希望郷いわて国体にて!神前結婚式の櫻山神社|CSRで社会貢献

JR各線や私鉄線が結節をする東日本の交通の要衝、鉄道の町・大宮がある、さいたま市の結婚相談所 株式会社KMAの代表 清水 泰治です。

 

9月30日(金)さいたま市のJR大宮駅に集合して、東日本大震災後、被災地では初めての国民体育大会「2016希望郷いわて国体」の埼玉県サッカー競技(女子)のコーチとして参加してきました。

 

10月1日(土)の総合開会式(会場:北上総合運動公園北上陸上競技場)では、天皇、皇后両陛下もご出席されて、地元ではテレビ放映もされていました。

 

選手たちは、式典に参加しましたので朝から夕方まで拘束されていましたが、式典は選手団4500人余り・12,000人余りの観客と参加者が多すぎてということででしょうか、スタッフには参加要請がありませんでした。

 

拝殿で神前結婚式を執り行ってくれる神社

 

試合前日の練習もできず時間に余裕がありましたので、盛岡市内をぶらぶら歩いて回りながら、江戸時代の中期の1749年(寛永二年)に盛岡藩八代利視公により、城内に創建された櫻山神社に行ってきました。

 

 

櫻山神社では、ご本殿を見晴らす拝殿で神前結婚式を執り行ってくれます。
神殿拝殿での荘厳な結婚式は、ご参列の皆様の心にも生涯深く刻まれ、感動ひとしおのものがあると、ご好評のようです。

 

結婚は、人生の中でも最も晴れやかな節目です。
拝殿結婚式では、神様のご神縁によって結ばれた二人が、苦楽をともにして明るく楽しい家庭を築き、子孫の繁栄をはかることを神様の前で誓います。

 

私が普段コーチをしている所属チームも毎年シーズン前に、埼玉県さいたま市浦和区のパワースポット「調神社」(つきじんじゃ)で必勝祈願を行います。
私が住んでいる、さいたま市浦和区の地元では、「つきのみやさま」の呼び名で親しまれている神社です。

 

神前での神道による厳粛な式で玉串をお供えし、ご神前にお供えしたご神酒を納め、身を清めていただき、これから始まるシーズンに向けてのパワーをいただいています。

 

そんな神前結婚式ができる、結婚相談所にとっては縁起の良い櫻山神社で「縁むすび守」をいただいてきました。

 

 

拝殿で神前結婚式が行われている神社でいただく御守ならとてもご利益がありそうですね!
結婚相談 KMA本部ご来社いただく、お客様のいつも目に付くところに置かせていただきたいと思います。
以前、KMAの「婚活羅針盤」にも投稿した、縁結びの神様、出雲大社のパワーを授かる!「えんむすび御守」と一緒に神様から御守いただくという感謝の気持ちを忘れず、並べて飾らせていただきます。

 

現在、結婚相談 KMA本部には「ご縁」が結ばれそうな会員さんが9名いらっしゃいます。
御守の持つ御利益が交際中のカップルを結び付ける最後の一押しのパワーになればと思います。

 

試合の方は、埼玉県代表として選手はがんばりましたが、残念ながら1回戦で北海道に負けてしまいました。
サッカー競技しかわかりませんが、ボランティアスタッフの方々の対応、試合会場の設備等も含めて、とてもしっかりした運営がなされていて気持ち良く試合に臨めました。

 

 

結婚相談 KMA本部も「2016希望郷いわて国体」のスタッフの方々の対応に負けないよう、ご来社いただいたお客様から常に喜んでいただける「結婚相談所」でありたいと思います。

また、今後もご縁がありましたら、株式会社KMAのCSR活動の一環として、埼玉県サッカー競技のコーチングスタッフをボランティアでお手伝いできたらと思います。

 

関連記事

 

 

全国結婚情報サービス協会 結婚相談 KMA本部

TEL 048-824-4756
アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F
営業時間 10:00~18:00
定休日 年中無休

facebookページはこちら
http://bit.ly/2d2iWLZ