結婚相談所の婚活は同時進行の交際がありなの?婚活体験談30代

【婚活体験記 あらすじ】

お見合い後、結婚相談所に「交際希望」と連絡を入れたが、彼女の返事は、「お断り」だった。仲人カウンセラーはお断りの理由を、「既に交際中だったみたい」と話していた。

 

結婚相談所では、自分から申し込んだ相手からOKの返事が来たら、必ずお見合いをすることがルール。婚活は、出会いのタイミングが必要なことを学んだ。

 

1979年の創業より、埼玉県さいたま市で“成婚にこだわった”婚活サービスを続けている、株式会社KMA「結婚相談所体験談ブログ」です。

 

前号・第3回の記事≫≫ お見合いで行く場所なの?スカイツリー展望台!婚活体験談30代 の続き

 

目 次
  1. 結婚相談所の婚活は同時進行されてる場合も
  2. お見合い好感触なのにお断り理由わからない
  3. 婚活はライバルが多いのでうかうかできない

 

4

「婚活体験記書かない?」と担任カウンセラーに勧められた。算数よりも国語のほうが得意だったのと、強制的でなく婚活日記のつもりでよいと言われたので書いてみようと思います。

 

【佐藤翔也(仮名)37歳・大卒・会社員・埼玉深谷市在住・173cm68kg

 

結婚相談所の婚活は同時進行されてる場合も

 

翌日、出勤途中の電車の中から結婚相談所に「たいへん素晴らしい方で、こちらとしましたら交際したいと思っています」のような意味でメールしておいた。

 

会社に着くころメールで「勤務中申し訳ありませんが、少しの時間でいいですから折りをみて電話ください」というメールが入った。

 

僕が電話すると担当の仲人カウンセラーが出て、

 

「翔也さん、結局いいご返事じゃなかったのよ」

 

とすごく率直な言い方だった。その語調から言って「そんなことよくあることなのよ、ドンマイ、ドンマイよ」と聞こえるから不思議だ。

 

ごめんなさいをする女性

 

「あちらの仲人の先生は多くを言わなかったけれど、おそらくもう一人とすでに交際していたのかもね」

 

それはありだと思った。なぜって自分が申し込んだ人からOKの返事が来たら必ずお見合いをしなければいけないのがルール。

 

一人の人と交際に入っている時、OKの返事をもらったらお見合いをしなければならないからだ。

 

それに、交際している相手に対して今一つ気分が乗れないという時、もう一人と会ってみたいと思うかもしれない。複数の相手と並行してお見合いや交際することがルールで許されているのだ。

 

結婚相談所の婚活では、同時交際というのもありなのだ。入会時に仲人カウンセラーさんがそう言っていたような気がする。

 

「でもね、それはありですが、仮に3人と交際したとすれば、体は一つですから会う日程がなかなか取れないまま、お相手に不信感を抱かせることで、3人ともうまくいかなくなることがありますから、早い段階でお一人に絞るようにしたらいいですね」

 

お見合い好感触なのにお断り理由わからない

 

仲人カウンセラーからそれを聞いたときは、よその国の話かと思った。ここの結婚相談所は3つの連盟に加盟していて、約3,000支部と情報を共有しているとのことなので、会員数も男女を合わせて十数万人が登録されているらしい。

 

僕の対象になる人はその何分の一かもしれないが、37歳というともっとも多いゾーンらしいから、出会いが一番多いのだと思う。だから早い人は入会した週にお見合いということもあるわけだ。事実僕もそのロだ。

 

大熊美香さんには拘泥しないようにしようと思っても、あの浅草寺見物や東京スカイツリーでの思い出はどうなるのか、という感傷におそわれた。

 

僕は断られたはっきりした理由がわからないまますっきりしない気分だ。

 

仲人カウンセラーによると、特に断ってきた理由を言わないのは、こちら側には問題がないことが多いそうである。おもにあちら側の理由ということだ。

 

しかし、東京スカイツリーヘの入場料を無理にでも彼女を振り切って「俺が払うべきだった」のかとも思った。

 

婚活はライバルが多いのでうかうかできない

 

気持ちを引きずる間もなく仲人カウンセラーから「はい、次!」とでも言うように、

 

「翔也さん次の日曜日空いてますか?」

 

と言って、

 

「あなたに、お見合いのお申込みが入っているの。33歳で、高卒で、身長158cm、体重52kg、現住所川越市、ご両親は健在、妹さんひとり。お見合いシステムで見てみてお綺麗な人よ。14日以内の返答期限がありますから気をつけてね」

 

電話を切ってから、僕は、お見合いシステムをスマホで開いて顔を見た。こんなにかわいい人が俺を待っていたのか、しかも向こうから申し込んできたのだ、という思いでうれしくなった。

 

僕はもう次へと気持ちを切り替えていた。そうだ誰のためでもない、自分のためなのだと思った。

 

それにしても、お嫁さんは一人でいいのだけれど、みんなこういう婚活サービスを利用して猛烈に頑張っているのだ、うかうかできないという思いに駆られた。

 

相手は河合由梨(仮名)さんという。川越のどこで会うのだろう。

 

(以下次号)

 

次号・第5回の記事≫≫ お見合い待ち合わせ女性に声をかける勇気を出す!婚活体験談30代 につづく
 

 

結婚相談所KMA

お相手探しは仲人選びから

 

埼玉県さいたま市の結婚相談所

創業43年の婚活ノウハウで成婚まで親身で着実なサポート

 

営業時間:10001800(年中無休)

お電話フリーアクセス:0120-978-679

メール:info@kma-h.co.jp

 

《結婚・婚活に関する「無料相談」を随時受付しています》(要予約)

 

 

 

 

ご相談方法は「対面相談・オンライン面談」いずれも可能です

 

【ホームページ】

 

【ご案内】

 

【成婚ブログ】

 

≫≫ページトップへ戻る

 

 

関東婚活支援協会 結婚相談 KMA本部
登録商標第6203560号
Kanto Marriage support Association

アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F

Facebookページはこちら
http://bit.ly/2d2iWLZ