親孝行のために結婚相談所に入会!?私の婚活体験記・30代女性

埼玉新聞に、妻は「仲人名人」として紹介された先代仲人の「会員と本音の語り合い」は今も続く、埼玉県さいたま市浦和の結婚相談所 株式会社KMAです。

 

【池田彩乃(仮名)34歳 千葉大学卒 会社員 168cm 65kg さいたま市在住 両親同居 妹1名】

 

4回

入会した結婚相談所の仲人カウンセラーに婚活体験記を書いてと言われ、文章は不得意というわけではありませんが、「こと自分のことになると書けるかどうか‥」というと「書くことで白分を顧みるチャンスよ」といわれ、承諾しました。 どうなることやら。

 

《昔、三者面談なんてあったけど‥》

 

私は両親が結婚したという結婚相談所に、両親と連れ立って来ていた。今の経営者は創業者だった母親も亡くなって、その長男が跡を継いでおり、そのお嫁さんがチーフカウンセラーとして目の前で説明している。私の両親は創業者の「肝っ玉」仲人さんに引き合わされ、結婚した。

 

両親の成婚カップル写真

 

昔、中・高校生の頃、三者面談というのがあったのを思い出した。親子でこうしていると、進路相談などをしに訪問している錯覚を覚えた。

 

入会を決断して、三人で結婚相談所を後にした。帰りは「北浦和公園」の中を通った。少し入ったところに「埼玉県立近代美術館」があって、母の提案で展示してある西洋の絵画の巨匠の絵を見てから帰った。

 

その結婚相談所へ正式に入会するには「身元」を明らかにするための書類が必要であった。まず「独身証明書=役所」「住民票=役所」「最終学歴証明書=卒業証書の写しでよい」「身分証明書=運転免許書のコピー」、男性は「収入証明書=源泉徴収票」、他に国家試験等の免許証(医者、歯医者、弁護士、公認会計士、税理士etc)。これは厳密らしい。

 

独身証明書と住民票は、母が代わりに区役所に行ってくれた。家族がいない人は会社を休むかしなければならないのだろう。入会手続きは母が私の代わりにやってくれた。

 

仲人カウンセラーからは「お相手選びをする前に、あらためてご来社してね」と言われていたが、直近の土日は予定が入っていて、結婚相談所へはなかなか行けなかった。

 

そうこうしているうちに、手続きから7日もしないうちに、男性からの申し込みが6人ほどから入った。仲人カウンセラーにどうしたものか、電話で相談したが、「お会いしたい方がいましたら『承諾』をクリックなさい」

とのことなので、年齢が近くて同じさいたま市の南浦和に住むという男性を選んだ。

 

《ずいぶん婚活の展開が早いと思いますが‥》

 

お相手も会社員だったので、自分の都合の良い土日を三候補日くらい仲人カウンセラーにあげておいた。すると、次の土曜日1時、場所は「浦和ロイヤルパインズホテル」ということであった。私は仲人カウンセラーに「ずいぶん展開が早いと思いますが…」と思わず言っていた。

彼女は「ふふふ」というだけで取り合わない。

 

私はホテルの館内の待ち合わせ場所「日比谷花壇」前で待った。初めてのお見合いでドキドキものだった。1時少し前に仲人カウンセラーから電話が入った。

 

「ごめんね、お相手の岩野さん、電車の都合で10分ほど遅れるって、先方の結婚相談所の仲人さんから連絡があったの。待ってあげて」

 

とのこと。電車は私もー駅だけど北浦和から乗った。これと言って遅れてはいなかったけれど、相手は下り電車だし、一本ちがいで事故もあるかもしれないと思った。けっきょく20分遅れで彼は来た。汗をかいて駆けつけた。

 

170cm、75kgと書いてあったはずだが、ゆうにプラス10キロはあると思われた。まあでも、自分も人のことなど言えない。たしか65kgを60kgと書いてしまったような気もする。「ごめんなさい、岩野です」「池田です」という挨拶は交わした。

 

駅から駆けてきたという岩野さんは、それほど汗ばむ季節ではないのに、したたり落ちるほどであった。しきりと汗を拭いている。

私たちは館内の喫茶できるお店に入ってコーヒーを頼んだ。すると、岩野さんは、

 

「あのう何か食べてもいいですか?」

と言った。私は「どうぞ」といったが、そういう前にもう手をあげてウェイターに合図していた。

 

彼は自己紹介をしているうちに届いたピザサンドをむしゃむしゃ食べ始めた。口を開けながら私を見たときに、目が合った。私は少しほほえんだ。

 

「ごめんなさい、きょうは朝から何も食べていないものですから」

 

口に物が入っているのに、岩野さんはしゃべった。聞いたら、11時に品川で人と会って12時に電車に乗る予定が、30分近くずれ込んだという。大事なお見合いの日に、その前の時間に予定を入れたんだ、と私は思った。ところがよく聞くと(彼が話し始めたのだが)、

 

「ぼく品川でお見合いしてきたんです」

 

なにか大事そうな要件であったかのように言った。私は物事の流れに従ってしまうのんきなところがあるので「そうなんだ」と一瞬思ったが、私たちも「お見合い」であるはずだ、と思い直した。私は岩野さんをにらみつけた。

 

次号・第5回の記事→ 結婚相談所の入会後、初めて成立したお見合い!私の婚活体験記

 

前号・第3回の記事→ 今度は、この子をこの結婚相談所で結婚させたい…私の婚活体験記

 

 

全国結婚情報サービス協会 結婚相談 KMA本部

TEL 048-824-4756
アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F
営業時間 10:00~18:00
定休日 年中無休

facebookページはこちら
http://bit.ly/2d2iWLZ