結婚相談所開業者の声

齋藤寂静本部長(KMA埼玉本部)

img1

私は真言宗の寺に生を受けました。尼僧になったのは、40歳代でした。ブライダル業界(結婚プロデューサー)に籍を置き、頼まれるままご縁組をボランティアで続けておりました。 このご縁組を生涯の仕事と決めたのは、KMA総本部の富樫会長との出会いがあったからでした。
私はそれまで世の中の苦労を人並みに重ね、母子家庭で苦しくつらい日々を経験しました。加盟金をお支払いし、もう失敗は許されない状況を富樫会長は理解してくださり開設後の知識、ノウハウを時間をかけご指導をくださいました。
それが今日の私の誕生でした。
数多い仲人業募集の中、KMAへの加盟を決めたのは、会長の豊かな人間性と、常に時代を見据えた深い洞察力にほかなりません。それに加えて親切な研修、ひと組でも多くの成婚を出そうという情熱でもありました。
今は人様のために尽くせる喜びの中に、人としての喜びがあることを日々感じています。多くの人と出会い、そして結婚への出会いに応援させて頂くこの仕事は、私の人生そのものです。 現在は長男、長女ともども「カウンセラー認定」を取得し、会員様のお手伝いを大切に大切にさせていただいております。
KMA総本部も今は、富樫会長の後を追いかける清水代表取締役社長ご夫婦も、しっかり私たちをサポートしてくれています。
決してむずかしい仕事ではありません。生きてこられた今日までのすべてが、そのアドバイスが人様のお役にたつのです。大切な結婚のお世話、苦労もありますが、会員様の成婚のときの喜びで報われます。
「資本」は人が好きということです。

有限会社 齋藤企画
埼玉県比企郡嵐山町菅谷658-18 電話:0493-62-7858

長島 丞生本部長(KMA関東・東北本部)

img2

私は以前、会社経営をしており、4億5千万円の負債を抱えて倒産しました。
幸い子供たちは育ちあがっていましたが、何もかもなくなって、夫婦二人どうやって食べていこうかと思ったとき「仲人業経営者募集」の広告を見て、説明を聞きに行ったのです。
そして何ヶ所かの組織を比較してみてKMAの富樫会長の考えに共鳴し、ここなら仕事としてやっていけると確信しました。
富樫会長は、入会された会員様を成婚に導くことの厳しさを一生懸命説いていたのを思い出します。「私たちの相談所に入会なさる会員様は、男女の交流について必ずしも全員が器用な人ばかりじゃありませんよ。 その不器用な方をも成婚させて初めて仲人として成り立つのです。」という会長の言葉は今でも忘れません。
私も同感でしたので、すぐに加盟契約をしたものです。 今は宇都宮に家を購入するまでになり、余暇に夫婦ともに趣味に生きがいを感じながら会員様のお世話をしており、幸せを感じております。
仲人業経営者の募集は、ほうぼうでやっていますが、私は約一ヶ月かけていろいろ回ってみたのです。しかし、会員募集・電話対応・面接対応・成婚の考え方、そのどれをとってもKMAがより具体的で優れていると判断しました。
その判断を間違っていたら、今の私はなかったかも知れません。

KMA宇都宮アムールネット
栃木県宇都宮市平出町553-6 電話:028-660-8530

お問い合わせはこちらから

営業時間:10:00〜18:00 定休日:年中無休

営業時間:10:00〜18:00
定休日:年中無休

お問い合わせはこちらへ