仲人婚活のすすめ!仲人を介して婚活をサポートする結婚相談所

真剣に結婚を考えている独身男女が婚活する、埼玉県さいたま市の結婚相談所 株式会社KMAです。

 

「婚活」という言葉は最近ではトレンディーな言葉というより、すでに日本文化にとけこんでいると言って過言ではありません。学生がよりよい就職をするための「就活」に似せて生まれた言葉です。

 

この提案者の一人である中央大学の山田昌弘教授が「AERA」(2007年11月5日号)の中で、少子化ジャーナリストの白河桃子氏と意見交換するなかで生まれたことは知られています。

 

最初は言葉の順番から言って「結活」としがちなのを、言いにくいから「婚活」におさまったとのことです。もとより「結婚するための活動」であるわけです。

 

それこそよりよい結婚を目指して、婚活パーティーやお見合い、自分磨き(カラーコーディネート・メイク・話し方etc)など、積極的に行動することです。

 

「婚活関連サービスは何処も同じ?」

 

ただ、同じ「婚活」でも一般的な独身者からみて、婚活関連サービスは何処も同じと思っておられることは問題です。
とくに利用の仕方を間違ってしまうと、大切な時間を無駄に費やしてしまうことになりかねません。

 

 

最終目的が結婚だとしても「出会いをサポート」するだけの機関と、私どもKMA本部のように本格的「仲人婚活」とに分かれます。

 

前者は、大手といわれる「結婚紹介サービス」のように月何名というように限定された情報(異性)の提供だけが目的のところと考えてよろしいかと思います。
月会費を徴収しますから契約期間までいてくれて、期間が切れたら更新料を支払う会員さんが重宝になります。

 

後者の私どもでは結婚が決まったら「成婚料」(成功報酬)をいただく方式ですと、明確に「結婚」を目指しますから、会員さんとは完全に「利害がー致」しているのです。

 

前者に比べ、確かに成婚料という一見余分に支払う金額はありますが、私どもで婚活をしている方は、皆さまこの成婚料という成功報酬のシステムに異論を唱えるどころか、納得して入会しておられます。

 

「仲人婚活とアプリ婚活」

 

また、最近ではインターネットアプリを利用した「面倒な書類提出なし」で入会できるものが宣伝されているようです。
門戸を広げて会員を集めて婚活パーティーなどに勧誘し、いずれ正会員にするという目論見と思われます。

 

 

しかし「ゆるい」入会基準のところは、出会い系パーティーを含め、facebookや免許証などで出会えるのは危険というほかありません。
性悪説をいうわけではありませんが、どうしても結婚以外の興味本位の人が紛れ込む可能性が高いのです。

 

たとえば考えられることは、

 

  • 「結婚していても他の異性がほしいから」
  • 「恋人がいるけど飽き足りないから」
  • 「収入証明書を出さないからだまして付き合える」
  • 「物品販売に利用したいから」

 

枚挙にいとまはありませんが、このような人たちはまず「言葉巧み」です。交際するうち情が移って抜き差しならない方向にいかないとも限りません。

男性も女性も真剣に結婚を考えるなら本格的「仲人婚活」に入会しなければ、本当に時間の無駄をしてしまいます。

 

こちらの関連記事もいかがでしょか

 

KMAは、あなたの婚活の進むべき方向を羅針盤のように正しく目的地(成婚)へ導きます!

 

まずは「無料相談」、お待ちしております。


Webサイトからご予約できます→
 無料相談ご来店・予約サイト(いつあき・ITSUAKI)

 

 

全国結婚情報サービス協会 結婚相談 KMA本部

TEL 048-824-4756
アクセス JR京浜東北線 北浦和駅西口徒歩3分
埼玉県営北浦和公園(埼玉県立近代美術館)向かい
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-31-6 ATビル3F
営業時間 10:00~18:00
定休日 年中無休

facebookページはこちら
http://bit.ly/2d2iWLZ