迷ったあげくのお見合いの返事は?結局交際へ!婚活体験談30代

【結婚相談所 体験談あらすじ】

唐突で自分本位なお相手男性に対して、交際に進むことを即座に断れないお見合い返事に迷う自分のふがいなさが腹立たしかった。

 

今まで社会に出て恋愛より仕事を優先に選んできたが、いままた婚活を始めたというのは、奥手なのかもしれないけれど、自分が結婚適齢期になったのかもしれない。

 

悩みや迷うことの多い婚活を、経験豊富な仲人が最適なアドバイスを選択して解決し成婚まで導く、1979年の創業より、埼玉県さいたま市で“成婚にこだわった”婚活サポートを続けている、株式会社KMA結婚相談所体験談ブログです。

 

前号・第5回の記事≫≫ お見合い結果は断る・断らない?電話で悩み相談 婚活体験談30代 の続き

 

目 次
  1. 彼の返事は交際希望!お見合い返事迷う…
  2. 仕事一筋で働いてきた恋愛に臆病な女性
  3. お見合い返事迷ったらもう一度会ってみる

 

6

「婚活体験記」なるものを書いてみなさいと担任カウンセラーに言われて、まず「書ける?」と思ったけれど、実名は伏せるという条件だったのと、面白い、と思ったので引き受けました。

 

【黒田沙里さん(仮名)38歳・高卒・会社員・埼玉・川口市在住・158cm55kg

 

彼の返事は交際希望!お見合い返事迷う…

 

あの池田智也はなんてやつだ!お見合いの日にいきなりプロポーズしてくる自分本位な男に対し、私は断ることを迷ってしまう自分の不甲斐なさを棚に上げてプリプリしていた。

 

そうしているうち結婚相談所からメールが入った。

 

「池田智也さんから、“もう一度会いたい”と来ています。交際OKにしますか?沙里さんのお返事は?」

 

仲人カウンセラーからだ。

 

だけどそうなったらそうなったで、返事がしにくい。確かにプロポーズの返事はともかく、自分は特に池田さんとの交際を希望していたわけではない。

 

だけど気持ちのどこかにプロポーズの返事をしなければいけないとか、生まれて初めてのプロポーズなんだから何とかしなければならないとか、そういう気持ちが複雑に絡み合って、かえって素直に答えを出せないでいるのだ。

 

仕事一筋で働いてきた恋愛に臆病な女性

 

私は3年前に亡くなった父が言っていたことを思い出した。

 

「沙里、おまえなあ、まず目の前の問題からすぐ片付けなさい。一つを片付けないうちに次の課題に向き合ってしまうと先へ進まないよ。まず何をしたいかだ」

 

これは高校の卒業前に受験を控えていて、大学、大学ということで目指してきたけれど「?」という気持ちが常にあった。結局迷っていたとき父に言われて、私は大学受験を一切やめて、就職した。

 

大学の4年間を過ごしている間に実生活を送りたい、仕事をして早くお給料をもらいたいと思った。大学はどこかに潜り込めたと思うけれど、社会に出て働きたいという思いを優先した。会社員になってバリバリ働きたいと思った。

 

事実、私は会社に認められるように一生懸命働いてきた。そして今は職場の誰もが「できる人」と思ってくれていると自負している。

 

恋愛二の次仕事一筋で働く女性

 

でもそうして頑張ってきたけれど、会社は私をトータルで幸せにはしてくれない。結婚が自分の幸せをもたらせてくれるかどうかもわからない。

 

でも、普通に社会の営みの出発点に自分も立ってもいいのではないか、子供ができるか、授かるかはともかく、家族を持っていいのではないか。と最近思い始めている。

 

いままでも職場で、微妙な恋愛感情が芽生えることは何度か、何人かはあったけれど、会社の務めを最優先に考えてきたので、結婚は程遠いことであった。

 

言い方を変えると、男性との関係で新しく展開していくことに対して臆病になっていたと言ったほうがいいかもしれない。

 

「沙里ちゃん、ちょっと臆病過ぎてない?」

 

と親友の美香に言われたことは何度もある。その時は会社の仕事が面白かったし、それにかこつけていたのかもしれない。

 

でも、いままた婚活を始めたというのは、奥手なのかもしれないけれど、自分が結婚適齢期になったと思いたい。

 

お見合い返事迷ったらもう一度会ってみる

 

私は相談室にメールで、

 

「ちょっと迷っています」

 

と返事をした。するとすかさず仲人カウンセラーから、

 

「わかりました、それならもう一度会ってみて、そのあと交際に入るかどうかお決めになったら?」

 

ときた。

 

私はすぐに、

 

「そういたします」

 

と返事をした。

 

ほどなくして相談所から、池田智也さんの携帯番号をメールしてきた。仲人カウンセラーから、

 

「今夜8時くらいに、彼がお電話するそうですから待機していてください。あなたが万が一出られなかったら、折り返し必ず電話してあげてね。知らんぷりはなしよ」

 

電話かかってきて出られないのに、その後「知らんぷり」する人っているのかしらと思った。

 

8時ちょうどに彼から電話が入った。

 

(以下次号)

 

次号・第7回の記事≫≫ 交際迷う気持ちにもう一度会って決めるつもりが…婚活体験談30代 につづく

 

≫≫ページトップへ戻る

 

 

《結婚・婚活に関する「無料相談」を随時受付しています》(要予約)

 

まずは、あなたと仲人カウンセラーとの恋愛感や、結婚感、相性が合うかどうかを確認してみてはいかがでしょうか。

ぜひ、結婚相談所の「無料相談」を体験してみてください。ご来店お待ちしております。

 

【ご相談】はこちら≫ お問い合わせ(WEB来店予約・資料請求)

 

【お電話フリーアクセス】≫ 0120-978-679
結婚相談所 株式会社KMA

アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F
TEL 048-824-4756
営業時間 10:00~18:00
定休日 年中無休

facebookページはこちら
http://bit.ly/2d2iWLZ