お見合いパーティーでの出会い!大卒のカミさんをもらって。

私は高校を卒業以来、いまの会社でつねに機械畑で、職場に女性が皆無でした。

くる日もくる日も機械とのにらめっこで、恋愛などとはまさに無縁でした。

 

30歳になったころから、両親や妹から「お兄ちゃんお嫁さんはどうしたの…?」というプレッシヤーがかかっていました。

でも、とても自分でどうするという次元でもなく、ただただ月日はむなしく流れていくばかりでした。

 

ある時、自宅のポストに入っていたフリーペーパーの広告で「結婚相談」という文字が飛び込んできました。

私はだれにも気づかれないようにポケットにねじ込み、入会の手続きに行きました。

もう入会金が何万円かかろうが入会するつもりでした。

 

今思うと担当の仲人カウンセラーから「肩の力を抜きなさい」と言われた記憶があります。

 

その月の『KMAふれあいの夕べ=身元確実な方だけのお見合いパーティー』に出させてもらいました。

そこで2歳年上の女子栄養大学卒の今の家内と出会ったのです。学校の栄養士です。

 

家内も私が高卒ということでためらっていたようですが、どういうわけか私を選んでくれました。

私は天にも昇る気持ちでした。とうぜん妹も両親も「よかったね」と祝ってくれました。

 

大卒のカミさん

 

私はなんといってもKMAのポリシーのすばらしさを信じます。皆さんもだまされたと思って入会してみてください。

あとでよくわかりますから。

 

埼玉県さいたま市 T・Yさん