別ですよ」

 

あ、それもそうだと私は即思った。そこで私は「結婚って嫁ぐこと」なのだとあらためて思った。昔からそうなんだよなあ。でも遠い。じゃどうする?

 

「先方様はお見合いの場所は、川口でもどこでも来ますって」

 

と仲人カウンセラー。ああそれなら、と私は会う気になった。

 

結局仲人カウンセラー同士の決め方で池袋の「ホテルメトロポリタン」のフロント前のソフアでということになった。こちらの仲人カウンセラーは同席せず、二人だけで会うことになった。

 

昔は女性側の仲人さんが必ず立ち会って、いわば仲を取り持ってくれていたそうですが、いまはそうしたお見合い然とした形式はやらないとか。私は付き添ってくれてもいいと思うけど。

 

会う日は1週間後の3月13日の日曜日、14時となった。名前が池田智也。43歳。

 

お見合いの当日、家を出ようとしたら、母が

 

「サリ、どこへ行くの?」

 

だって。

 

「どこってきのう言ったじゃない」

 

「そうだけどそんな恰好で行くの?」

 

ジーパンだ。けっこうナイスバディーと言われるんだけど。だめか。それもそうか。そう言えば仲人カウンセラーから「派手すぎずラフ過ぎず」って言われていた。

 

「うちの子はしょうがないわね、スカートにしなさい、スカートに」

 

と言ってから、

 

「お母さんなんかお父さんとお見合いするのに、お着物着たわよ」

 

だって。

 

「ハイハイかしこまりそうろう!」

 

ってわけで、ワンピースにした。花の図柄だけど派手じゃない。コートはいらないあたたかな日でしたが、なんだかスースーする感じだった。

(以下次号)

 

次号・第3回の記事≫≫ 池袋メトロポリタンのお見合いに背水の陣で臨む!私の婚活体験記 につづく

 

≫≫ページトップへ戻る

 

 

《結婚・婚活に関する「無料相談」を随時受付しています》(要予約)

 

まずは、あなたと仲人カウンセラーとの恋愛感や、結婚感、相性が合うかどうかを確認してみてはいかがでしょうか。

ぜひ、結婚相談所の「無料相談」を体験してみてください。ご来店お待ちしております。

 

【ご相談】はこちら≫ お問い合わせ(WEB来店予約・資料請求)

 

【お電話フリーアクセス】≫ 0120-978-679

 

 

結婚相談所 株式会社KMA
アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F
TEL 048-824-4756
営業時間 10:00~18:00
定休日 年中無休

facebookページはこちら
http://bit.ly/2d2iWLZ